THE K2 vs Healer

Print
韓国ドラマ「THE K2」と「ヒーラー」の比較覚書き。
両作チ・チャンウク君の主演ドラマです。「ヒーラー」でチ・チャンウク君とドラマ制作者の掌の上で、いいように転がされメロメロ沼でアップアップしていた私はまたもや「THE K2」の底なしメロメロ沼にはまりそうな勢い。
脚本家も制作スタッフも全く違うこの2作ですが、骨組みは意外に似ています。
違いは「ヒーラー」よりも「THE K2」のほうがアクション重視であり、苦いということかしら。
「ヒーラー」の方が甘い。
しかし私ぐらい枯れてくると、甘いだけでは物足りない。
苦さの中に甘さを見つけるとその甘さがたまらなく癖になったりします。ただ甘いよりは、苦さの中の甘さのほうが貴重だったりする。
「THE K2」6話まで視聴して、ほとんどロマンスは進展していないのにかすかなロマンスの気配を察しては自分で勝手にメロメロになっているという(笑)
視聴率はじりじりと上昇してきている「THE K2」
「ヒーラー」は熱狂的なファンを生んだけれども視聴率では苦戦したものね。

 

thek206-00840

%e3%83%a8%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%b3

 

 

 

 

アンナ VS ヨンシン
ヒロイン対決。対人恐怖症気味のアンナと天真爛漫な(ドンス君には傍若無人・笑)ヨンシン。
ヒーローに守られる存在です。ジェハもジョンフも彼女たちを守ることによって世界と関わりを持つことになる。
ヒロインたちはヒーローと同じ魂の孤独をもっているの。
ただ守られるだけではなく、彼女たちがいるだけでジェハもジョンフも救われている。

thek21-00002 %e5%b0%91%e5%a5%b3

 

 

 

 

親から捨てられる(離れる)という強烈なトラウマがある少女時代。

 

 

thek204-00932

%e5%a4%ab%e5%a9%a6

 

 

 

 

子供を捨てた財閥の親たち
あるいは夫婦でありながら互いを信じられず、いつしか愛を失ってしまった人たち。
妻は夫を愛しているのにその愛は伝わらない。夫は妻を愛しているのに彼女は亡くなってしまった人のことを忘れることができない。
彼らのいびつな愛のカタチが野心や欲望に変化していく。
愛が手に入らないのならば、せめて世界を手に入れたいという妄執。

 

thek206-00157 %e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc

 

 

 

 

クラウド・ナイン vs アジュマ
世界のビッグデータにアクセスする女たち。ジェハやジョンフを助けます。
こうやって比較して考えるとアジュマはすごい!(笑)
クラウド・ナイン並みの働きをしているもの。

 

thek204-00387 %e5%b8%ab%e7%af%84

 

 

 

 

師範代 vs 師匠
師範代と戯れるジェハは楽しそう。恋のキューピッドまでしてね。年上の男性と関わるジェハやジョンフは素の顔をしますよね。
父親的存在でドラマを癒してくれたり、引き締めてくれます。

 

 

thek204-00254 %e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88

 

 

 

 

アシスタント対決
J4に軍配が上がるよね。ジェハを前にしての彼女の図々しさに敬服します(爆)あそこまでどうどうと妄想できるなんてすごい才能の持ち主。
「THE K2」のドラマ掲示板にはJ4のシーンはいらないなどと書き込まれていますが、私は彼女が結構好きです。
重苦しくなりそうな「THE K2」の息抜きのシーンです。
「ヒーラー」はドンス君のシーンは割とコミカルでしたが、全体的に重苦しい「THE K2」はJ4と師範代のシーンで緩急をつけています。

 

 

thek205-00172 %e7%a7%98%e6%9b%b8

 

 

 

 

ちょっとイカれている秘書たち
主人LOVEすぎてイカれています。

 

thek203-00876 %e3%83%a0%e3%83%b3%e3%83%9b

 

 

 

 

メンター対決
ムンホ@ヒーラーに「THE K2」の人は劣りますが(名前を忘れてしまいました・・・)
ジェハやジョンフを影ながら支え導き助ける役目かな。

 

 

thek206-00736 %e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%95

 

 

 

 

ジェハ vs ジョンフ
どちらも選べない~(いや、誰も選べなんて言っていないけれどもね)
ジョンフのほうがコミカルかも。彼には信頼できる仲間もいたしね。何よりもボンス君がいた!
そう考えるとジェハの孤独は大きいなぁ。
文字通り誰かを愛したいのに、守りたいのに、誰にも心を許せずに生きてきた。
スペインの街角でアンナを見捨てたとき、ジェハはどんな気持ちだったのだろうか。
もうジェハは二度とアンナを見放すことはないのだろう。たとえ自分の命がかかってさえも。そんな気がする。
ジェハもジョンフもヒロインを見守っているうちに、心が引き寄せられていく。
何よりも「THE K2」も「ヒーラー」もコードネームなのよね。

彼らはヒロインに至れり尽くせり。ジェハなんかラーメンのお湯を沸かして、袋を開けて、卵を割って、ネギまで刻んでいる(に違いない・笑)甘やかしすぎです!
あ、やっぱり「THE K2」だって思いっきり甘いよね!
全然違うはずの2作ですが、違うのに似ていたりして、なんだか奥深いなぁ。

 

 

チャンウク君が「ヒーラー」の次に同じような設定の「THE K2」を選んだのはなぜだろうかと考えてしまう。
「ヒーラー」では表現しきれなかったものが「THE K2」にあるということだよね。それが何なのか。
考えてみたい。

胸が痛んで息ができない・・・THE K2 6話

太陽の末裔

関連記事

  1. Anemone・・・THE K2 OST考察

    韓国ドラマ「THE K2」のOST考察。音楽が壮大すぎると酷評されていた「THE K2」です…

  2. 俺が何と戦うべきなのか・・・ヒーラー19話

    韓国ドラマ「ヒーラー」19話視聴。残すところあと1話。皆さま心の…

  3. あなたを覚えておきます・・・ヒーラー15話

    韓国ドラマ「ヒーラー」15話。LOVE SO SWEET!!!悲…

  4. THE K2

    THE K2  16話 (2016年 韓国tvN)■演出:クァク・ジョンファン■脚本…

  5. glass ceiling・・・THE K2 11話まで

    韓国ドラマ「THE K2」11話まで視聴。外の世界に…

  6. THE K2における極私的萌えの考察

    韓国ドラマ「THE K2」における極私的萌えの考察。(あるいは右手にメロメロになっていく考察)…

  7. 今日のLOVE この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気が…

    脚本家のソン・ジナの描く「ヒーラー」も「信義」も守る男というのが大きなテ…

  8. 私がいなければあんたは独りで泣くくせに・・・ヒーラー14話

    韓国ドラマ「ヒーラー」14話視聴。ジョンフの部屋はコンクリートの打ちっぱなしで、広いけれ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • メロメロ沼の同志
    • 2016年 10月 11日

    yuca様

    またまた感涙……
    どうして、私の気持ちが分かるのですか?
    やはり同じモノを見ているからでしょうか?
    うん、私もずっと彼が『Healer』と被ってそうな『The K2』をどうして選んだんだろうと思っていました。
    (水面下では他にいっぱいオファーがあったと思うのに)

    彼をずっと見ていて思うのは、彼は絶対表には出さないけれどすごい負けず嫌いだということ。
    だから『Healer』で遣り残したこと&自分で納得できなかったことを『The K2』でしているかもと
    それが何であるのか、彼の野望と言えるモノかもしれませんね……

  1. 同志さま、コメントありがとうございます♪

    >うん、私もずっと彼が『Healer』と被ってそうな『The K2』をどうして選んだんだろうと思っていました。
    うんうん。だよね~
    チャンウク君って色々な役にチャレンジするイメージが強かったので、どうしてキム・ジェハを選んだのか不思議でした。
    おそらく入隊前の最後のドラマになるのかしらん。

    「ヒーラー」が視聴率だけ取れば「パンチ」に負けてしまったから、リベンジなのかな。
    韓国での彼の人気をさらに確立したいのかとも思います。同じような作品でね。
    「THE K2」を見ていると、アクションはもちろんだけれども丁々発止の駆け引きの演技をやってみたかったのかもとも思います。
    そのぐらい、ユジンとのシーンは緊迫感にあふれています。
    ロマンスが絶品なのはもちろんだけれどもね。

    視聴率も上がってきているし、このまま駆け抜けてほしいですよね。

  2. 鍵コメさま、コメントありがとうございます♪

    前作の「旋風少女2」ちょっと見てみましたが、吹替が違和感ある~!
    「奇皇后」の日本語吹き替えも嫌でしたが、同じくらい嫌!
    チャンウク君の声って、甘くって耳障りいいのにね。
    「アンナ、アンデヨ~」って何回もヘビロテしてます。

    「THE K2」はアクションに特化していますよね。美しいシーンが満載。
    1話から血まみれの満身創痍のジェハ。
    個人的には3話のカーチェイスのシーンも好きだなぁ。
    何しろティーザーの後ろを見て車を運転するシーンに一目ぼれな私です。

    チャンウク君が表現したいことをしっかりとみていきます。

    ・・・私、かなりのチャンウク君ファンみたいだ(笑)

    • メロメロ沼の同志
    • 2016年 10月 13日

    yuca様

    >「旋風少女2」ちょっと見てみましたが、吹替が違和感ある~!
    えっ!ご覧になったんですか?(小声で)チャレンジャーです。
    私はファンの義務として36話リアタイしましたが……
    正直20話位に編集し直したら、いい感じの作品になったかも?

    >丁々発止の駆け引きの演技
    ユジンと対峙している場面を見ると、そう思いますね。
    私はユジンとのロマンスは望まないけれど、2人の遣り取りのカッコ良さには惚れています。

    >「アンナ、アンデヨ~」
    うふっ♪彼の声はね、丁度いい感じの甘さとクールさがmixされてて、
    ずっと聞いていると、顔がにやけるでしょう?
    うん、yuca様はかなりのファンですよ。(にやにや)

  3. 同志さま、コメントありがとうございます。

    堪能したよね7・8話!
    ジェハの様々な表情、お茶目な表情も見せてもらいました。
    屋根の上のシーンはかなりジェハの顔が疲れているような気がしましたが、あれはお昼に格闘したから?
    それとも撮影疲れ?
    気になります。

    >私はユジンとのロマンスは望まないけれど、2人の遣り取りのカッコ良さには惚れています。
    うん、ロマンスとはまた違うけれども、魔女は狼を欲しいのでしょうね。
    魔女がこの世で手に入らないものがふたつ。
    夫と狼かもしれません。

    >yuca様はかなりのファンですよ。(にやにや)
    そ、そうなんだ!

    • メロメロ沼の同志
    • 2016年 10月 18日

    yuca様

    いつもありがとうございます。m(__)m

    >屋根の上のシーンはかなりジェハの顔が疲れているような気がしましたが、あれはお昼に格闘したから?
    それとも撮影疲れ?
    夜中の撮影も多くてかなりお疲れだと思いますけれど……うふふっ!(既にご存じでしたらすみません) 
    屋根の上で派手に転んでいたでしょう?あれ、マジコケらしかったようで、言葉も出ない位痛かったそうです。
    「痛い?」「痛くない」は全てアドリブだったようですが、思い出すのも嫌だと15日の韓国FMで言われていたようです。(笑)

    >魔女がこの世で手に入らないものがふたつ。 夫と狼かもしれません。
    魔女が欲しくてたまらないモノ2つが手に入らないのですね…….それが、魔女の哀しさなのかもしれません。

    まだ詳細は分からないのですが、2月に日本でミュージカル『その日々』をされる予定です。
    歌も演技も楽しめますよ~~(誘惑の言葉)

  4. 同志さま、コメントありがとうございます♪

    きゃあああ!!教えてくださってありがとうございます。
    >あれ、マジコケらしかったようで、言葉も出ない位痛かったそうです。

    知りませんでした(笑)
    そう考えると納得いくわ~
    いきなりジェハが素に戻ったみたいでびっくりしましたから。
    もともとは照れ屋の男子だものね。
    思いがけずジェハの照れくさそうな顔を堪能できました!
    同志様に教えてもらってあのシーン、ヘビロテ中です。
    あんなジェハの顔は魔女は知らないだろうな(笑)

    >2月に日本でミュージカル『その日々』をされる予定です。
    思いっきり誘惑されそう。
    誘惑に乗っちゃおうかしら・・・

最近の記事

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP