百年の花嫁

a0192209_19352778

百年の花嫁 Bride of the century 全16話 (2014年 韓国TV朝鮮)

■監督:ユン・サンホ
■脚本:ペク・ヨンスク
■キャスト:
イ・ホンギ(チェ・ガンジュ)
ヤン・ジンソン(ナ・ドゥリム / チャン・イギョン)
ソン・ヒョク(チャン・イヒョン)
シン・ウンジョン(マ・ジェラン)
キム・ソラ(キム・ミョンヒ)
チェ・イルファ(チェ・イルド)

【あらすじ】
韓国の田舎に住むドゥリム(ヤン・ジンソン)は、病気の祖母のため、海女の仕事とアルバイトを掛け持ちしながら暮らしている。持ち前の明るさと体力が自慢だ。ある日、ドゥリムは偶然通りかかった工事現場で青年実業家チャン・イヒョン(ソン・ヒョク)を事故から助ける。イヒョンは、ドゥリムが自分の妹チャン・イギョン(ヤン・ジンソン/2役)と瓜二つであることに驚く。イヒョンの妹イギョンは、韓国屈指の財閥であるテヤングループの御曹司チェ・ガンジュ(イ・ホンギ)との結婚を控えているが、2人の結婚は政略結婚で、イギョンの実家の会社の経営が苦しいためテヤングループの援助を必要としていた。そんな中、ガンジュが代表になる就任式の当日、なんとイギョンが姿を消してしまう。この結婚をなんとしても成立させなければいけないイヒョンは、自分の妹と瓜二つのドゥリムのことを思い出し、しばらく彼女にイギョンの替え玉をさせようとする。入院した祖母のためにお金が必要なドゥリムは、少しの間ならとそれを受け入れたが、ドゥリムが会ったガンジュは、とんでもない“オレ様”御曹司だった!

 


 

あ~、面白かった。

筋立ては単純明快なラブコメですが、とにかく主役二人のかけあいが面白くって、かわゆくってかわゆくって、ずっと身もだえしながら視聴したドラマでした。
視聴予定になかった「百年の花嫁」ですが、試しに視聴すると1話後半から加速度的に面白くなったのですよね。
これだからドラマは観てみないとわかりませんね。

「焼き芋とキムチ」のように一見ミスマッチに思える二つが出逢うと、想像を絶するおいしさ(らしいです)になる、ということを教えてくれました。
ラブコメとホラーとの融合がミスマッチのようでいて、何とも言えない味わいをこのドラマに醸し出してくれたのじゃないかしらん。

a0192209_19360174ヤン・ジンソン、熱演です。前作「秘密」ではチソン演じるミニョクの死んでしまった恋人を演じていました。ブロ友さんに教えてもらうまで、ちっとも気付かなかったくらい私の中では印象が薄かった女優さんでした。(ごめんね~)
とにかくドゥリム / イギョンという正反対の性格の二人を演じるのは大変だったのでしょうけれども、視聴していて一度としてどちらを演じているのか分からなくなるということはなかったです。
(もちろんメイクで二人を判別できるけれどもね)
光と影のドゥリム / イギョンの違いを、まなざしから、たたずまいから違うように演じてくれました。

同じヤン・ジンソンが演じているのに、ドゥリムーガンジェの時はかわゆくって悶えているのに、イギョンーガンジェの掛け合いになると、早くドゥリム登場して~って思うくらい。
「百年の花嫁」では、イ・ホンギくんの方がネームバリュー的に脚光を浴びがちですが、彼女の演技があってからこその、面白さですね。
コメディエンヌとしての才能を見せてくれました。

 

 

a0192209_19354474

そして、ガンジュ。
この傲岸不遜な御曹司のことを、どれだけ私は好きだったことか。
韓国ドラマによく登場する都会的なクールで冷徹な御曹司というよりは、心の奥に少年の震える心を隠して背伸びをしている御曹司でした。
柔らかな心を秘めているからこそ、たやすくドゥリムにかぶっているクールな仮面をはがされ、翻弄されるガンジュが可愛い。

回を重ねるごとに、一途で真っ直ぐな、少年の時に裏切られずにいればこうであっただろうという、ガンジュを見せてくれました。

 

 

a0192209_19353803「百年の花嫁」は14話まで本当に面白かったのに、15話以降、話の展開が妙に説明的になってしまってドゥリムとガンジュの掛け合いが減ったのが残念。
百年の呪いは実は・・・という説明ばかりになってしまったわね。
イギョンとジェランの改心もあっけなくって・・・
ホラー部分の謎ときに力を入れすぎて、最後までラブコメのテンションが保てなかったことが、このドラマの唯一の欠点だと思います。

あ、それとドゥリムが子供を産んだのにはビックリしました。
そんな重大な事を一人で決意するか、って。
物語の展開的にドゥリムが身を引く、っていうのは乗り越える障害のある恋人っていう最もロマコメで切なくなるシチュエーションであるはずですが。
どうにもドゥリムの決断がよくわかりませんでした・・・(汗;;)

ロマコメ(ラブコメ)の醍醐味はお腹を抱えて笑う部分と、切なくなる部分の落差が大きければ大きいほど夢中になるんだと思います。
「百年の花嫁」ではむしろイギョンが戻っててしまった7話ごろの展開が切なかったけれどもな。
早く気づいて~、それはイギョンでドゥリムじゃないんだよ~ガンジュって画面に向かって叫んでいた時が切なかった(爆)

 

 

a0192209_19355217不憫なオッパ。もう少し絡んでくれるのかと思ったのですが・・・

 

 

a0192209_19360855「花嫁は必ず死ぬ」という「呪い」はやっぱり人間たちのたくらみの結果でしたね。
しかしこのドラマの奥に流れているのは、やっぱり母親の子供に対する「呪い」なんです。
「呪い」と書くと少し語弊があるかもしれないけれども。
子供には幸せになってほしい、子供には誰よりも成功してほしい、子供には誰よりもお金持ちになってほしい、子供には・・・
一見普通の母親の子供に対する願いのように見えるかもしれないけれども、度を過ぎれば「呪い」になるということをこの物語では語っているのかもしれません。

韓国ドラマを見て感じるのは、ものすごいコントロール・ペアレンツだなぁ、ということ。
子供をコントロールしたい、という親の愛情が変化してしまった支配欲をいつも感じます。
そしてその支配欲は「呪い」と言っていいのかも。
そんな「呪い」をドゥリムとガンジュは打ち破るのです。

最大の山場であるはずの15~16話が説明的な物語展開になってしまったのが、返す返すも残念だけれども、それを除けば本当に面白かった。
ウェルメイドなこのドラマ、日本にも早速やってくるみたいだし。
しかもドゥリムとガンジュのカットされた未公開シーンが増えて全20話って!
とにかくドゥリムとガンジュカップルにまたまた会えるのね~♪

 

 

★★★★★
(15~16話でちょっと評価が下がっちゃったけれども。難しいですね。物語の終わらせかたって)

 

楽俊凱3話・4話

優雅な奴隷・・・密会 10話まで

関連記事

  1. それでもこの愛を貫く?・・・百年の花嫁 10話まで

    韓国ドラマ「百年の花嫁」10話まで視聴。相変わらずカワユイ、ガンジュ(イ・ホンギ)とドゥリム…

  2. まだ言えない言葉・・・百年の花嫁 8話まで

    韓国ドラマ「百年の花嫁」8話まで視聴。かわいいっ!かわいいっ!かわいいったらありゃしない…

  3. 君がどんどん気になってきて・・・百年の花嫁 4話まで

    韓国ドラマ「百年の花嫁」4話まで視聴。このドラマ、そこはかとなく。い…

  4. 他の星から突然落ちてきた変わった女です・・・百年の花嫁 5話

    韓国ドラマ「百年の花嫁」5話。あ~ん、カワユすぎて悶えます。超絶面白い・・・けれども…

  5. 長い間待っていたわ・・・百年の花嫁 14話まで

    韓国ドラマ「百年の花嫁」14話まで視聴。毎回毎回、カワユイ~とか、悶える~といった(…

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    yucaさーん、見終わりましたよー
    このドラマ予想以上に楽しめました。紹介してくださって感謝。

    主演の二人がとにかく可愛らしくって良かったです。展開もおそすぎず、あっという間に終わってしまいました。イギョンが入れ替わったこと、もっとひっぱるんじゃ?と思ってたのに、意外に早くて驚きました、ぼくは。
    確かに最後は少しトーンダウンかもしれませんが、あまあまが苦手な僕には丁度でした。
    あと、あイケメンラーメン店!懐かしい。どっかの地上波でやってくれないかな~

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ♪はうんさん、コメントありがとうございます♪

    全然チェックしていなかったのに、視聴し始めるとものすごい面白いドラマでしたよね~

    >主演の二人がとにかく可愛らしくって良かったです。
    かわいかったぁ~
    ずっとこの二人の掛け合いを見ていたかったです。
    ちょっと母親たちがクローズアップされすぎ?という感じもしますが、最後の終わり方もほのぼのとしてよかったです。

    日本では20話になるらしいです(笑)
    未公開シーン続出らしくって、とっても気になります。

    「イケメンラーメン店」、懐かしくって嬉しかった~
    まだあのままで建物が残っているんですね。

    • choco
    • 2014年 8月 30日

    SECRET: 0
    PASS:
    yucaさん こんばんは 

    yucaさんのテンションほどではないですが(笑) 面白かったです~☆
    ホンギは私の中で 永遠にジェルミで・・・(笑)
    序盤の 気難しい笑わないホンギが いかにも~に、見えて 話に入り込めず・・・  でも、ドゥリムとの話が進んでいくうちに だんだん笑顔が増えてきて 楽しくなりましたよ~~
    ヤンジンソン 秘密 に出ていたとは・・全く分からなかった!

    いつもの韓ドラ定番なら 過去の因縁から 話が始まる所を 
    これは、最後に説明して ハイ終わり!ってところが 功罪あったようですね・・・私は 「花嫁の死の謎」の神秘性を高めるためには 仕方なかったようにも思いました。

    本筋とは少し外れますが ガンジュ母とその母(祖母)の最後のシーン
    「今度生まれ変わったら 私の娘に生まれてきて下さい・・・恩を返したい・・」という所が 私の琴線に・・・泣
    全く同感!!!自分の母にそう言いたい! 
    そして、わが娘には言われないなぁ~などと・・・・笑
    母娘の話でもありましたね・・・

    多分、yucaさんがブログにかいて下さらなかったら、みなかったであろう このドラマ~~  毎度ながら 本当にカムサムニダ!!ですわ

  3. SECRET: 0
    PASS:
    ♪chocoさん、コメントありがとうございます♪

    面白かったでしょう~!
    少しでも楽しんでもらえてよかったです。
    >ホンギは私の中で 永遠にジェルミで・・・(笑)
    わかる、わかる。わたしもそうです。
    心の中では、毎回「ジェルミ普通の髪型できるのね」とか、「ジェルミ無理して大人びちゃって」なんて思っていましたもの(爆)

    >ヤンジンソン 秘密 に出ていたとは・・全く分からなかった!
    私も気づきませんでした。
    ミニョク(チソン)の元カノでしたよね。

    >これは、最後に説明して ハイ終わり!ってところが 功罪あったようですね
    お、そうなのね。この構成がおイヤな方もいらしゃるのかな。

    >母娘の話でもありましたね・・・
    うわ、鋭いご指摘で。本当にそうですよね。
    ラブコメの楽しい口当たりに騙されて見逃しがちですけれども、かなりビターな物語です。
    しかしそこらへんの怖さが、ドゥリム&ガンジュのカップルのカワユサで薄れているというドラマ。

    「百年の花嫁」に関しては、本当にたまたま視聴しただけなので、ドラマ視聴もタイミングなんでしょうね。
    面白いドラマをさがしあてる嗅覚に、自分で自分にびっくり(笑)

    • FANです。
    • 2014年 10月 12日

    SECRET: 0
    PASS:
    連休が、またも台風情報で覆われてますね。
    不謹慎ですが、更にTVもスペシャル垂れ流しで、覆われて・・、辛い。
    と、いうことで。

    ユカさん命名、カワユイ可愛い、こちらのドラマ、やっとラストまで行きました。
    どひゃぁ・・、衝撃のシングルマザー。何が衝撃って、何時、何処の間に?
    って、そりゃ、挙式した日はお泊りでしたサ、と、復習。
    (独り寝だと思っていた情緒の無い自分を、反省)

    主役のハスキーボイスカップルは、本当に可愛かったですね。
    演技が巧いかどうかは、別にして、ピッタリでした。

    キャラは、ルミの潔さが、好きでした。何より、父上、お茶目さと男っプリは、最高。

    ユカさん御指摘の、母問題、・・・もう、人知を超えてますが。
    韓ドラの儒教精神のチラリズムというか、一節の拡大解釈はさっぱり解りません。
    敬虔な宗教心の無い私が言うのも、なんですが。
    つくづく、大したことない血筋の家に生まれて、良かったです。
    ラストまで、幽霊さんの俗世への適応能力が、ツボでした。
    あの女優さん、多分、綺麗なんだろうなあ・・。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    ♪FANさん、どもども~♪

    「百年の花嫁」ご覧になったのね!

    >衝撃のシングルマザー。
    韓国ドラマってよく分からないよね~
    私も終盤の展開に、今一つ乗り切れなかったのですが。

    >主役のハスキーボイスカップルは、本当に可愛かったですね
    まあ、私のいけない癖なんですが、両想いになった瞬間に、視聴テンションがダダ下がりになります(爆)
    思いが一方通行の時は、前のめりで視聴していたのですけれどもね。

    韓国ドラマの母親は怖い~
    呪いとは母親の支配欲なんでしょうね。
    韓国ドラマでたびたび取り上げられている母親のテーマって、きっとかの国では潜在的に問題になっていると思うのですが。
    それを儒教なんて言葉で取り繕おうとしているから、抑圧された感情が火病なんて訳の分らぬ病気になるのだと思います。

    韓国はドラマというツールで、自国を素敵な国だとPRしようと躍起ですが、病理が透けて見えますね。

    日本のドラマも海外の人が観たら、どんな不思議な点があるのでしょうね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP