Opening My Eyes・・・ただ愛する仲


韓国ドラマ「ただ愛する仲」(JTBC版)10話まで視聴。

 

 

サッカー選手を夢見てきたガンドゥは、突然の事故で父を失い、怪我した足によって夢も消えてしまった。頼りになるコネも、学力も、特別な技能もないガンドゥは自然に路地裏で生活することになり、ただ耐える人生を生きて行く。しかし自分とは違い、痛みを隠したまま日常を懸命に生きるムンスに出会い、ガンドゥは少しずつ変わっていく。

 

「キム課長」でも絶品の演技を私たちに見せてくれたジュノが主演。
アイドルなんてこれっぽっちも興味はない私の胸倉をつかんで離さない、ジュノの魅力は何なんだろうとずっと考えながら視聴しています。
演出は私の大好きな「優しい男」や「普通の恋愛」のキム・ジンウォン、脚本は「秘密」のユ・ボラ。
これは見るしかないですよね。噛みしめるように、噛みしめるように1話、1話大切に視聴してきました。
このドラマは語ってしまったら、何か大切なものが私の中からこぼれ落ちてしまいそうで、ブログにも感想を書かずに噛みしめるように見ていました。
「優しい男」のように変にドラマチックにひねくれることもなく、「秘密」のようにアクロバティックでもなく。
ゆるやかに、静かに、心の中にしみ込んでいく、そんな大切なドラマ。
その昔、「太陽がいっぱい」という視聴率が惨憺たるドラマがあったのですが、少しテイストが似ていると感じるのはOSTを同じZittenが歌っているからなのか。
曲に引きずられるように、海の奥底に潜っていくようなそんな感じを抱きながらこのドラマを視聴しています。
どちらにしてもダウナー系。
登場人物たちの心に、静かに寄りそおうと、深く深く。
ドラマの世界の中へ。
映像もOSTも、演出も俳優も脚本もいい。

 

 

 


ボーイ・ミーツ・ガールの始まりは、お決まりの「傘を差しだす」から。
私の中の法則で傘を差しだすってことは、惚れたってことなのです。
恋の始まりなのですから。
物語の始まりの、デパートの崩落事故は1995年の502名の死者を出した三豊百貨店崩落事故がベースとなっている。
あるいはセウォル号事故をも思い出す。
生き残ってしまった・・・そう、生き残ってしまった私たちはどう生きていくべきなのかがテーマ。
ある日突然亡くなってしまった人たちへの想いで押しつぶされそうになりながら、生き残ってしまった慚愧の念に苛まれて、それでも生きていかなくてはいけないという人たちの物語。
同じ心の欠落を持ったガンドゥとムンスが再び出会い、心惹かれていくのは必然。

 

 

 


ガンドゥを見ているだけで涙が出てきそうになる私。
社会の底辺でふてぶてしく生きていながら、その心は柔らかく純粋で、誰よりも優しく、誰よりももろい。
満身創痍の彼を見ていると、肉体だけでなく心も傷だらけのガンドゥを見ていると、泣けてくる。
喪失感に押しつぶされそうになりながら、必死で生きていく。
ガンドゥは自分の悲しみだけではなく、全ての悲しみを自分の中に受け入れようとするそんな人間。
ぶっきらぼうな態度の裏で、傷つくのは自分だけでいいと、人の幸せをそっと願うそんな男。

 

 

 


2番手役のジュウォンはイ・ギウ。
彼を見ていても胸が痛くてね。色々な意味で。
イ・ギウには報われない役がよく似合うのだけれども、毎回報われないので切なくなってくる。
ジュウォンもデパート崩落事故の加害者の息子ということで人生が一変。
住んでいる部屋も真っ暗で何もない部屋で、まるで牢獄のよう。
彼もまた抱えきれない喪失に苦しんでいるのだ。
誰一人、幸せな人物が登場しないのが「ただ愛する仲」
「愛する」ということがこんなにも難しいなんて。

 

 

 


自分の悲しみだけ見つめないで、ふと目を開けたらそこに愛する人がいる。
その人をただ愛するだけが実は一番難しいの。
そんなことをしみじみと感じさせてくれるドラマ。
ガンドゥのチンピラのような、世慣れた老人のような、何もかも諦めきったまなざしの陰からふとのぞかせる、瑞々しい少年のような、そんな瞬間を私は愛してやまない。
ムンスを見つめるガンドゥのまなざしは、いつも初々しく、みずみずしく。
演じるジュノのすごさに、脱帽。

 

 

 


前髪をあげると「キム課長」のソ・ユルの面影を見出して胸がきゅんとする。
前髪を下ろしたら少年でね。

 

 

キム課長

今日のLOVE 君を好きになんてならない

関連記事

  1. 俺はこの手を離さない・・・ただ愛する仲12話まで

    韓国ドラマ「ただ愛する仲」(JTBC版)12話まで視聴。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • テヤン
    • 2018年 5月 07日

    yucaさーん、こんばんは♪
    このドラマ、衛星劇場で放送中なのですが…
    私、残念ながら、見てないんです(ToT)
    ほら、ろうやぼーとか、麗姫と始皇帝とか、ミーユエとか、華流ドラマの3本立てで、視聴するのが一杯なんです←ほら、とか言っちゃってミアネヨ(/o\)
    ジュノ君、演技派なのですね?
    yucaさん、ご推薦なら、一挙放送で見るしかないかしら(笑)

  1. テヤンさん!!!!

    コメントありがとうございます。
    確かに忙しいですよネ、それだけ視聴していると。
    しかもどれも長いしw~

    「ただ愛する仲」、私は好きですよ。まったりしすぎるかもしれませんが。
    ちょっと一昔前のロマンスっぽい感じ。
    まったくノーマークだったジュノ君の演技に酔いしれています。

CAPTCHA


最近の記事

カテゴリー

follow Me

today’s pick up!

リトルプレス

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」

PAGE TOP