キングダム S1


キングダム S1 Kingdom 全6話 (2019年 韓国 Netflix)

■脚本:キム・ウニ
■演出:キム・ソンフン
■キャスト:
チュ・ジフン(イ・チャン)
リュ・スンリョン(チョ・ハクチュ)
ペ・ドゥナ(ソビ)
キム・サンホ(ムヨン)

舞台は15~16世紀朝鮮王朝時代の韓国。戦乱で疲弊し、政治は腐敗、民を飢えに苦しんでいるという時代に感染した者を化け物に変えてしまう謎の病が流行する。時を同じくして権力者チョ・ハクチュ(リュ・スンリョン)によって反逆者に仕立て上げられたチャン世子(チュ・ジフン)は、民衆を救うため謎の疫病の謎を追い旅に出る。

 

ゾンビものは、本当に大好きなのです。震えるくらい。息をのむくらい。
ゾンビという形をとった、世界の不条理が自分を襲ってくるという恐怖。
韓国のゾンビはどうしてこんなに足が速いのでしょうか、「新感染」といいこの「キングダム」といい。
しかも「キングダム」のゾンビは「飢餓」の象徴。
国の荒廃と天候の不順により、食物がない現状。
カニバリズムによって民衆がゾンビになってしまったなんて、しびれるくらい設定がうまい。
襲ってくるゾンビとは、すなわち圧倒的な飢餓感なのですよね。
生き物が生存している以上、抗えない欲求のひとつ飢餓。
もっと欲しい、もっと欲しい、もっと、もっとという欲望。
決して満たされることがない欲望。
飢えはすべてを凌駕する。愛も正気も、常識ですら。ただ欲望だけに支配された国。

 

 

 


とにかくひたひたと襲ってくる恐怖がなんとも心地よくて(!)、あっという間にシーズン1を視聴してしまいました。
映像のクオリティは高いし、音楽も怖い。スリル、スピード、サスペンス。惜しむらくはS1が6話しかないって、短くないですか?
物語はやっと序章。ここから物語が始まるというクリフハンガーで終わる。
なんだか消化不良なもやもや感を抱いています。
S2の撮影が始まったらしいけれども、また1年待たなくっちゃいけないの?
クリフハンガーな終わり方はアメドラの定石ですけれども、シーズンの話数が短すぎます。
このドラマの唯一の欠点。

 

 

 


世子さまの成長物語でもある「キングダム」
王家の陰謀、政治闘争、権力喪失、何よりも飢餓。
互いに互いを喰い散らかすこの絶望的なこの世界に、世子さまはどう立ち向かっていくのだろうかというビルドゥングスロマン。
S1でははじめてこの世界と向き合い、自分が守る民衆の存在を知り、自分の無力さを知り、自分の愚かしさを知り、打ちのめされよろよろと立ち上がる姿を描いている。
ゾンビに象徴されるのは人間の悪意のパンデミックであり、利己主義的な思考の伝染でしょう。ゾンビに襲われながらの世子様の気高い成長物語に期待。

 

 

 


ゾンビという呪いを国に巻き散らかしながらも、息子を世子さまに殺されたというあまりにも身勝手な個人的な憎しみをさらに加速させ国を混乱に陥れるチョ・ハクチュ。
ゾンビより怖いのは、実はこうした人間の悪意ではないだろうか。
ゾンビの襲撃を受けながら生き延びた少女が、あっけなく人間の悪意によって死んでいく。
富と権力、腐敗と貪欲。
愛や正義さえも凌駕してしまうこの世界の黙示録に、どう立ち向かっていくのだろうか、世子さまは。

 

 

 


ソビの活躍はS2からとのこと。
どの登場人物も、まだまだ裏の顔がありそうで。
この国のゾンビもどうやら今回が初めてではないようだし・・・
すべては次のシーズンに。
明けない夜はない。

 

 

まあ、しかし夜が明けても平穏が訪れるとは限らないけれども・・・

To Be Continued.

★★★★

相関図30話まで・・・鳳凰の飛翔

今日のLOVE チャック・バス

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

comment

カテゴリー

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP