Anemone・・・THE K2 OST考察

1
韓国ドラマ「THE K2」のOST考察。
音楽が壮大すぎると酷評されていた「THE K2」ですが私は大好き。
韓国ドラマを考察する時にOTSの曲のタイトルも毎回チェックしています。製作者側の隠された意図を読み取ることができるから。
「THE K2」のドラマ中のモチーフは白雪姫ですが、OSTではそこにRotkäppchenの要素も加わってきているのが面白い。
OSTタイトルから読み取れるのは、純真な少女が暗く深い森に入っていき魔女になるというドラマのテーマ。
ドイツ語なんだよね、OST。ロケ地もドイツにすればよかったのに、なぜスペイン?

 

 

The K2 main theme

main1

main2
「THE K2」においてここぞというシーンでは必ず流れるメインテーマ。コーラス歌詞があるのだと思うけれども、検索してもわからない。

 

Anemone

anemone

anemone2

Ein reines madchen trifft auf einem Wolf in den dicker Wald.
Es weiss nicht, was ist denn die Angst, und wie der ist ein boses Tier.
Wenn es eine schone Blume sieht, flustert der ihm etwas ins Ohr.
“Um die schonere Blumen zu holen, Ohne Unterlass, tritt und tritt im tiefen Wald!”
純粋な少女が陰鬱な森でオオカミに会いました
少女は知らなかった、一体恐ろしいのかが、そしてオオカミがどれだけ悪辣なのかが
少女が一輪の美しい花を見つけた時、オオカミが耳元で囁く
“もっと美しい花が欲しいのならば、森の奥深くへと歩いて行きなさい!”

印象的なメロディの♪Anemone♪
歌詞を読むとアンナのことを描いているようだけれども、実はユジンのシーンでも多く使われている。
アンナ=ユジンであることの暗喩。深い森へ入ってしまった少女が魔女になってしまう。
ユジンにとって狼はチャン・セジュンだったのか。愛をささやき彼女を深い森の奥へと連れて行った男。
ドラマ後半になるにつれてアンナのシーンよりもユジンのシーンで♪Anemone♪は使われているイメージがあります。
真のヒロインはユジンだということなのか。

 

The Witch and the Girl

2

Bringt das Kind hinaus
Du sollst es toten
Laßmir mein Leben!
Ich will in den wilden Wald laufen und nimmermehr wieder heimkommen
Hast du Angst?
Wovor hast du angst?
Sei getrost und schlaf nur ruhig
その子を連れて行って
殺さなければならいから
助けてください
助けてくれたら遠い森の中に逃げて戻ってこないから
怖いの?何を恐れてるの?
こわがらずにゆっくり眠りなさい

♪The Witch and the Girl♪はそのままユジンとアンナのことだよね。かつて少女だったころの自分をアンナの中に見出すユジン。
切ないなぁ。

 

Mirror Mirror

6

Spieglein、Spieglein an der Wand、
Wer ist die Schonste im ganzen Land?
鏡よ鏡
この世で一番美しいのは誰?

 

Wolf Knight

9

Vorsicht
Vorsicht Die Hexe
Der liebe Gott、
Gott wird dich nicht verlassen
危険
魔女は危険
主なる神よ
天はあなたを見捨てる

 

Quando Corpus Morietur (肉体が滅びる時)

8
タイトルは「スターバト・マーテル」の一節より。

 

Wolf’s Song

a
♪Wolf Knight♪がジェハの闘いの曲ならば、こちらは印象的な抒情的なメロディ。
名前を失くしてしまった男の哀しさ。「THE K2」はジェハが本当の名前を取り戻す物語でもあるかもしれない。

 

Serenade

4
こういう純真無垢なあざとさがジェハの心を惹きつけるのね。無意識に愛さえも復讐の手段にする少女。

 

Witching Hour

wichi-hour
ユジンのテーマ。蛇足だけれどもキム秘書のぶれないところ好きでした。奥様至上主義なところが。
韓国ドラマにおける秘書は御曹司にもずけずけ物を言う男の子が多かったけれども、新たな秘書のカタチを見せてくれました。

 

The Witch’s Advice

aa

Seid inzwischen brav、sperrt die Ture gut zu und nehmt euch in acht vor dem Wolf!
聞いて、扉を閉めないとオオカミが来て、あなた食べるよ!

ユジンは実はいつも真実を語っていた。

Der Rosenkavaliers(ばらの騎士)

7
オペラ「ばらの騎士」も三角関係のお話。伯爵夫人、貴族の若者、お金持ちの娘。
「THE K2」のプロットが透けて見えるOSTタイトル。

 

Against the Odds

11
キム・ジェハはいつもその命を何かに賭けていた気がします。
自分が自分らしく生きるために、自分の命を賭してでも守りたいもののために。

 

A queen of the forest

3
クラウドナインに君臨する女王。クラウドナインとは魔女が作り出したネットワークの森だろうし、架空の都市の名前でもある。

 

Anna’s Appassionata

5
ヴェートーベンのAppassionataのアレンジ。
面白いことにアンナのテーマ曲かと思いきや、序盤からユジンのシーンでも使われている。
ここにもアンナ=ユジンの暗示が。

 

A queen of the forest ・・・THE K2 15話

This is love story ・・・青い海の伝説 1話

関連記事

  1. Trust in me when I say・・・THE K2 …

    韓国ドラマ「THE K2」5話視聴。【あらすじ】JS…

  2. A queen of the forest ・・・THE K2 …

    韓国ドラマ「THE K2」15話視聴。スペイン行の飛…

  3. THE K2

    THE K2  16話 (2016年 韓国tvN)■演出:クァク・ジョンファン■脚本…

  4. THE K2 vs Healer

    韓国ドラマ「THE K2」と「ヒーラー」の比較覚書き。両作チ・チャンウク君の主演ドラマです。…

  5. Amazing Grace・・・THE K2 2話まで

    韓国ドラマ「THE K2」2話まで視聴。【あらすじ】「THE K…

  6. I lost my love. I thought I lost…

    戦争傭兵出身のJSS特殊警護員キム・ジェハ役にチ・チャンウクがキャスティングされた。チ・チャ…

  7. THE K2における極私的萌えの考察

    韓国ドラマ「THE K2」における極私的萌えの考察。(あるいは右手にメロメロになっていく考察)…

  8. 胸が痛んで息ができない・・・THE K2 6話

    【あらすじ】政財界のすべての機密情報を収集しているJSSの隠された空間―「クラウド・ナイ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (16)

    • メロメロ沼の同志
    • 2016年 11月 18日

    yuca様

    解説ありがとうございます。(ノД`)・゜・。
    『Healer』でもあのメインテーマが流れるだけでloss感で泣ける私……
    いろいろ文句言っても、やはり『The K2』好きだから泣ける…….
    番組始まる前に流れるチェスをしているジェハのシーン、そしてロングから振りむいて「ト・ケイトゥ」という声大好き…….
    あーーー!もう一度見直さなきゃ。
    勿論、OSTはブックレット付だから予約してますよ。

    • メロメロ沼の同志
    • 2016年 11月 21日

    yuca様

    はい、何度もすみません!m(__)m
    JCW君がOSTについて話されているインタビューがあったので。

    yuca様が貼ってくださったユジンを助けに傘を持って行く場面、私たちがジェハの右手に再度堕ちた場面ですよね!!
    『Anemone』という曲が使われたのが、とても興味深かったと言われています。
    別インタビューで、アンナは「守ってあげたい人」ユジンは「守らなければいけない人」と
    答えておられます。

    ジェハの名前は…..脚本には無かったそうです。でもそれではと思ったので最後のセリフを相談してアドリブで入れたそうです。
    インタビューを聞くと、すごく物足りなさが残ると言われていますが、ここまで彼が関わって作り上げた作品だから
    愛してあげなくちゃ!と思いました。(うるうる(ノД`)・゜・。)

  1. 同志さま、OST届きましたか?

    >番組始まる前に流れるチェスをしているジェハのシーン、そしてロングから振りむいて「ト・ケイトゥ」という声大好き…….
    わかる、わかる!
    「ヒーラー」のOSTも好きですが、「THE K2」は深遠なOSTです。
    全曲の歌詞が知りたいのですがね。ブックレットには書いてあるのかしら?

    ちなみに最近運転中は「メイン―テーマ」を流しています。ジェハ気分の運転(爆)

  2. 同志さま、どもども~

    >『Anemone』という曲が使われたのが、とても興味深かったと言われています。
    そうなのよ。「THE K2」はOSTが本当にいいですよね。もっと詳しく考察していけば、ドラマがもっと奥深くなると思います。

    >アンナは「守ってあげたい人」ユジンは「守らなければいけない人」と
    この色分けがね、ジェハにとってどういう意味を持つのか。
    ハッピーエンドのように見えるかもしれませんが、アンハッピーなドラマだと思っています。「奇皇后」のような味わいがあるの、私にとって。
    ジェハはかつてアンナだったユジンを救えなかったのだもの、心の片隅に傷を負い生きていくのでしょう。

    >愛してあげなくちゃ!と思いました。(うるうる(ノД`)・゜・。)
    えええ!愛しているよ、私たち。
    今のところここまで「THE K2」について愛して、語っているブログはないのではないかと自画自賛しています。
    日本で放映されたら、マニアックな人気が出るかな。
    考察本が欲しいですよね。

    • メロメロ沼の同志
    • 2016年 11月 22日

    yuca様

    う~ん、この作品 誰目線で見るかによって、感想がかなり違ってきますね。
    (そこまで考えて書いていたのならば、この脚本家さん凄いのかも?)
    私はジェハ7割、ユジン2.8割、アンナ0.2割で見てたから…….

    JCW君は「アンナに対しては愛、ユジンに対しては憐憫」と答えています。私もそう思いました。
    (彼はこの部分で視聴者を納得されられなかったのが、惜しいと言われています。)
    アンナと居る時は、ジェハは本来の自分・柔らかい部分を出して、笑ったり泣いたりしていますもの。
    ユジンと居る時は、毅然としていて超絶かっこいい。でも素を出すことは決してしていない。

    >アンハッピーなドラマだと思っています。「奇皇后」のような味わいがあるの。
    あーね。私「奇皇后」をタファン目線で見ていて、愛する女の膝の上で死ねるのは、男として最高だから…..
    ユジンは、森(鏡)と同化してしまった魔女、森(鏡)を捨てられない彼女は、森(鏡)と滅びる運命、
    でもね、ユジンは1人ではなかったじゃないですか?かつては狼だった男が戻ってきたから…..

    散々、文句言いましたが、いろんな角度、見方で作品について語れる………。いいドラマなのかも!!
    いや、マニアックな私たちだけなのかもですけれどね。(爆)

    本当に蛇足ですけれど、15話位まで、ジェハは死ぬ設定だったそうです。

  3. 同志さま、コメントありがとうございます。

    >誰目線で見るかによって、感想がかなり違ってきますね。
    そうね。その時の体調や状況も関係するかも。

    >「アンナに対しては愛、ユジンに対しては憐憫」と答えています。私もそう思いました。
    アンナの魅力がね、いまひとつ私にはわからなかったのです。アメイジンググレイスまでは共感していたのですが。
    ユジンに喰われちゃった感じがします。もう少し上手い女優さんだったらまた違ったんでしょう。
    ビジュアル的には文句ないカップルでしたが。

    >15話位まで、ジェハは死ぬ設定だったそうです。
    あそこまで満身創痍だったものね。サッドエンドも見たかったな。
    年明け早速このドラマCSで放送されますよね。
    もう一度ちゃんと見直したいドラマです。

    • メロメロ沼の同志
    • 2016年 12月 10日

    yuca様

    時間かけて書いたコメントが消えてかなり凹んでいます。
    でも再度チャレンジ。(ノД`)・゜・。(ノД`)・゜・。
    私、11月25日(東京)27日(兵庫)とJCW祭(FM)に参加していました。
    きらっきらっの彼の笑顔に癒された2日間、とても幸せでした♪♪
    そんな余韻に浸っていたら、もう12月10日というね……..あせあせ

    報告遅くなりましたが、OST届きましたよ。yuca様が一番上に貼ってくださった写真がカバーなんですが、
    アンナのカバーを外すと、ユジンが出てくるというね……
    ジェハ&アンナ(=ユジン)という図式でした。確信犯ですよね?(笑)
    残念ながら、全曲の歌詞とかは載っていませんでした。

    >年明け早速このドラマCSで放送されますよね。もう一度ちゃんと見直したいドラマです。
    リアタイ時は韓国語、復習は英語字幕だったので、きちんと内容を理解しきれていないかもなので、
    日本語で何度か見直したいです。見方(目線)を変えれば、リアタイ時とは違う感想になるかもしれません……

    >「ヒーラー」がディテールの積み重ねのドラマならば、「THE K2」は疾風のような勢いのドラマ
    本当にそうでしたね。JCW君も2作品の脚本の比較でそのようなことを言われていました。

    >チ・チャンウクが演じる疾風をぜひ感じてほしいドラマ
    >誰よりも強く峻烈で、誰よりも孤高で、誰よりも優しかった男のコードネーム
    ううぅぅ….泣いていいですか?yuca様は彼のファンより、このドラマを分かっていらっしゃるのが、とても嬉しいです。
    私ね、K2というキャラを実はかなり愛しています。『Healer』に似ているけれど、更に大人っぽくて男らしい!!
    心に大きな傷を抱えて、表面はかなり冷たいけれど、実は誰よりも心が温かいんですよね。
    自分じゃない他人のために命をかけることができる男……

    >「THE K2」は流した血だけが信じられるという緩やかな絶望が占める世界。
    リアタイ時にずっと感じていた閉塞感、yuca様が言われる絶望が占める世界がそれなのかもしれません。
    外に出たかったのにもう出られない、これはユジンの感情ですよね。もしかしたらこの脚本家の感情なのかなと思ったり…..
    ここにきてやっとこの脚本家を少し理解できたかもしれません。

    JCW君が言われたエンディングの話が本当ならば、
    (想像ですけれど)エンディングは2パターン用意されていたのかもしれませんね。
    ①ユジンと同じ道を辿るアンナ(ジェハの死により)
    ②ユジンとは別の道を選ぶアンナ(全てを捨ててジェハとバルセロナで生きる)
    ぎりぎりで、脚本家は②を選択したのではないでしょうか。
    閉塞感で満ち溢れたあの国を捨て、2人で生きる道を選ぶ。

    >ジェハが流したたくさんの涙、血が、このエピローグには込められていない
    確かにそうですね。でも若さの特権は立ち直りが早く、忘れられるということ、
    だからあんなに清々しいんでしょう。(かなり甘いし贔屓目ですみません。m(__)m)
    蛇足かもですが、ジェハが本当の名前を取り戻すには必要なシーンだと思ったり……

    >おかえりなさい、チ・チャンウク。
    くうぅぅぅ……やっぱりyuca様だ!!!!

  4. 同志さま、コメントありがとうございます。

    この1年、同志さまに支えられた1年でもありました。
    1年の総括をしてみたのですが「THE K2」は私にとって密やかに大切なドラマになりました。
    その勢いも欠点も、すべてが愛おしいドラマ。

    >ジェハ&アンナ(=ユジン)という図式でした。確信犯ですよね?(笑)
    ここが受け入れられない視聴者は、このドラマの評価が低くなるのでしょうね。
    考えれば考えるほど味わいが深くなるドラマです。ある意味「ヒーラー」よりはるかに深いのではないかしら?

    チャンウク君。
    新作ドラマの話も出ていますよね。しかも私の大好きな「秘密」の脚本家の作品!
    期待値マックスです!!
    脚本選びがうまいなぁ~ 私の好きな傾向の作品ばかり選んでくれるのだから。てへっ。

    その前に「ファーストキスが7回」のチャンウク君も堪能します!

  5. 鍵コメさま、コメントありがとうございます。

    低体温である理由。
    まさにご明察かもしれないですね。
    だからこそ私はドラマにおいて愛のカタチを探しているのかもしれません。

    仕事が忙しいのもあるのだけれどもね。
    2016年は仕事と趣味(ブログ)のバランスが悪かった・・・
    2017年は同じ轍を踏まないようにしたいです。

    いつもお誘いありがとうございます。

    • メロメロ沼の同志
    • 2017年 1月 04日

    yuca様

    明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします!m(__)m
    パラダイスに行っておりまして、本日帰って参りました。(明日から仕事ですが)
    いろいろイタい&無礼者の私にいつもお付き合い戴いて、とても有難く思っています!

    『ロングバケーション』
    >何をやっても駄目な時ってあるじゃん。うまくいかないとき、そんな時はさ、神様がくれた休暇だと想って無理して走らない。焦らない。頑張らない。
    このドラマをリアタイしている時がちょうど、そういう時でしたね。まあ、あの状況下では仕方なかったんですけれど…….
    うん、あのドラマを見ることが、当時私の癒しでしたね。「たかがドラマ されどドラマ」

    yuca様、ぼちぼちといかれるのかと思いきや、年明けから飛ばされているではないですか!!
    私は彼のドラマ以外はリアタイしませんが、yuca節を参考に見るドラマを決めていきたいと思っています。
    新作ドラマその後詳細が全く出てこないので、やや不安ですが、もう一作残してくださるのならばとても嬉しいです。

  6. 同志さま、あけましておめでとうございます。

    パラダイスからお帰りなさい!
    こちらこそ、ヘタレな私にいつも付き合ってくださってありがとうございます。

    >あのドラマを見ることが、当時私の癒しでしたね。
    バブルがはじけ呆然とした時代、あのドラマは心に染み入りましたものね。
    ものすごく勇気づけられるセリフです。ドラマの力はすごいなぁ。

    >ぼちぼちといかれるのかと思いきや
    大体、1月は飛ばしてあとは息切れするのがここ数年のパターンなので(笑)

    >新作ドラマその後詳細が全く出てこないので、やや不安ですが
    私的にはテンションダダ上がりです。勝手にミステリーロマンだと思っています。
    「私の生涯で最も幸せな時間」だよね。
    私たちの幸せな時間がやってきます。

    そうそう、もちろん「ファーストキス」ご覧になられましたか?
    チャンウク君はもちろんかっこいいのですが、あの設定が・・・
    確かご本人、またアクションがと苦笑されていましたが、なんだかジェハの出がらしみたいな役で・・・
    そもそもジェハなら愛する女を闘わせないと思っております。

    • メロメロ沼の同志
    • 2017年 1月 05日

    yuca様

    年末、何気にファンの間ではnetでJCW祭が繰り広げられていまして……
    (tvNだから賞番組に参加なしが寂しいけれど)

    >もちろん「ファーストキス」ご覧になられましたか?
    はい、出がらしジェハであろうが、なんちゃってHealerであろうが、
    祭だワッショイです♫ それにね、OST『Kissing you』は彼が歌っていますから 

    ご覧になっておられるかもですが、『操作された都市の』Trailerも公開されたので(こちらはlove全くなしです!)
    https://youtu.be/2CfVL6WLvUg
    何気にジェハがちらちらしますが(笑)、それはゲームの中の世界です。

    >「私の生涯で最も幸せな時間」だよね。
    そうそう、私たちの幸せな時間がきますね。(事前撮影なので、見られる頃には彼は行かれているとおもいますが…..)
    内容は、あの脚本家さんだからそういう感じかなと思っていますけれど…….

    ご本人は年末年始、お母様や事務所関係者とタイ旅行され楽しそうだったので、ファンも嬉しかったです♪
    私はマイペースで仕事して、yuca様宅でうだうださせて戴いて、時々旅行にふらっと行く一年なんだろうと思っています!

  7. 同志さま、コメントありがとうございます。

    >何気にファンの間ではnetでJCW祭が繰り広げられていまして
    まあ!なんて素敵なのでしょうか。誰かのファンでいることは、なんて素敵なことなのだろうかといつも同志さまを見て思います。
    羨ましすぎます。
    私も祭だワッショイしてみたい~!

    「操作された都市」ティーザー教えてくださってありがとうございます。冒頭ジェハかと思った。ときめいた!
    チャンウク君に注目し始めたのは「奇皇后」からという、ファンの中でも遅いほうのゆるい私ですが、アクションをさせなかった、しかもヘタレな「奇皇后」がどれだけ稀有なドラマかが今頃になってわかってきました。
    タファンのことを思うと今でも胸がきりきりします。

    「幸せな時間」、本当に楽しみです。映画もあるし、確か中国でももう1本ドラマを撮影されていましたよね?
    どうなったのかしら。

    • メロメロ沼の同志
    • 2017年 2月 16日

    yuca様

    年明け後仕事に追われ、新年会3回したら、風邪ひいて発熱、1週間鼻水ずるずる、
    JCW君の映画のプロモ活動を追っていたら、あっという間に2月半ば
    で、明日17日はJCW君のコンサートで、東京にいってきます!←今ここ

    あっ!3月初め、大黒柱と一緒に韓国旅行します。(まだ上映していたら、映画も観てきます!)
    日本のドラマを数本、眺める感じで見ていますが……..、
    韓国ドラマは『The K2』をたまにリピしているだけですね。
    ドラマに関しては、かなり低体温です

    う~ん、JCW君のドラマはどうなったのかしら?

    • メロメロ沼の同志
    • 2017年 2月 28日

    yuca様

    明日から3月ですね。
    2日から数日、うちの大黒柱と隣国へ旅行してきます。
    ついでに彼の映画も観てこようかなと思っています。

    17日のコンサート 公式FCから彼に歌って欲しい愛の曲を募集していたので、
    『ロングバケーション』の『LA・LA・LA LOVE SONG』をリクエストしました。
    彼、最後のアンコールで歌ってくださいましたよ。
    すごく盛り上がりました!(でも涙が出そうになりましたよ。)
    では、いってきます。(^O^)/

    • メロメロ沼の同志
    • 2017年 4月 27日

    yuca様

    そろそろ起きないといけないですよ!!
    ご存じかもですが、JCW君のドラマが5/10から始まりますから
    残念ながら『幸せな時間』じゃなくて、『怪しいパートナー』というロコですけれど…….
    ちょっと突貫工事的な撮影で、qualityが心配ではありますが、
    兵役前最後の作品ですし、初めてのロコですから、楽しまないといけません~♪

最近の記事

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP