ナポリタン・・・あまちゃん80~84回

「あまちゃん」80~84回をざっくり振り返ります♪

 
「あまちゃん」80回。
a0192209_20491392
「わかったようなこと語んな!
ユイちゃんは来る!絶対来る!
そんな簡単に諦めねえし、弱くないし、中途半端なことはしねえ!」
種市センパイに詰め寄るアキが印象的。挙句の果てに
「おらの初恋の相手はこんなちっちぇえ男だったのかよ」と切り捨てる。
まさにかっけ~シーンでした。
アキちゃんとユイちゃんを見ていると、なぜか「走れメロス」を思い出してしまいます。
この二人の間には、他人には伺い知ることのできない絆があります。どんな状況になろうとも、切れることがない。
この絆があるからこそ、アキは東京で独りで闘えるのです。ユイが来るまでは何が何でも東京でがんばるのでしょう。
「あまちゃん」81回。「jojoの回」(爆)
a0192209_20562646嘘でもアキを「めんこい」と言えないミズタクに爆笑~ 何気に後ろの「まったり茶」が気になります。
a0192209_20563248マメりんのスキャンダルに笑みをこぼすアキ。かませ犬で利用されちゃったけれどもね。
こういう部分を見せるところがこのドラマはすごいなぁ、と思います。
アキも自ら「なんちゃって東北人」と言っているように、東北なまりで擬態していますし、北三陸編での純朴な海女さんのイメージ演出をしていますが、芯は強い。
柳の枝のように、しなやかでしたたか。
a0192209_20563942爆笑~~
どこかで聞いたことがある文面だわ。
しかも「ゴルフのミュージカル」って「テニスの王子様」のパクリですね♪
「あまちゃん」82回。
a0192209_2104662ついにブティック今野デビュウの春子(笑)
a0192209_2105381

a0192209_211063
「そういう姿、ユイちゃんはおらに見られだぐねえはずだから。
おらも見だぐねえし。
つれえけど聞かなかったことにする」
「励まして、立ち直らせてやるのが親友でねえのか?」
「親友でも緊張感は必要だ。
ユイちゃんは常におらの先を走っててもらいでえんだ」
「緊張感」まさにこの一言が、アキとユイの関係性でもあるんでしょうね。
決して慣れ合わない二人。しかし共に同じ道を歩いていこうとする二人。
種市センパイからユイの近況を聞いた時、アキは「じぇじぇ」と言いませんでした。
それはユイが心折れたことを信じていないから。
それはユイが絶対東京に来ると信じているから。
まるでメロスが来ることを知っているセリヌンティウスのよう。
都会のイルミネーションの中、ユイが東京に来ることを世界中でただ一人信じているアキ。ユイが来るまではアキは暗闇の中で待つしかないのです。
種市センパイの胸を衝かれた表情が印象的。
「緊張感」という関係性の中には、種市クンは立ち入ることができないのです。彼が立てない高みを少女2人は登っていこうとしているのです。
「緊張感」があるからこそユイは立ち直ることができるのかもしれません。

 
「あまちゃん」83回。
a0192209_21103942

a0192209_21105099

a0192209_2111045
第14週の山場。
私の大好きな久世光彦氏はホームドラマの定義を「食卓」としていました。
そして「あまちゃん」でもやっぱりそのセオリーを外さずに、「食べ物」を登場させます。
このドラマでも、誰かの傷ついた心が癒される象徴は「食べ物」なんです。
失恋した時に食べた「辛いときも。お腹はへるんだよね〜、焼きそば食べると、歯に青海苔がつくんだよね〜」の「焼きそば」、家出する電車に乗って食べる「ウニ丼」、母娘の25年来の和解の夜に食べた「うどん」。
そして「ナポリタン」
食べたくて食べるんじゃないんです。
一口、一口、飲み込むことによって、自分の傷ついた心を飲み込んでいくのです。
哀しみを飲み込んでいくんです。
そしてチーズをかけてやる男たち。
泣けました。
■■■
83回は盛りだくさんで、「女優論」も語られていました。
「女優論」では鈴鹿ひろ美とアキが同じ立場の人間だということが描かれる。
ユイと春子が同じ立場の人間であるのと同様に。
なまっているのはWアキという、抱腹絶倒な突っ込みの中で、アキは問う。
「一人ぐらいなまってたっていいべ。
TVだからってみんながみんな、同じ言葉喋んなくたっていいべ」
そして訛りが無くなれば、北三陸の皆が悲しむので訛るんだと、自分の存在理由を、まっすぐなまなざしで鈴鹿に語るのだ。
「そしたら鈴鹿さんはなんのために女優やんだ」と。
この問いかけに、鈴鹿ひろ美が答える時、それがおそらく25年前の春子、太巻、鈴鹿の因縁が解かれる時なのかも。
「あまちゃん」84回。
a0192209_21235443
14週の山場は83回で、84回はむしろ第15週のための予告編のよう。
「最後の一人までGMT」だと言っていたミズタクですが、国民投票で6人解雇っていいんですか!?
あんまり焦燥感を感じないよな~、ミズタク。
ですが、人間、出身県争いになると、どうしてあんな瑣末なことで争っちゃうんでしょうか。
私にも覚えがあります。いや、別にはなわが瑣末と言っている訳ではないんですけども(笑)
a0192209_212416
太巻氏と春子のカンケイは?
気になる~
春子、早く手紙の続きを書いてアキに渡して下さいな!
a0192209_2124816
どうなる、GMT!? 15週につづく。

そうかそうか、遠距離恋愛続行中か・・・あまちゃん79回

GMT6来年必ずきますよ・・・あまちゃん85回

関連記事

  1. 暖簾に、暖簾に・・・押し寿司みでえな!・・・あまちゃん145回

    ■ 「あまちゃん」145回 ■ドラマも終盤に入るのに、たたみかけてくるような展開。終着点…

  2. いでも気づかねえのに、いねえど気づくもんだなあ・・・あまちゃん1…

    「あまちゃん」155回。もうさ、今抱えている気持ちを表現するのに言葉が追いつ…

  3. 俺は今、岩手県と闘ってる・・・あまちゃん135回(その1)

    「あまちゃん」135回(その1)あ~、なんだかミズタクが不憫で。そして、種市センパイとの会話…

  4. また一人、飛べない鳥が北三陸に逃げていった・・・あまちゃん148…

    「あまちゃん」148~150回の感想。クランクアップで「苦節19年、やっと代…

  5. あまちゃん

    あまちゃん (2013年 日本NHK)■演出:井上剛、吉田照幸、梶原登城ほか■脚本:宮藤官九…

  6. おかえり。面倒くさいユイちゃん、おかえり・・・あまちゃん146回…

    「あまちゃん」146回 その3。いやあ、本当に神回です。GMTメンバー総…

  7. ここで歌うの、それが、おらに出来ることなの・・・あまちゃん151…

    「あまちゃん」151回。■ 天野春子最強伝説 ■「そりゃおめえ、春子は北…

  8. GMT6来年必ずきますよ・・・あまちゃん85回

    「あまちゃん」85回。あれ、いつの間にかGMT6で売り出すことになっちゃ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

comment

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP