俺はこの手を離さない・・・ただ愛する仲12話まで


韓国ドラマ「ただ愛する仲」(JTBC版)12話まで視聴。

 

 

相反する顔を持つ男が好きだ。
ふてぶてしいかと思えば、繊細で。
世故に長けているかと思えば、みずみずしい少年らしさをのぞかせる。
冷淡なくせに、情深く。
ひとり孤高をたもち他人との関わりを拒絶するかと思えば、誰よりも情愛に飢えている。

 

そんな男。
イ・ガンドゥ。

 

 

 


「俺は確かに行けと言った。今行かなければ、俺はこの手を離さない」

ハルモニを失くした悲しみに打ちひしがれるガンドゥに手を差し伸べるムンスに対して振り絞るような声で彼は告げる。
そうだよなぁ。
今までどんなに悲しみの中にいようとも、独りで生きてきたガンドゥに手を差し伸べるということはそういうことだ。
彼の人生を背負うということ、寄り添うということ。
悲しみを表すすべを、泣くことを自分自身に禁じたガンドゥ。
なぜなら彼はデパート崩落事故の被害者でもあり、加害者(だと思われている男)の息子でもあるから。
悲しむことができないガンドゥは、自分の体を酷使したり傷つけたり、他人の代わりに殴られ続けることでしか生きている実感を得られない。
死なないために、満身創痍になることを選ぶ、そんな生き方。
まるで泳ぐのをやめたら死んでしまうサメのように。

 

 

ハルモニを失う悲しみに押しつぶされそうになりながら、ハルモニの残した宿題をひとつひとつ片づけることでかろうじて生きている、そんな状態。
そんな身も心も、どこまでも堕ちていきそうなガンドゥに手を差し伸べるということは。
彼を、彼のすべてを引き受けるということ。
悲しみも苦しみも、喜びも、涙も笑いも。
ムンスの手を握り締めるガンドゥは、もはやムンスなしでは生きていけない。

 

 

 


ぶっきらぼうな顔、冷たい顔、怒っている顔、悲しみをこらえている顔、やるせない顔、様々な顔の中から時折のぞかせる少年のような、不安そうな、柔らかな優しいガンドゥ顔のギャップにときめく。
ムンスの手を握った後のガンドゥの顔が1話とは全く違うことに驚く。
もろく、繊細で、ナイーブで、何よりも幸せそうで。
しかし物語はここでは終わらない。
ここからさらにガンドゥを悲劇が、苦難が襲うのだろうなぁ。
なんだか病気やら、事故やら、いろいろフラグが立ちそうな気配。

 

 

 


ムンス演じるウォン・ジナは新人とのこと。
手垢のついていない新星だからこそのムンスの初々しさ、素朴さが醸し出されるのだろうな。
そんなにカワユイ女優さんだとは思わなかったのですが、ガンドゥがしきりに「小さくて可愛い」を連呼するものだから、私の目にも可愛く見えてきたという不思議。

 

 


ジュノくんのスーツ姿に胸がときめく私。
これはもう、俳優のジュノに完オチですね。
御贔屓の役者さんになりました。
移ろいやすい私の乙女心ですが、俳優のジュノの手を離さないよ。

 

 

今日のLOVE 君を好きになんてならない

関連記事

  1. Opening My Eyes・・・ただ愛する仲

    韓国ドラマ「ただ愛する仲」(JTBC版)10話まで視聴。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

カテゴリー

follow Me

today’s pick up!

リトルプレス

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」

PAGE TOP