menu

走れるかどうかの問題じゃねえ、走らなくちゃなんねえのだ・・・あまちゃん134回

a0192209_21155449「あまちゃん」134回。

 

走るべ、たとえ一区間でも一駅分の往復でもいい。誰も乗らなくてもいい。運行を再開することが使命だ。

大吉さんの意地に滂沱の涙。
非日常に遭遇してしまった私たちの希望が、日常を取り戻すこと。
北鉄の運行、ウニ弁当の販売。
ぎりぎりの精神状態で踏みとどまって、意地を見せる。

 

 
a0192209_2121595

「もう行けない。
怖くて行けない。
アキちゃんが来てよ!」
「ユイちゃん・・・」
「道が無くなってたの。
線路が途中で終わってたの。
ごめん、電池切れそう」

そう言って、ユイちゃんは真っ暗な、暗い、寒い闇の中に消えていってしまう。
ユイちゃんは、なんて、まあパセンティックなヒロインなのだろうか。
彼女の願いはいつも、暗闇の中へと消えていってしまう。
決して抜けられない「トンネル」とは、非常に意味深。
「崖の上のポニョ」など、古今東西「トンネル」は異界への入り口。
異界への「トンネル」とは、「生」と「死」を輪廻する子宮へと通じる産道ってことでしょう。
56回では以下のように考察しています。

アキちゃんだって、もともとは「地味でブスで・・・」だった女の子だったのに、海に潜ることによって本当の自分を見出したのかな。
海底のウニを見つけるように、「本当の自分」を手に入れていく物語でもあるのよね。
海=羊水であり、羊水の中の真実の自分=ウニを手に入れることで、成長していく物語でもあります。
北三陸の海によって、アキちゃんは再び生まれ変わることができたのね。

北三陸の海がアキちゃんにとっての羊水ならば、ユイちゃんにとってはこの「トンネル」が自分を見出すために通らなくてはならない「産道」なのです。
物語が始まってから、ずっとユイちゃんは「トンネル」の向こうの世界を夢見ます。
「トンネル」=産道を抜けれないユイちゃんは、未だに「本当の自分」を見いだせていない。
世界に生まれてきていない。
自分がこの世界にいていいんだ、ユイちゃんの代わりはユイちゃんしかいないんだ、ということがわからない。
成長しないヒロインのアキの周囲が成長する話が「あまちゃん」であるならば、ドラマの帰結は、ユイちゃんが「トンネル」を通り抜ける、ということなのかもと思うのはうがちすぎかしら。
すでにアキの周囲は変化してきているので、残るはユイちゃん。
大吉さんとユイちゃんが二人で「トンネル」の先を見てしまった133回。
まるで大吉さんは、ユイちゃんに謝る様にうなだれていたシーンが印象に残っています。
大吉さんは、だから、ユイちゃんが再び生まれるため=「トンネル」を抜けるために、意地を見せてくれてもいるんだ、と思います。
「走れるかどうかの問題じゃねえ。走らなくちゃなんねえのだ」とは、ユイちゃんに向けた言葉にも思えてきます。

 

 
a0192209_2139391「東北の人間が働けって言ってるんです!」と言われる鈴鹿さん。
なんだかんだと言って、春子と上手くやっているようで。
春子と鈴鹿さん、ユイちゃんとアキちゃん。
合わせ鏡のような存在のヒロインたち。

 

 
■ 身もだえポイント ■
アキちゃんの記憶にいないのは、だ~れだ?(笑)
a0192209_21433132不憫すぎる・・・

ゴーストバスターズ・・・あまちゃん133回

俺は今、岩手県と闘ってる・・・あまちゃん135回(その1)

関連記事

  1. 奈落にいたころが一番面白かったよ・・・あまちゃん…

    種市センパイ~だーっ!前回のあんべちゃんといい、懐かしい面々が東京編…

  2. 俺は今、岩手県と闘ってる・・・あまちゃん135回…

    「あまちゃん」135回(その1)あ~、なんだかミズタクが不憫で。そし…

  3. え~という今週は割とヘビーな幕開けですが・・・あ…

    「あまちゃん」97回。このドラマを観ていると、何回「…

  4. プロちゃんにはなれねえし、なりだぐねえ・・・あま…

    「あまちゃん」147回。いろいろあったけれども、祝★…

  5. いでも気づかねえのに、いねえど気づくもんだなあ・…

    「あまちゃん」155回。もうさ、今抱えている気持ちを…

  6. 地元に帰ろう・・・あまちゃん

    地元に帰ろう 地元で会おうあなたの故郷 私の地元地元 地元 地元…

  7. ナポリタン・・・あまちゃん80~84回

    「あまちゃん」80~84回をざっくり振り返ります♪「…

  8. 水口、泣くんなら外で泣け・・・あまちゃん135回…

    「あまちゃん」135回。ストーブさんを思い出すアキ。彼に対してつれな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

comment

カテゴリー

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP