ここで引き下がる訳にはいかないんです・・・あまちゃん69回まで

a0192209_21221044
「あまちゃん」69回まで視聴。

 
いやあ、本当に面白い。
クドカンの手練手管とわかっていながらも、ストーリーの展開に、小ネタの怒涛のごときツッコミに、あっけらかんとした笑いに、しかしその真髄にはシンとした生きることへの切望さを感じさせられながら、酔わせてもらっています。
たった15分だけれども、本当に笑って、深くて、そして哀しい、生きるって。
東京編で登場する(であろう)GMT47のサワリがほんの少し紹介された69回。
それぞれ、どんなグループなんだか(爆)
これに比べると、「潮騒のメモリーズ」は正統派ご当地アイドルに見えてくるから不思議。

 
a0192209_2134256
ヒロシくん、頑張っています。
しかし、彼の本気もどこか空回りで切ない~
純情と欲望に引き裂かれた男だわぁ。
春ちゃんが東京に行ってしまって、つい安部ちゃんと結婚してしまった大吉さんを彷彿とします。

 
a0192209_2231234
このドラマでは、女性のなんて、強くてしたたかで、軽やかに描かれていることか。
「あまちゃん」の女性たちは、常に何かを求めて、そして飛び立っていってしまう存在なのかもしれない。
男は常に残される存在。
夏ばっぱを残して海原へと旅立つ忠兵衛さんは違うよ、と思われるかもしれませんが、忠兵衛さんは夏ばっぱが飛び立つ姿を見たくないから、先に自分が旅に出るんです。
そんな風に私には見える。
男は意外に土地に縛られていて、女は自由に境界を飛び越え、自分を探しに行く存在のような気がします。

 

 

a0192209_21402780
体温が低い男ミズタク・・・と前回言いましたが、体温が低いなりに本気を見せてくれています。
「僕も本気なんで、ここで引き下がる訳にはいかないんです」(69回)
きゃああ、胸を撃ち抜かれました。
ものすごく低いテンションなので本気なのかと春ちゃんが怒るのもわかりますが、その低いテンションが好き♪
「まほろ駅前」の時の行天には私のハートを撃ち抜かれなかったのに・・・
行天は多田とある意味対の存在でもあるからなぁ。
ミズタクは自分でもどこか熱くなりたい、自分を本気にさせてくれる存在を探している・・・そんな気がして、切ないのよね。
思いっきりアキに振り回されるといいなぁ~と思います。

 
■ 身もだえポイント ジオラマ ■
a0192209_2147204
ジオラマ・・・たしか1回から登場してきておりましたが、まさか66回でそんな風に言及されるとは(爆)
「事件はジオラマで起こっているのではない・・・」
吉田正義(荒川良々)、いいセリフ言うよな~ もうこのセリフも耳について離れない!
「あまちゃん」における春子の立ち位置って非常に難しくて、一歩間違えばいつまでたっても自分が主役だと思っているうざったい思春期を引きずっている母親に見えますが。
そこがいいんだよなぁ~
子供の頃って、40歳なんてすごくオトナでなんでもわかっていて、なんだってできるんだ・・・なんて思っていました。
自分がその歳になると、全然そんなことなくて、何にもわかっていなくて、何にも出来なくて、いつまでも成長しない・・・そんな気がしてなりません。
つまり人間は何歳になってもイタイんだなぁ~ってことがわかってきた。
いつまでたっても少女の頃の傷が心のどこかに引っかかっていて、大人なのに大人になりきれていない中途半端な私を、「あまちゃん」を見ていると見つけてしまいます。
だから春子のイタさも、美寿々の惚れやすさも、安部ちゃんの純真さも、かつ枝さんの計算高さも、ダンプ(爆)の遠慮なさも、花巻さんの毒舌も、全部自分の中にあるんだよなぁ。
そんなことを「あまちゃん」観ながら思っています。
まさに若さと渋さの狭間で揺らいでる、昭和世代への応援歌でもあるわけよね。

急にスピンかけられても泣いたことがなかった・・・あまちゃん63回まで

おかあさん・・・あまちゃん70・71回

関連記事

  1. アイドルが存在する限り追いかけるのが男でしょ!・・・あまちゃん1…

    「あまちゃん」132回。「とうとう来たね」「うん。とうとうって程でもねえ…

  2. うるせえし論点ずれてる。なんだ100万倍の男って、バカか・・・あ…

    「あまちゃん」125回。アキちゃんの中では、食欲が何にもまして勝る・・・ということがわかった12…

  3. ミズタク・・・あまちゃん122回(その2)

    「あまちゃん」122回その2。あ~、やっと萌え心がちょっとおさまった(笑)…

  4. いでも気づかねえのに、いねえど気づくもんだなあ・・・あまちゃん1…

    「あまちゃん」155回。もうさ、今抱えている気持ちを表現するのに言葉が追いつ…

  5. 足はこう、生まれたての鹿みたいな感じ・・・あまちゃん126回(そ…

    「あまちゃん」126回その3。どうしてこんなに毎回15分の内容が濃いのかしら…

  6. あんたも北へ行くのね・・・あまちゃん144回 その2

    「あまちゃん」144回その2。辞表に中身がいることを知らなかったミズタクに衝…

  7. おら、このシーンが好きだ!・・・あまちゃん

    「あまちゃん」の忘れられない名場面、名セリフ、名演技・・・無理を承知で「3つ」挙げてみる。「…

  8. あはは、駄目だ笑けてきた・・・あまちゃん117回

    「あまちゃん」117回。人生…

コメント

    • IVY
    • 2013年 6月 20日

    SECRET: 0
    PASS:
    yuca様、画像も本文もすごい濃密ですね

    キャラ達がきちんと世界を持っていて大なり小なり傷を抱えてたり
    弱さやずるさもあって本当に愛おしいです

    アキは足が震える位に東京が嫌いで怖かったのに頑張ろうとして
    真っ直ぐに逃げずに向き合おうとしている
    台風の目のように皆を巻き込みながら中心のアキは穏やか~な
    無風地帯に見えてしまうんだけれど(苦笑)
    人を引き寄せる磁力が強力なアキだから皆がつい助けたり協力しちゃう

    前後の脈絡がないのですが。。私は日々イタ過ぎる過去に苛まれて
    時間を無駄にしている自分が嫌いで好きになれないのです

    でも、あまちゃんやyuca様のブログを拝見していると
    小さすぎる自分でもいいんじゃないか、自分を認めてあげよう、
    そういう気持ちになれます

    ありがとうございます

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ♪IVYさま、いつも本当にコメントありがとうございます♪

    >私は日々イタ過ぎる過去に苛まれて
    いやいや、私もかなりイタイですよ。
    しかもブログで超イタイ感じの妄想や感想などを、つらつらと述べているので、日々羞恥の連続です。

    王様の耳はロバの耳じゃないけれども、地面を掘って思いっきり過去の自分の所業を叫びたいのですが(笑)

    >自分が嫌いで好きになれないのです
    わかります。
    でも、最近、私ぐらいは私を好きでいてあげよう・・・と思うようになりました。
    私はIVYさまのコメント大好きですよ~
    なんだかいただいたコメントを拝読しておりますと、心が暖かくなります。
    毎回、コメントに勇気づけられるし!
    だから、私こそありがとうです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

カテゴリー

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP