それが僕の世界なので・・・キム課長12話まで


韓国ドラマ「キム課長」(DATV版)12話まで視聴。

 

 

キム課長のトリックスターぶりが愉快、痛快、爽快なこのドラマ。
キム課長を媒介として様々な人の素顔が描き出されるのが面白い。
キム課長自身も自分の素顔と向き合わなくてはならなくて。
9~12話にかけて自分のふがいなさを知り、それでも支えてくれる人たちのありがたさを知り、失いたくないものを知り、自分を受け入れることを知ったキム課長。
あまりキム課長が苦しむ姿は見ていたくなくて、ゴーカイにどすどすと理不尽な社会を闊歩して、その虚飾をはぎ落すエピソードで胸がすっとする。
「キム課長」がヒットしたのも、きっと韓国の理不尽な社会への反駁なのでしょうね。

 

キム・ソンニョンに関わることによって、ソ・ユルの色々な表情が見えてくるのがたまらなく面白い。
ユン代理がユルに問う。
「どうして苦しい道を歩むのか。敵を作って争うのが当然だと思うのか」と。
「それが僕の世界なので」とユルは淡々と答える。
ユルの生きる世界と自分の生きる世界が違うのかと重ねてユン代理がユルに問いかけるシーンが好きです。

生きている空間が同じでも、生き方が同じというわけではありません。
こういう気持ちは知らないでしょう、
他人より一歩、一歩だけでも前に出よう。
でもそれが二歩、十歩になると結局見渡してみると世界には僕一人しかいない気分。
気づくともう止まれなくなっているんです。
これからもユン代理が嫌うようなことを僕はするでしょう。
その時はもう止まることができないんだ、そう思ってください。

人よりちょっと先を目指しただけなのに、振り返ると彼の世界には誰もいないという荒涼感に私は打ちのめされる。
ユルの世界はなんて寂しいんでしょうね。
決して悪人ではないのです、ソ・ユルは。
誰もいない世界の中で、彼がやらねばならないことを淡々とやっているだけで。
闇に沈んでいきそうなユル。

 

 




キム課長だけが彼のいる世界にどすどすと強引に入っていって無理やりユルを引き出すことができるのです。
持ち前の図々しさでユルを振り回す。
もしかしたらキム課長とユルの歩みは同じスピードなのかもしれないね。
ユルの世界にはキム・ソンニョンがいることに私はほっとする。
ユルが独りではないから。

 

もっとユルのいろいろな顔をキム課長によって引き出してほしいです。
キム課長のTQグループにいる理由もユルへの復讐(笑)という共依存な2人の関係がぞくぞくします。
そうそう、ユルが他人を脅すときにいつもモノを食べているという行動も、実はユルの単純明快な一面を表しているようで面白い。
相手を食ってかかるという。
分かりやすい、ちょっとひねくれた、ちょっと理不尽な世界に幻滅している、寂しがり屋のユルが好きだなぁ。

 

 

 


バカボンことモンソクもいつの間にか経理課グループにいるし(爆)
皆それぞれの生活がありながら、理不尽な会社にある時は唯々諾々、ある時は昂然と立ち向かい。
そのさまがなんともヒューマニスティックでいいなぁ。
人間のちょっとずるい部分や、それでいて素敵な部分などを見せてくれます。

 

 

 


なんのためにTQに捜査官として潜入しているのかもはやわからないホン・ガウン最高!
ユルの部屋に盗聴器をしかけたりといい、犯罪ですからそれは(爆)
頭を空っぽにして視聴できる「キム課長」
いいよね、たまにはこんな痛快爽快なドラマも。
しかしTQグループ。
社員の大量解雇に、そして給与未払いってどんだけブラックな会社なんだ。
それが一番このドラマの謎です。


考察+感想

ロボットじゃない

Popular POSTS

関連記事

  1. 野生の血が騒ぐ・・・キム課長4話まで

    韓国ドラマ「キム課長」(DATV版)4話まで視聴。あははは~!…

  2. 満を持して登場!・・・キム課長8話まで

    韓国ドラマ「キム課長」(DATV版)8話まで視聴。いよっ!待っていま…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

カテゴリー

follow Me

today’s pick up!

リトルプレス

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」

PAGE TOP