愛の不時着


愛の不時着 Crash Landing on You 全16話 (2019-2020年 韓国 tvN)

■演出:イ・ジョンヒョ
■脚本:パク・ジウン
■キャスト:
ヒョンビン(リ・ジョンヒョク)
ソ・イェジン(ユン・セリ)
ソ・ジヘ(ソ・ダン)
キム・ジョンヒョン(ク・スンジュン)
オ・マンソク(チョ・チョルガン)

 

韓国最高財閥クイーンズグループの末娘であり、自ら築いたファッションビューティー事業で勢いに乗っているユン・セリ(ソン・イェジン扮)。新製品を直接テストしようとパラグライダーのフライトスーツを着用し、山頂に登るが…。

 

こういうドラマに出会えるから、ドラマ視聴やめられないんだよね。
私にとって「愛の不時着」とは「愛」とは何かを、正面切って問いかけるドラマでした。
このドラマを視聴した方の感想は、おおむね「よかった」「面白かった」「胸キュン」「ハッピーエンド」みたいな感想にくくられるんだけれども、あえて問いかけたい。
本当にハッピーエンドって手放しで喜んでいいのか、って。
私にとってはたまらなくビターエンドでした。愛の絶頂で断ち切られたジョンヒョクとセリがたまらなく切なくて号泣。
脚本家のパク・ジウンは「星から来たあなた」でもそうでしたが、決して「2人は末永く幸せに暮らしましたとさ」というファンタジーラブロマンスの最終回に帰結しないところがすごい。
「愛の不時着」の着地点に、私は号泣しました。
1年でたった2週間しか暮らせないなんて。
こんなに愛し合っている2人が。

 

 


ラストシーン、この美しい風景、愛し合う2人。
気づいた? たった2枚しか2人で映る写真がないことに。
38度線で別れたのちには、彼らはこの2枚の写真にまつわる思い出しか作れない、その現実に打ちのめされそうになる。

 

 

愛とは何だろうかと考えてみる。
私があなたに会いたいと願っているように
あなたにも願ってほしいと思ったなら・・・
それが愛だろうか
あるいは私に会いたいなんて、気持ちがわかないほど
幸せでいて欲しいと願ったなら・・・
それが愛だろうか。
それともあなたに会うためなら
あの出来事を最初からもう一度繰り返しても構わないと思えたら
それが愛だろうか

 

ユン・セリの劇中の独白。もちろん様々な愛のカタチがあるとは思うけれども私にとって愛とは「あなたがここにいて欲しい」と願う気持ち。
「幸せでいて欲しい」と願う気持ちは、肉親のおだやかな愛ではないだろうか。
365日の中のたった14日のためにセリとジョンヒョクは互いの不在を常に感じながら願い続けるのだろう。
願い続けないと生きていけない、そんな愛のカタチはなんだかたまらなく苦くて、たまらなく甘美で、泣けてくる。
この2人の着地点はここにしかなかったのかもしれないけれども、手放しでハッピーエンドと喜べないのはその根底に寸断された2つの国があるから。

 

 






号泣。
誰かとの別れで、どうして涙が出るのか知っていますか?
別れは、どうしてあんなに悲しいのか知っていますか?
それは、二度と今のこの人とは逢えないという、未来を予測し、恐れで悲しくなるのだ。
距離と時間が離れていればいるほど、相手も変わり自分も変わる。
今のこの人とは、似ているようで違う人になる。
今には永遠に戻れないと感じて、哀しくなるのだろうな。
圧倒的な不可逆性に、私たちは押しつぶされそうになり、たまらなく、強烈に悲しくなる。
どんなに愛していても、今のジョンヒョクや今のセリとは2度と会えない。
人間は変わっていく存在だから、忘れてしまう存在だから。
そんなことを考えているとジョンヒョクとセリに泣けて、泣けて仕方がない。

 

 


北朝鮮に戻ったリ・ジョンヒョクが静かに泣くのは、彼も2度と戻れないあの頃には・・・を知っているから。
それでもいつか出会うことを信じて、願って、それだけが生きる糧になる。
生きていく理由になる。

 

 


平壌道中の焚火を囲んでのダイアローグは、最終回を終えて振り返ると、なんともほろ苦い味わいがある。

YSR:リ・ジョンヒョクssiはいい人よ。
RJH:急になんだ。
YSR:急にそんなことが思い浮かんだの。将来はいい夫や、いい父親になるということがね。
RJH:どうだろう・・・将来のことは考えない。
YSR:なぜ?
RJH:考えていた未来と違ったら悲しくなるから。
YSR:経験があるの?
RJH:ある。
YSR:それで、悲しくなったのね。
RJH:・・・・・・
YSR:インドではこう言うの。“間違った電車が時には目的地に運ぶ” 私もそうだった。
私の人生は・・・乗り間違いの連続。だから一度途中ですべてを投げ出して、どこにも行きたくなくて・・・飛び降りようとした。
でも今の私を見て。とんでもない乗り間違いで、なんと38度線を超えちゃった!
でもね、思い通りにいかなくても・・・将来を考えてみて。
私は・・・私が去ったあともあなたには幸せでいて欲しい。
どんな電車に乗っても・・・必ず目的地に着いて欲しい。

 

 

まだ目的地には到着していないんだ、ジョンヒョクとセリは。
離れ離れになりながら、時には再会し、そしてまた別れ、でもいつか共に暮らせる時代が、ともに年老いていける未来の目的のために、まだ旅を続けるのだろう。
美しい脚本、美しい着地点でもある、このドラマの。
まさに I have a crash on YOU!なドラマでした。
すっかり夢中になったドラマでした。

 

 


すっかり私たちが夢中になった理由はジョンヒョクとセリのカップルのチャーミングさもさることながら、登場人物すべてが愛おしいということがあげられる。
それぞれがそれぞれの人生の悲哀を抱えながらも、今生きることを精一杯やりとげようという愛があふれていた。エピローグも号泣だったよね。
かつての韓国ドラマのヒステリックな母親に象徴される「家制度」が恋愛の大きな障壁の一つであったのだけれども、このドラマにおいては親はむしろ子供たちの応援者でありたいという描き方に変化してきている。
親の情愛や、仲間への友愛、共感などがエピソード豊かに語られていて、それがドラマの奥行きを醸し出しているのね。

 

 

 


パク・ジウンのドラマで必ず登場するサイコパスな狂言回しだが、「愛の不時着」においてはその描かれ方も変化してきていた。
私たちの理解不能なサイコパスが「星から来たあなた」「青い海の伝説」でも見受けられていたのだが、チョ・チョルガンの悲しいまでの悪役ぶりは私は好きだったな。
孤児からのし上がってきた経歴に甘んじることなく、上へ上へと目指そうとしたチョルガンにとって、ジョンヒョク兄弟はあまりにも眩しすぎた。
眩しすぎて、憧れすぎて、羨ましくなって、妬ましくなって、殺意を抱く。
あまりにも人間的な葛藤がチョルガンを破滅に追いやる。
インスタントコーヒーを楽しむことで特権階級を享受していると思っていたが、ジョンヒョクは豆をすり入れたてを楽しむコーヒーの本質を知っている。
そのどうしようもない育ちの差に対して、チョルガンが絶望し、憤る気持ちは、もしかすると北朝鮮の人々が抱えるルサンチマン的な感情であり、北朝鮮を代表するキャラクターだったのだ。
チョルガンは北朝鮮の闇を表しているキャラクターで、なんだか彼を見ているといつも切なかった。
パク・ジウンの描いてきた悪役の中では、一番悲しい人間だった。

 

 

 


リ・ジョンヒョクにはね、皆メロメロになっていると思うけれども。
肌触りがいい男だと思うけれども。
彼が時折垣間見せる、自分の未来に夢を抱けないことから生じる、他人への切り捨て方もこっそり好きでした。
婚約者ダンに対する、あの仕打ちが、実はジョンヒョクの基本姿勢。
誰にでも優しい男というのは、実は一番優しくない男なんだから。
彼の基本姿勢を変えるには、彼の前に不時着して、家に押しかけて守らせるユン・セリぐらいのパワーと図々しさがなければ、彼の壁を打ち破ることはできなかったでしょうね。
ユン・セリを守るために、ジョンヒョクの中では優先順位が生まれ、だからこそセリに果てしなく優しくなっていく。その優先順位に私たちはメロメロになったのだ。
最後のスイスでのシーンは、これはきっと前撮りでしょうね。
ヒョンビンは文句なしに恰好いいけれども、あのラストのジョンヒョクはセリのために走り、命をかけ、静かに泣いていたジョンヒョクではなかった。
唯一のこのドラマの欠点。(ロケなので前撮りは仕方がないのでしょうけれども、時系列の撮影だったらあのラストシーンはきっともっと違う演技をしたのではないかとこっそり思っています)

 

 

★★★★★

その時々の、私の心の琴線に触れたモノ・・・ 小説や、映画、音楽、ドラマ、ファッションについてだけの簡単な備忘録。 Everything was beautiful and nothing hurt.

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。