高嶺の花

高嶺の花 Born to be a Flower 全10話 (2018年 日本)

■脚本: 野島伸司
■キャスト:
月島もも(石原さとみ)
風間直人(峯田和伸)
月島なな(芳根京子)
月島市松(小日向文世)
宇都宮龍一(千葉雄大)

 

華道の名門「月島流」の令嬢・月島ももは美しく才能豊かで、すべてに恵まれていたが、婚約者に裏切られ結婚が破談となり、深く傷つき立ち直れずにいた。そんなある日、ももは転んで自転車を大破させ、迷い込んだ商店街で自転車店を営む風間直人と出会う。ももは、直人が周りから“ぷーさん”というニックネームで呼ばれ、愛されていること知り、彼のことが気になりはじめ、行動を共にするように。ももは少しずつ心が癒やされていく。

 

ずいぶん前に視聴し終わっているのですが、あまり記憶に残っていない・・・
以下、あっさりとした感想です。
野島伸司ということでずいぶん期待値は高かったのですが、なんだか優しくなったなぁ脚本がという印象です。
正直、このドラマが何を言いたいのか最後まで分からずに、居心地の悪い、座り心地の悪い印象を受けてしまうのが率直な感想かな。
石原さとみが、ただカワユカったしか感想がない・・・

 

 


そもそもプーさんという人物が、生きているような気がしなかった。
顔はブサイクだけれどもそれをのぞけば、夢の中の王子様のようで。
すべて私のことが分かってくれる、世の中の甘いも酸いも見抜く力を持っている。悲しいとき、つらいときはいつもそばにいてくれる。
ぷーさんはあまりにも頭がよくて、きっと社会で戦っていけば勝てる人間。
しかし人を踏みつけても、社会の競争に勝つことを望まず静かにドロップアウトする。競争社会から。
彼の知識は、本と母親との会話とほんの数人の友人たち、そして心を病んでしまった少年が自分を取り戻す体験を疑似体験するだけで。
本当のぷーさんってどこにいるの?と考えていました。

 

自分の悲しみを、自分の喜びを、自分のふがいなさを感じて涙することはないのか。
いつもどこか高みに立って、達観しているような、そんなまなざしにイライラしたのですが。
10話、ももが自分から本当に去って行ってしまうと感じ、涙を流し追いかけていったプーさんは好き。
だって、それが生きているということだから。

 

英語のタイトルは「Born to be a Flower」
ぷーさんだって今まで立派な高嶺の花だったのね。誰からも手折られない花。
誰の手も届かなかった(届けなかった)花。

 

 

 


う~ん、このカップルも。
終わりよければすべてよし?
あまりにも甘ったるくて。龍一の兄の方が、ドラマチックだと思うのですが。

 

 


月島流の「たゆたう光と影」
影の部分がこのドラマでは描かれていなかったのね。
韓国ドラマを視聴している、私たちは出生の秘密ぐらいでは驚かなくなっているのですよ。
財閥の横暴をドラマで見続けている私は、ちょっとぐらいの常識はずれにも驚かなくなってしまっているのよ。
野島さん。

 

 

★★★

碧血千秋・・・琅琊榜<弐>12話まで

断捨離

関連記事

  1. love me tender・・・高嶺の花 6話…

    「高嶺の花」6話まで視聴。華…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

カテゴリー

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP