The Only Neat Thing to Do


ドラマ視聴(あるいは映画、本、音楽、旅行)でも、瞬間的なおもしろさとかインパクトで楽しむ作品も好き。
でもそれだけでは、その瞬間で終わってしまう。
何かひとつでも心に残るものの感想を、私は書きたい。
観ていて、息苦しくなるような作品に出会いたい。
自分の中にあるせつなさを、全部引きずり出すような。
そんな作品に惹かれる。

 

夢見ることのせつなさ
好きであることのせつなさ
生きることのせつなさ

 

そんな作品に出会いたい。

 



カン・ドンウォンが好きすぎて苦しくなる。
タフで乱暴で、優しくてナイーブで、ひたむきで感傷的で、一途で率直で、情愛深くクール、いくら言葉を重ねても、完全に表現することができない。
近未来の荒涼とした世界観の中で、きらめく彼のまなざしが忘れられない。
#人狼 ★★★★

 

 


残虐な暴力に押しつぶされながら生きてきた民衆の、不条理な世の中への怒り。ひとりの怒りは小さいが、その怒りが繋がり、広がり、やがては国の在り方を変える。
騒乱の時代の怒り、悲しみに、震えが止まらない。
カン・ドンウォンはどんな役を演じてもピュアなまなざしが秀逸。
#1987ある闘いの真実 ★★★★

 

 


キレキレのアクションに突如挿入される意味不明のロマンス。こういう訳のわからなさ大好きです。
花嫁がドレスを着て、狙撃手になるなんて鳥肌もの。
ソンジュンの純愛すれすれの打算と、シン・ハギュンの悪党ぶりにうっとり。
こうでなくっちゃね!バイクに乗って日本刀で闘うシーンは必見!
#悪女 ★★★

 

 


「好き」はすべてを超越する。ためされる。強さを、情熱を、自分の存在の何もかもを。
緻密に計算された荒涼とした世界観を「好き」が席捲していく物語が圧巻。
EDの意味がわかると、涙なしには見られない傑作です。
築かれた世界が崩壊していく作品が私は好きだと再確認しました。
#ケムリクサ ★★★★★

 

 


ナンダこれ、ドラマなんかよりはるかに面白かったドキュメンタリー。衝撃作。
カルト教団の創生と転落の向こうに、私は教祖バグワン・シュリ・ラジニーシへのシーラの愛憎を感じた。
その憎しみは強く、激しく、その執着はまるで愛に近い。権力と欲望(性欲も含め)が暴走していくさま、ひとつの王国の顛末を描ききった傑作。
#ワイルド・ワイルド・カントリー ★★★★★

 

 


「1987」の前日譚ともいえる。韓国近現代史の痛みについて。怒り、無力さについて。
運転手とドイツ人記者の言葉の壁よりも大きな断絶の悲劇が光州にはあった。
国(軍)と市民。同じ言葉を話す者同士なのにそこに絶望的な断絶が横たわり。
断絶の悲劇の連続が今の韓国をカタチづくる。
#タクシー運転手 ★★★★

ゲーム・オブ・スローンズ S2 王国の激突

ゲーム・オブ・スローンズ S3 戦乱の嵐-前編-

関連記事

  1. 今日のLOVE 秘密

    復讐から始まった愛はどうなるんだろう。愛なんてハ…

  2. 今日のLOVE FOREVER CHALLENG…

    2013年から気になっていたペプシ・ゼロのCM。…

  3. more drama 17・・・lifeR…

    ドラマ感想ブログを本格的に始めて9月で5年目を迎…

  4. それすらも日々の果て

    「世界をランドスケープする」なんてご大層なキャッチをつけているくせに、世…

  5. 今日のLOVE まほろ駅前番外地

    ぎりぎりBLのかほりがして、しかしBLなんてカテゴリーじゃくくっちゃいけ…

  6. いつか記憶からこぼれおちるとしても

    「nothing hurt」の5周年を記念してリトルプレス(同人誌)…

  7. more drama 18・・・山は登るだけでは…

    ブログをずいぶん放置しておりまして、スミマセン。もう皆さまからこんな…

  8. NOT LOVE, but affection …

    いつも nothing hurt に遊びにきてくださってありがとうご…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

comment

カテゴリー

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP