雪の女王

a0192209_1531340
雪の女王
切なかったなあ。
涙でうるうるしながら観た。号泣とまではいかなかったけどね。
何がよかったのかなぁ・・・
映像、音楽、俳優、ストーリー・・・
アンデルセン童話を下敷きにした韓国ドラマで
画期的だと思ったのは、ヒロインが
誇り高くて、高慢で、傲慢で、美人で、なんでも持っていて、でも寂しくって孤独。
雪の女王をヒロインに持ってきたところ。
でも、ボラが雪の女王だったのに途中でいつの間にか
ゲルダになぞらえられていたのでハテナ?だったわ。
雪の女王の心が解けていく様が面白かったのに。
カイがゲルダではなく、雪の女王を選んだ
その心の孤高さがいいのになぁ。
脚本の設定がぶれているよね。
ドックの少しうつろな瞳もいい。
ボラの、常に自分を傷つけていくような傲慢さもいい。
傲慢さのうらに、血を流している、絶望的な響きが、小さな女の子が見えるのがいい。
孤独な2人のボーイ・ミーツ・ガール。
生きていくって切ない、そんなことを感じさせるドラマでした。

可哀想だた惚れたてことよ

関連記事

  1. 可哀想だた惚れたてことよ

    雪の女王がカイに言ったんだ人はみな私を憎む誰も友達になる人はいない私にあるのは冷たい雪と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

comment

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP