今日のLOVE 水口琢磨

a0192209_19224993

ミズタクにとってはアキちゃんが「アイドル」ではありますが、
彼女が恋愛しても失望はしない。
なぜなら、彼女が自分を愛することを求めているのではなくて、
彼女と共に同じ目標に向かって突き進んでいく、彼女が誰よりも自分を必要としている、
ということにこだわるから。
恋愛よりも深い関係を求めているから。
アキちゃんが自分の元から去ろうとしたら、追って追いすがって、かき口説く。
北三陸にコート一枚で駆けつけたあの時のように、ハートフルをやめたあの時のように。
東京を捨てて、北三陸に走っていったあの時のように。
アキちゃんが彼の人生にいないと寂しくって仕方がない男なんです。
でもそれが分かっていない。
恋愛感情も求めていない。
そんなところが始末におえないなぁ・・・なんて、感じています。
そんな自分が分かっていないミズタクにメロメロ。

 

 

 

祝★「あまちゃん」再放送。

君の泣き顔を見るまでは・・・黄金の帝国20話まで

黄金の帝国

関連記事

  1. 引っ越しがこんなに大変だなんて・・・

    2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、狂ったようにモリモリ更…

  2. more drama 18・・・山は登るだけではない

    ブログをずいぶん放置しておりまして、スミマセン。もう皆さまからこんなブログの存在を忘れられて…

  3. 今日のLOVE  Time to Love

    太平猴魁雨上がりの青い空白地に花と蝶の絵犬が好き 猫は好まぬ酒と唐辛子も苦手だ…

  4. 今日のLOVE リエゾン・ダンジュール

    恋愛小説で、何が好きかって訊かれたら、ラクロの「…

  5. リトルプレス続報

    リトルプレス「NOT LOVE, but affection」の進捗状況。&nbsp…

  6. それすらも日々の果て

    「世界をランドスケープする」なんてご大層なキャッチをつけているくせに、世界からエスケープしそうな…

  7. 今日のLOVE L’ Amant

    全ては「お金のため」と思いこんでいた少女が、倦怠と頽廃が入り混じった少女が痛々しい。肉欲から…

  8. 今日のLOVE 花様年華

    「雨」というのは欲望と官能を閉じ込める密室だということを教えてくれたのは、「花様年華」だ…

コメント

    • ずっと、FANです。
    • 2015年 4月 06日

    ズルイわ、ユカさん。
    ミズタクでワクワクしつつ、ひっそりと愛のコリーダ?
    あなた様の視聴偏差値、高すぎます・・・・。

    この時間軸のひずみと、濃さ。 
    その陰で、せっせと、眉芸サマを追いかけて。
    ハリーでは無い僕ちゃんの、星から来たドラマを追いかけているファンも、居りましてよ~。

    見捨てないで~!!

  1. FANさん、どもども~♪

    >あなた様の視聴偏差値、高すぎます・・・・。
    いえいえ、FANさまの足元にも及びませぬ。
    いつも高度な見解をご教示くださるあなたさまについていくのが必死で(爆)

    もっと振り幅が大きいブログだと読み応えがあるのでしょうけれども、結局結論はひとつなんですよね。
    登場人物たちのアイデンティティについて思考し、世界との関わりを模索する。
    馬鹿の一つ覚えです。

    「星から来たあなた」もいいなぁ~
    これも愛に落ちることで自分の存在をひっくり返して生きていくというお話ですもの。
    「愛のコリーダ」もそう。
    性を通しての、自分の存在を世に問いかけていくという物語。
    こういうお話が好きなんです。
    ミズタクもそう。

    • 匿名
    • 2015年 4月 07日

    @いつも高度な見解をご教示くださる。。、
    ホンマに、何を仰いますやら。その裏で、あの図をせっせとご返信くださる方が、コノヤロ。だから好きです。

    ところで、ミズタク。
    さすが、ユカ様・・。 この高視聴率ドラマを、ミズタクを主軸にご覧になっておられましたか・・。

    私は放送当時、クドカンを信じ切れず。
    宮本信子とテッタ君で乗り切るのよ!私!と、呪文を掛けました。
    が、優作の息子が、朝ドラに、ご登場!これはもう、視聴率0.1%になっても、突いて行くわ!と、世間様の評価も知らず、独り言ちておりました。

    で、てっきり、ヒロインの彼氏になるのかと思いきや、クドカン憎いわ。

    寿司屋の裏で、恋人になった先輩への、ミズタクのネチネチ尋問。
    15分のドラマとは思えない、10分近い長回しで、ジクジクと追いつめる、あの回。
    理不尽な正論を貫き通した、傑作でしたね。

    そういえば、水野さんを追いかけて、ユカさんに辿り着いたのが、あまちゃんの頃だったなあ・・。
    あのクールな言葉を紡がれる方から、
    あの衝撃図を、ご返信して頂く日が来ようとは・・・やるなあ、わたし。

  2. FANさん、どもども~♪

    あははは、しょうこ画伯の衝撃から立ち直れませんよね。あの絵を見た後では「スベクヒャン」の絵なんかお子様に思える(爆)

    >寿司屋の裏で、恋人になった先輩への、ミズタクのネチネチ尋問。
    好き好き大好き!
    好きが高じてあまちゃんはフィルムコミックまでブログで作っていますもの、私。

    最初の1カ月は挫折しそうだったのですが、ミズタクが登場したとたんドラマの奥行きが出ましたよね。
    かっこよかったなぁ。
    みすずさんには男女の関係になって車まで貢がせたくせに、あきちゃんに対しては全然恋を自覚していないミズタクが好きです。
    ミズタクを語らせるとね~、キリがないよ、私。

    水野さんにもどことなく似ているのかもしれません、ミズタク。
    冷たさと厚さのバランスが。

    藤さんやらミズタクやらしょうこお姉さんやら、好きな人がたくさんいて困ってますよ。

    • FANです。
    • 2015年 4月 09日

    @冷たさと厚さのバランスが。
    ああ、ユカ様。。、もう本気で、笑い死にさせるのを、死守したい。

    ミズタクの、カッコいいけど、何かが厚ぼったくて、イケてない。ベクトルの方向すらミスマッチ、これぞミズタク!!

    彼に口説かれたら嬉しいけど、翌日には涛のように何かを後悔させそうな、あの威圧感。
    あれは、何だろう?

    アキちゃんの、被災しなかった疎外感と焦り。
    誰よりも感じ取れたのに、その思いやりを、恋に昇華できない、あの痛ましさ。彼のそこに、グッと来たのを、冷たさと厚さの言葉で、思い出しました。

  3. FANさん、コメントありがとう~♪

    >ミズタクの、カッコいいけど、何かが厚ぼったくて、イケてない。
    いや、ほんと。
    最初敏腕マネだと思っていたのに、全然何にも分っていないお子さまだった。
    アキちゃんの方が大人びて見えたりしてね、ミズハグのシーンなんかで。

    >彼に口説かれたら嬉しいけど、翌日には涛のように何かを後悔させそうな、あの威圧感。
    ミズタクの怖さは、あっさりと何もかも捨てそうなところかな。
    愛も安定も仕事も。
    ちょっとスナフキンな感じがします。
    ああいう男に惚れたら、やけどしちゃいますね(爆)

    • FANです。
    • 2015年 4月 12日

    ミズタクとは、正反対なオトコ、藤さん。
    ご存知でしょうか?来週のAスタジオのゲストだそうです。
    ああ、ツルベ、今こそ、あなたの下世話さを、遺憾なく発揮してね、お願いよ。

    優作、ご長男の、斜に構えたトークもムフフとさせますが。藤さんの、照れ屋でヤンチャな、素のトークって、身も心も蕩けさせます。

    4/17金曜、TBS、23時です。
    あ、NHKドラマ見ました。で、火野さんも出てます、もう、お分かりでしょうが。
    この二人のシーン、極・日常の場面でしたが、エロさが尋常では無かったです。65歳を過ぎても恋愛対象になる男性の危険度を痛感しました。

    もし録画再生なさるなら、黄昏どき以降の時間帯が良く似合うドラマです。

  4. FANさん、コメントありがとうございます♪

    >この二人のシーン、極・日常の場面でしたが、エロさが尋常では無かったです。
    見ました、観ました!ノックアウト。
    藤さんが作る朝食、なんて淫靡なんでしょうか。
    食と性は限りなく近しいですものね。

    藤さんしか見ていなかったので、ストーリーが全然頭に入らない(笑)
    まさか藤さん主演のドラマが見れるなんて、見れるなんて、やっぱりNHK、あなどれません。

    「あまちゃん」も「ロンググッドバイ」も「その街のこども」もNHK。
    良質なドラマはこの国営放送にかかっているのか?

    >もし録画再生なさるなら、黄昏どき以降の時間帯が良く似合うドラマです。
    悲しくなるくらいの漆黒な闇の中で視聴しました(笑)
    だって大人の悦楽ですからね。

    >4/17金曜、TBS、23時です。
    了解です!

    • FANです。
    • 2015年 4月 14日

    朝食!!本当に、おこぼれにあやかりたい。
    なんで、藤さんがご飯を粗食する姿って、エロいのでしょう?
    上品な食べ方をしても、ガツガツ召し上がっても、セリフが全く入ってこないぐらい、見惚れます。

    因みに、ユカ様。
    アホな私は、藤さんのおでこポンが、して欲しくて、して欲しくて。
    身近にいる、あの年齢のオッちゃんに、意味なく。おでこにポンて、やって下さい。と、ねだりました。目をつむって・・。
    それなりに、堪能しました。ええ、ええ真正のアホでっしゃろ。
    こういう時、コイツは本気でアホだと、知れ渡っていると。
    何故?それをするのか?何の意味なのか?と、一切質問されることなく、すんなり変態行動に付き合って頂けるので、ありがたいです。

  5. FANさん、コメントありがとうございます~♪

    >身近にいる、あの年齢のオッちゃんに、意味なく。おでこにポンて、やって下さい。と、ねだりました。目をつむって・・。
    きゃああ、羞恥プレイです。訳もなく私までドキドキしちゃったじゃないですか。
    理解のある周囲の方々でよいですよね~
    ノリのいい人って大切ですものね。

    藤さんが元気で嬉しい木曜日です。

    • 緊急!!FANです。
    • 2015年 4月 24日

    ユカさ~ん!!間に合うかな?
    今日の20時からのピッタンコカンカン。藤さんですよ~!
    タケシ映画の番宣だそうですが、忙しそうで嬉しいわ。

  6. FANさん、どもども~♪

    ばっちり録画よ。
    最近「ジジイ」の番宣で、こちとらも録画で大忙しです。

    >忙しそうで嬉しいわ。
    なんかね、第6次(?)藤さんブームがやってきています、私の中で(笑)

    映画は手に入れることができるのだけれども、昔のドラマのDVDなどがないからね。残念でなりません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

comment

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP