A boy meets a girl・・・太陽の末裔 4話まで

DFTS4-00036a
韓国ドラマ「太陽の末裔」4話まで視聴。

 

 

ユ・シジン。肌触りがいい男だけれども一筋縄ではいかない男。
彼の声は低く甘く私の心を蕩けさせる。
そのまなざしは全てを包み込むようでいて、実は己の信念のためには冷酷にもなる。
彼は、おそらく言語に絶する苦難に遭遇したとしても、いささかも取りみださず、苦しさ辛さをぐっと呑みこむ。
窮地にはまった自分の姿をどこか他人ごとみたいに眺め、降りかかった厄災を面白がりさえする。
その快活さはしたたかさを包んでおり、行き当たりばったりに見える行動は、実は強靭な集中力の結果。
彼の過去には何があったのだろうか。
多くの悲惨と屈折を経てきた者の明るさを、彼から感じる。

 

 

 

 

DFTS3-00045

今年度最大の話題作のひとつ「太陽の末裔」が始まりました。
「優しい男」以来のソン・ジュンギ君。彼に再び出逢えるまでのこの空白の期間は長かったような短かったような。
ますます魅力的に、かつ男らしくなって帰ってきたなぁと「太陽の末裔」を見るだけで胸に込み上げてくるものが。
なんだか彼が出演しているだけで満足しそうな私がここにいます。
脚本は「シティー・ホール」「シークレット・ガーデン」「紳士の品格」「相続者たち」のキム・ウンスク。
「シティー・ホール」と「シガ」は文句なしに好きな作品ですが、それ以降どうもロマンスとメロウのツボがキム・ウンスクと私ではずれているなぁと感じているのよね。
始まりは文句なしに面白いのに後半失速のイメージ。
「太陽の末裔」は事前制作なので、息切れして後半失速ということはないことを願いつつ。

 

 

 

descended1-00462a
A boy meets a girlの物語です。
否応なく、出逢った瞬間から惹かれあうユ・シジン(ソン・ジュンギ)とカン・モヨン(ソン・ヘギョ)
どうしてこの人にこんなに惹かれるのだろうかとか煩悶することもなく、引き寄せられるようなふたりのケミストリー。
キム・ウンスクは一目ぼれの物語を描く脚本家なのかもなぁ。
ふたりのなれそめは物足りないと言えば物足りない。
激しい反発も貧富の差もなく、親の反対もないふたり。
惹かれあっているふたりがすんなり恋人同士になるかというと、それでは話が面白くないわよね。
ふたりの間に立ちはだかるのは、彼ら自身が抱く信念の違いの壁。
国を守るためならば人を殺す命令も是とする軍人と、人の命を守る医者という生き方の違いがふたりの恋愛の障壁となる。
そういう意味では一番やっかいな恋愛の障壁かもしれない。
彼を愛することは、彼女を愛することは自分の生き方を変えなくてはいけないのかという葛藤がこの後あるのか、どうだろうか?
まだまだ物語は始まったばかりで、彼らの恋の行方がどう転がるかは皆目見当もつかないのよね。
そういう意味では非常に肌触りがいいドラマだけれども、実は一皮むけばなんだか底知れぬモノが潜んでいそうな、そんな気がするのです。
生き方の違いの葛藤がこのふたりを引き裂くのかどうか?
今のところはこの葛藤はあまり深く描かれていないのだけれどもね。

 

 

 

DFTS3-00013a
戦場で再会、恋も再燃。
ある意味つり橋効果ですからね、極限の地で好感を抱いていた相手に再会して恋に堕ちない方が不思議。
シジンがいつもいつもモヨンを見つめているその目が好き。
伺うように、探るように、視線が吸い寄せられるようにモヨンを見ているまなざしが好き。
このふたりは実は互いのまなざしを通して相手の抱く自分を理想の自分の姿として見ているのかもしれない。
命を救うためには軍の規律に造反するシジンの姿はモヨンが好きなシジンであろうし、お金儲けと嘯きながらいざとなると人命救助のために銃を向けられても怯まないモヨンの姿はシジンが恋したモヨン。
相手のまなざしを通して、相手の好きな自分でありたいと願うふたり。

 

 

 

DFTS4-00051
ソ・デヨン(チン・グ)とユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)の恋の構図の方が、韓国ドラマを見なれた私たちにとってわかりやすい。
親に反対され、階級の差があり、逃げる恋であり、追いかける恋であるふたりの恋。
ロマンチックなのよ。ドラマの中でのふたりのシーンはものすごく短いのに、ものすごく印象的。
何よりも武骨なソ・デヨンが恰好よくてね。しびれてしまいそうなくらい恰好よくてね。人気が出るだろうなぁ、この役で。
前作「純情に惚れる」のマ・ドンウク役も好きでしたけれども。

 

 

 

DFTS2-00037
何よりも私のツボに入るのは、ユ・シジンとソ・デヨンの互いへの尊敬と友情と信頼関係ですね。
軍人たちの友情(上下関係)はとても濃密で、そんじょそこらの女子はその間に割って入ることはできないのは、やっぱり死線を共に越えてきた関係性だからだろうな。
ふざけすぎるシジンをちょっと冷たい目で見るデヨンのまなざしが好きです。

 

 

 

3
映像も綺麗、俳優たちも美しい、残るはストーリーです。
これまでのところツカミはOK。
これから先、どれだけ私たちの心を揺さぶるかにかかっています。
何のために闘うのか、誰のために闘うのか、何を救いたいのか、あなたたちは。
誰だってひとつくらいは命より大事なものがある。
命は生きていくためだけのものではない、何かを成し遂げるための力なのだ、そういうことを教えてくれるドラマであればいいと願う。

 

 

 

愛と寂しさは切り離せない・・・幸せが聴こえる12話まで

ちかえもん

関連記事

  1. やさしくなくては、生きている資格はない・・・太陽の末裔 12話ま…

    韓国ドラマ「太陽の末裔」12話まで視聴。地震、人…

  2. そして僕は途方に暮れる・・・太陽の末裔 8話まで

    韓国ドラマ「太陽の末裔」8話冒頭まで視聴。前回の記事が3月なので半年…

  3. 太陽の末裔

    太陽の末裔 Descendants of the Sun 全16話 (2016年 韓国KBS)…

コメント

  1. きゃーユカ様 なんか熱く語ってません。四人の主人公がいいですねー韓国でも高視聴を出して 期待大。中東問題の真っ只中に軍人とnpoの美人医師 もうこれだけで見逃せないのに 兵役から戻って初のドラマ出演のソン ジュンギ 素敵です。ちょービッグバジツトだし。

  2. Eikoさま、どもども~♪

    ビジュアルが美しいよね。映像、音楽、キャストどれも素晴らしいのであとは脚本に頑張って欲しい。

    >兵役から戻って初のドラマ出演のソン ジュンギ 素敵です。
    相変わらずの童顔ですが、大人っぽくなっているのは兵役から戻ってきてすぐの出演だからでしょうね。
    あんな軍人さんがいたら、私もどこまでもついていきそうです。

  3. 10話迄、、、、、It’s so good. it’s getting better every episode. あっ、ごめん つい 興奮してしまいました。

  4. 後残すところ2話になってしまいました、はまるって程でもなく まあまあ面白かったんですが、ソン ヘギョが三菱自動車のコマーシャルのオファーを第二次世界対戦の戦犯だから断ったとか。へーっ I am shocked.マジで。
    韓流スターって韓国以外で活躍出来るスターの事を呼ぶのでわ?仮にもエンタテインメントを生業にしてる人が世界対戦の恨み、、、この人はただの反日なのですか?それとも世界じゅうの正義の為に戦ってるの?なんか急に韓国ドラマ嫌いになりそうです。日本人として今更そんなこと言われるなんて悲しいです。アメリカに35年住んでいるので わからないのですが反日と言われる韓流スターは多いのですか?アメリカでパールハーバーの恨みを今更言う人いませんよ。

  5. ソン ヘギョの戦犯スピーチの影響で私の中では終わった。後半まるで有り得ない展開に。残念。イチャイチャと不死身の繰り返しです、くだらないドラマ、映像は始め綺麗でしたが。ただ チング はセクシーでした。この人も反日ですか?

  6. EIkoさま、コメントありがとうございます♪

    really?

    いけないすっかり出遅れてしまった私。ボーっとしている間に、終わってしまったし・・・
    体勢整えて、視聴はぼちぼちと続けたい。

  7. 最終判定10話以降何時もの予想どうりの展開に飽きてしまった。視聴率はどんどん高くなっていたのが、、、、?
    チングさんは素敵でした。星三つ。

  8. EIkoさま、コメントありがとうございます~♪

    韓国ドラマを見ていると、国力宣揚を感じますよね~ あざとすぎるくらい。
    鼻についちゃうとドラマは面白くなくなるし。難しい。
    反日のポーズを示さないと韓国の芸能界では生きていけないのでしょうね。

    ソン・ジュンギ君も次作は反日映画らしいし。やれやれ。

  9. 太陽、、、以来憑き物が落ちたように韓国ドラマを見たくなくて 今やk popの ウイナー にはまつてます。YG entertainment のwho is nextという(2013年?)サバイバル番組にハマっちゃって リアリティーシヨウって何処までリアルかわからないけど 兎に角気に入った初めてのグループです。

    また何時の日かドラマ見たくなるかしら、、

  10. Eikoさま、コメントありがとうございます♪

    「太陽の末裔」は視聴率は高かったのだけれども、作品性を絶賛されている方が少ないような気がします。
    恋愛には障壁が高ければ高いほどいいのだけれども、胸キュンになるのだけれども、その障壁をあり得ない事件のれんぞくにしちゃったら興ざめですよね。
    そこらへんのさじ加減を失敗した作品かと。

    しかしなぜ、あんなに視聴率が高いのか不思議。

  11. Eikoさま、コメントありがとうございます♪

    >最終判定10話以降何時もの予想どうりの展開に飽きてしまった。
    あははは、でも最後まで視聴されるだけでもすごいと思います!

    チングくんの演技は見たいのですが。

  12. Eikoさま、どもども~♪

    ある日突然ツキモノが落ちるのですよね・・・
    今の韓国ドラマにかつての底知れぬパワーがないような気がします。予定調和のドラマばかりでね。

    でも、突然自分好みのドラマに出会うからなぁ。
    人生は分らないです。

    • Eiko
    • 2016年 5月 11日

    予定調和ってどういう意味ですか? 太陽、、、が終わってあの膨大な視聴者が何処へ消えたか?なんて記事を読んで あれはやっぱり一つの集団ヒステリー的現象だったのかしら、、、あの軍服姿 カッコよかった!
    ロードナンバーワンを思い出します。

  13. Eikoさま、コメントありがとうございます♪

    >予定調和ってどういう意味ですか?
    言葉足らずでスイマセン。

    しかも最終話までたどり着いていない私がいうのもおかしいですが。
    「太陽」における様々な天変地異や争いなどは、すべて恋愛のために、2組のカップルの愛を確かめるためだけに起きるような気がしていました。
    だから地震も、あれもこれも、どうせ2人を結び付けるためだけのもので、そこから私たちが何かを考えるという、その事件自体には特に意味がない、行き当たりばったりの出来事。
    のように見えていたので、予定調和(最後が決まっている出来事)と思ったわけです。

    見ていない私が言ってはおかしいかな。

    >あれはやっぱり一つの集団ヒステリー的現象だったのかしら
    なるほど~!
    軍服ドラマはだいたいが、国家愛高揚ドラマですものね、韓国の場合。

    • ゆま
    • 2016年 6月 02日

    あと最終話を残すのみとなっていますが…きっと感想に変わりはなさそうです。
    yucaさんが書いてらっしゃる予定調和(そう言うんですね!ひとつ賢くなりました)だと思って見てますから、サッドエンドなんて心配無用だし。

    ここ最近はケーブル系のドラマばかり見ていたせいで、少し人の心の痛みが負担だったのでこのドラマを選択したのですが、ある意味正解でした。
    ずっとミニシアターでヨーロッパの小作品ばかり見ていたのに、久しぶりにザ・ハリウッド・ムービーを見た感じでした。
    大げさで、なんでもありなストーリー? 恋に堕ちるのも一瞬で、波乱万丈と言うより行き当たりばったり(あっ、これもyucaさんが書いてらっしゃる)。
    背景が綺麗で、登場人物も綺麗で、キム・ウンスクの脚本はトキメキとロマンチックが散りばめられていて、あと何がいるの!?って作りでしょうか。

    流行りのごてごてのアメリカンマフィンを少し食べてみたけど、私はやっぱりおせんべいとおまんじゅうに戻ります、そんな気分です。

    • 守百香廃人
    • 2016年 9月 05日

    またまたyucaさん こんにちは。
    結構、面白く視聴しました。ただ、視聴率ほど面白かったかといえば否です。
    メロ系娯楽ドラマの要素が強いような。もう1回見ると印象が変わったりして。比較例がイマイチですが、ボーンシリーズのような息を呑む展開、迫真の演技
    最小限のメロ そういう部分が余りなかった。ドラマだからそこまでは難しいのでしょうね。
    反日ですか 整形と同じくらい避けがたいもの 表現の稚拙さと低俗性をご容赦いただくとして 最近は 所詮見世物 という割り切りです。徹底した反日教育を受けているわけですし、オフィシャルに親日とか思われる行動を取ればたたかれるのであれば仕方ないこと。ただ自ら進んでそういう発言をしたり、竹島に上陸して叫んだりと積極的に行動しさえしなければまぁいいかと。あくまで見るのは演技と作品の内容 とはいっても“反日”という情報があると自ずと評価も辛口にはなりますけど。芸能人といえども高学歴ですから、自分の知性と理性をフル回転させればもう少し、客観的な行動が取れるのではないでしょうか。そういう意味で残念です。こういう刷り込み効果の怖さを日本人は知っています。が時と共に薄らぎますからある意味反面教師として自分を戒めればいいのではないかと思っています。
    反日、整形以上に避けたいのはパク・シフやユチョンのスキャンダルの内容 生理的に嫌悪感が・・・ 夢を売る仕事ですから夢は壊して欲しくない。
    そういうのが続きましたからね 好きな作品が見続けられるようついつい祈ってしまいます。

  14. 守百香廃人さま、どもども~

    そうそう、「太陽の末裔」も手元に録画いたしました。
    どうしてこんなにこの作品にのめり込めないのか、ソン・ジュンギくんはごひいきなのに。
    きっとユ・シジンがあまりにも完璧すぎるのではないかと思いながら・・・

    今、「グッバイミスターブラック」見ていたら主役の俳優さんもスキャンダルがあったのですね・・・
    続いているよね、スキャンダル。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

comment

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP