今日のLOVE 花様年華

a0192209_1703244

「雨」というのは欲望と官能を閉じ込める密室だということを教えてくれたのは、
「花様年華」だった。
降りしきる雨の中に閉じ込められた男と女は、
2人だけの世界を作り出す。
まなざしを交わさずとも、手を触れなくても。
降りしきる雨のように、男と女の閉じ込められた空間に、
欲望が降りしきる様子は圧巻。

チャイナドレスの後ろ姿、
トニー・レオンのポマード、
くゆる煙草の煙。
交わることがない視線、
60年代の香港のアパート、街角。
ファイヤーキングのぼってりとした食器にさえ、
滴るようなエロスを感じる。

ヒーラー

Slowing my steps・・・シンイ-信義-9話まで

関連記事

  1. NOT LOVE, but affection 捲土重来

    nothing hurt 約5周年&ブログお引っ越し記念のリトルプレスを発行しました。順次発…

  2. 今日のLOVE 愛なんていらない

    毎年夏がやってくると必ず観る。レイジのあの声が、あのまなざしが夏にな…

  3. 今日のLOVE 水口琢磨

    ミズタクにとってはアキちゃんが「アイドル」ではありますが、彼女が恋愛しても失望はしない。…

  4. NOT LOVE, but affection 第一期予約完売御…

    いつも nothing hurt に遊びにきてくださってありがとうございます!&nb…

  5. このドラマと語り、この人生を想う・・・2015

    1年間の総括を書く「このドラマと語り、この人生を想う」の記事は私にとってとても大好きなシリーズ。…

  6. 今日のLOVE この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気が…

    脚本家のソン・ジナの描く「ヒーラー」も「信義」も守る男というのが大きなテ…

  7. What’s Going On

    以下、どうでもいい話です・・・もはやなんだか…

  8. 今日のLOVE 黒蜥蜴

    虚空を見つめ、愛に焦がれる女。「あなたが生き…

コメント

    • はる
    • 2015年 2月 15日

    yucaさん、こんにちは

    ラブソングで、クールビューティ
    マギーチャンに釘付けになり
    鷹野橋のサロンシネマにて
    鑑賞したのを思い出します。
    トニーレオンもマギーチャンも
    脂の乗ったフェロモンに酔いましたわ

    でも、ワタシ
    明確にストーリーを把握してない
    どういうこと?と思いながら
    劇場を後にした。

    この2大スターの旬に
    出会えたことが幸せでしたよ

  1. はるさん、コメントありがとうございます♪

    >鷹野橋のサロンシネマ
    新しいサロンシネマ、まだ行っていません。ハンズにはよく行くのに・・・

    「花様年華」は非常に心に残る映画ですよね。私も意味が分からない・・・(爆)
    >脂の乗ったフェロモンに酔いましたわ
    まさにそれを楽しむための映画ですよね。

    ぴっちりとしたポマードとチャイナドレスに酔いしれる映画。

    しかし初めて見た時から何年もたった昨年、ずっとプラトニックな関係だと思っていた主人公たちが実は大人の関係だった云う事実を知った、腰が抜けました(爆)
    私は何を見ていたんだって!

    見るたびに気づきがある映画です(爆)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

カテゴリー

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP