menu

ビューティー・インサイド


ビューティー・インサイド Beauty Inside 全16話 (2018年 韓国jtbc)

 

■演出:ソン・ヒョンウク
■脚本:イム・メアリ
■キャスト:
ソ・ヒョンジン(ハン・セゲ)
イ・ミンギ(ソ・ドジェ)
アン・ジェヒョン(リュ・ウノ)
イ・ダヒ(カン・サラ)

 

韓国で知らない人はいないトップ女優、ハン・セゲ(ソ・ヒョンジン)。演技力はあるものの、撮影をすっぽかしたり突然いなくなるためトラブルメーカー扱いされていた。だがセゲには誰にも言えない秘密があった。それは1ヶ月に1度、一週間だけ顔が別人になるということ…。ある授賞式の夜、突然その症状に襲われたセゲは授賞式会場から逃げ出し、その結果彼女を広告モデルに起用していたティーロード航空は対応に追われることに。本部長のドジェ(イ・ミンギ)は姿をくらましたセゲの悪口を言いつつ彼女を探し出すよう部下に命じる。だが相貌失認のドジェはセゲの顔が認識できないでいた。そして部下との通話を目の前で聞いていた女性こそがセゲだった!ドジェに対し最悪の第一印象を抱くセゲ。その後ある契約のためドジェはセゲを伴って出張に赴く。無事契約は終了するが、その帰りの飛行機でセゲに症状が現れ、ドジェの目の前で顔が変わってしまう!

 

「今日のハン・セゲは、今日のソ・ドジェはこれでおしまい」
おしまいになちゃったなぁ。このふたりに出会えないことは、ちょっとさびしいです。
へそ曲がりな私は、ロマコメで主役たちが愛の軌跡を重ねるまでが好きであって、両想いになったとたん視聴意欲がなくなりフェードアウトしていくことが多いのですが。
「ビューティー・インサイド」は主役ふたりのバカップルぶりも好きだった。
前半のコメディ、中盤のシリアス、後半のロマンス(バカップルぶり)と1作品で色々なテイストも味わえる。

 

 


テーマは単純だよね。
外見に惑わされることなく、内面を愛するということ。
その人がその人らしく生きていくこと、それに愛し寄り添う・・・ということは恋愛の理想のカタチのひとつ。
互いのまなざしを通して、どんな姿に変わろうとも、たとえ自分の顔がわからなくても、自分が自分であるということが確かめられる。
相手を愛するということはすなわち、自分をきちんと愛するということも教えてくれたのではないだろうか。

 

 


月に1回色々な人間に変身するセゲをドジェが愛するということは、実はセゲに付随するすべての人を愛するということの象徴。
老いも若きも、男も女も、男の子も女の子もすべて。キンカンも。
セゲがセゲとして成長する要因を作った関わる人すべてを愛するということ。
だからこのドラマには韓国ドラマにありがちな、家族の反対や病気は恋愛の障害になりえなかった。
互いをどれだけ信頼するかが、自分の相手への愛だけが試され続けたドラマだったとも思う。
その前向きな視点が、みずみずしくって、すがすがしくって、最高だと思います。

 

 


サラとウノのふたりも大好き!
ロマコメでサブカップルのラブラインにはあまり心動かされたりはしないのですが、サラ&ウノが画面に登場するたびに癒されました。
世間の(男社会の)ダブルスタンダード「女を活躍させなくては」と「女のくせに」と闘っている女性はたくさんいます。
サラは闘いながら、新しい恋愛の行き先を見せてくれました。
神父と新婦なんて笑っちゃいましたよ。
このふたりのシーンは、毎回運命の鐘がなって。
アン・ジェヒョンはそこにいるだけで心があったかくなり、癒されて、支えてくれて。
年下男子ウノの魅力を、これでもかとばかり私たちに魅せてくれました。
惚れちゃうよ~

 

 



サブキャラクターも大好きでした!
ウミの彼氏問題も解決。ウノだけが会えていないのがまた笑える。
きちんと伏線も回収しましたよね。
セゲとウミの友情も心に響いた。
なかなか韓国ドラマでここめで女の友情を描かないよね。うん、いい。

 

チョン・ジュファン(イ・テリ)の金の亡者ぶりをした友情も笑って、ホロリとくる。
ウミとラブラインができればなぁとも思ったりしましたが、最後はちゃんと彼の望みどおりにお家が買えて、so happyでしょう。

 

大団円ってことで、幸せな時間をこのドラマと過ごすことができました!

 

 

★★★★

 



 

このドラマと語り、この人生を想う・・・2018

どこまで落ちるのか・・・アルハンブラ宮殿の思い出11話まで

関連記事

  1. 俺が見つけるから・・・ビューティー・インサイド6…

    韓国ドラマ「ビューティー・インサイド」6話まで視聴。…

  2. The Love Inside・・・ビューティー…

    韓国ドラマ「ビューティー・インサイド」4話まで視聴。&nbs…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • YUMIKO
    • 2019年 1月 10日

    yucaさま

    久し振りに大好きな作品にはまりました。
    脚本の吟味に吟味された一言一言。映像の綺麗さ、音楽、キャスト(三人の母役・すごく好きです)。
    やはり大人の上質な衣装はいいですね。イ・ミンギによく似合っていましたし、デビューから見てきて
    初めて「好き〜♡(笑)」と思いました。

    先輩のカン・ドンウォン君にもそろそろこんな役のドラマがないかしらとも思ってしまう。

    脚本とヒロインが良くないと言う方が多いみたいですが、私はぜひ脚本を小説として読みたい !
    師匠キム氏よりもヒロインを素敵に表現しているのも良かったです。
    何よりも yucaさまがお好きとおっしゃってるのが「わ〜い♡」と嬉しい(笑)。

    キラっと光るブログを楽しみにしております。本年も宜しくお願い申し上げます。

  1. YUMIKOさま

    コメントありがとうございます!
    イ・ミンギ君、やっと本領発揮してきましたね。好きな俳優さんなのでちょっとほっとしています。

    カン・ドンウォン君!
    本当にドラマに出演してほしい。悲願です、私の。
    映画もいいけれどもね、長丁場の彼を観てみたい。

    >脚本とヒロインが良くないと言う方が多いみたいですが、
    え?そうなの??
    私は大好きでしたよ。とにかく2人の掛け合いが愛らしくて好き。

    >キラっと光るブログを楽しみにしております。
    が、がんばります!
    今年もよろしくお願いします。

CAPTCHA


最近の記事

comment

カテゴリー

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP