君の瞳に恋してる・・・彼女は綺麗だった9話まで

SWP7-00041
韓国ドラマ「彼女は綺麗だった」9話まで視聴。あという間にリアルタイムに追いついてきました。
面白い~!
意地悪な人もいない、誰も死なない(今までは)、恋に不器用な男女がすれ違い戸惑うさまは、なんとも微笑ましくって心が癒されるぅ。
しかし、やはり心配が。
日本で放送される時に著作権の絡みでソンジュンが熱唱した(笑) ♪ Can’t take my eyes off you ♪ は差し替えられるのか、大丈夫なのか?
ヘジンのディズニーキャラクターが満載なスクラップブック(アイディアブック)はぼかしが入らないのか?
結構ドラマのキーポイントなのでそのまま放映を願います。

とにかく主役の4人がどの人もいい人でね。8話までやってくると恋が錯綜して、なんだか先行きが怪しいのです。
その中でも特にシニョク(シウォン)!

 

 
SWP8-00040

主役のソンジュン(パク・ソジュン)もいいんだけどさ、なんたってシニョク。
ガサツで無礼で粗野でいつもこの世を面白がっている、面白く生きたいとすべてを茶化して生きている。
しかし実は周囲への目配り、気配りはピカイチで、このドラマの中で誰よりも繊細な登場人物なのかもしれない。
この錯綜した恋模様を、彼だけは全てを見通して、そして誰も傷つかないようにと行動していく。
彼の恋心は妹ココ(爆)を偲ばせるヘジンに向かうのだけれども。
周囲を見通すことができる目を持つということは、自分の心も冷静に見通すことができるということ。
率直にダイレクトにヘジンに自分の恋心を伝える。「俺、お前のことが好きだ」と。
回りくどいことはせずに、自分から逃げずに、ヘジンに真摯に向かうのに。
それなのに。
「またまた~、冗談言って」
瞬殺!(爆)

 

 

 

 

SWP7-00079
日ごろのふざけた行いの報いですね、彼の本気は本気ととられない。
あのオラボニごっこもいけないといけないと思いますよ。ヘジンの固いガードを破るにはそりゃあ「兄妹ごっこ」は有効だと思いますが。
ヘジンにとってはシニョクはオラボニでしかなくなっている~
不憫な奴ですが、あまりめげてもいない。
彼の計算されつくした天真爛漫ぶりと、誰よりも繊細な心持ちが好きです。しかしそんな彼の本気はわかりにくいのよね。
がんばれ、シニョクよ。君の気持はいつヘジンに届くのか。どこまで彼がおふざけキャラで通すのか。

 

 

 

SWP5-00062
「彼女は綺麗だった」における恋模様を複雑にしているのは「シラノ・ド・ベルジュラック」におけるクリスチャン的存在なハリ。
頭の空っぽのトロフィー美女のアイコンのような登場であったにもかかわらず、話が進んでいくにつれハリの寂しさ哀しさが視聴者にも伝わってきて切なくなっちゃう。
ハリはソンジュンが好きなのか。
実はこれが大いなる疑問なわけです。
ハリはソンジュンが好きというより、ソンジュンの瞳を通したキム・ヘジンとしての自分が好きなのかもしれないな。
初恋の思い出、暖かい家族、こましゃくれた妹、何よりも自分が弱っているときにいつもそばにいてくれる温かい心の持ち主がキム・ヘジン。
自分が持っていないものをすべて持っているかのように錯覚させてくれるソンジュンの瞳が(存在が)好きなのだと思います。
突き詰めると、ソンジュンよりキム・ヘジンという親友の存在がヘリにとって何よりも大切。
ハリはキム・ヘジンになりたかったのね。
そう願ってしまうハリの寂しい気持ちが伝わってきます。
ハリが計算高い女性であれば、自分がソンジュンを好きになったことを打ち明ければきっとヘジンはソンジュンへの思いを胸にしまうはず、自分にソンジュンを譲ってくれるはず。そんなことまで計算できるはず。
それなのに何も言いだせないまま、密やかに苦しむハリもいい人なんです。
寂しい人なんです。
自分を装ってソンジュンといる時よりも、シニョクといる方がはるかに自由で楽しそうだけれどもね、ハリ。

 

 

 

SWP9-00043a
主人公たちではなく脇役のことばかり書いています(笑)
もちろん主役たちもいいのですけれども、「彼女は綺麗だった」では脇役の方に目が行ってしまうのはなぜ?
「The Shadow of Beauty」だからか?(笑)
「The MOST」のコンセプトばりに、なんだか主役が光輝くように支えている脇役たちが影の主役ではと思ってしまった9話まで。
もちろんヘジンもソンジュンもそれぞれ生い立ちは複雑なのですけれども、健やかなんだよねこの主役たち。

 

 

 

SWP8-00097
ちなみにファン・ジョンウムは9話で普通のヘアスタイルに戻りましたが、りんごほっぺのそばかすだらけのちりちりパーマのスタイル好きだったなぁ。
「秘密」でのがっつりの泣きの演技から、「彼女は綺麗だった」のコミカルな演技まで達者な人です。
かつて綺麗だった少女が成長するにつれ普通になり、そのことによって軽いアイデンティティの喪失を味わう。
美人で優しいという自分の存在を見失って、どこか世間に対して怯えたように関わってきた彼女が「The MOST」という雑誌の編集という仕事でアイデンティテイを確立していく様子はなんとも微笑ましい。
この世界のどこかで私を必要としてくれる場所がある、必要としてくれる人々がいる。
その思いが彼女を立ち直らせるのよね。

 

 

 

SWP6-00007
前髪をあげているソンジュンにはときめかないのですが、前髪を下ろしたとたんにときめくのはなぜ?
私が前髪フェチだということもわかりました(笑)
とにかくヘジンのために走り出すソンジュンとシニョク。
私の恋の定義も、「走り出す」ということなんです。
恋に墜ちたら、頭より先に体が動くんだよね、好きな人に向かって走る。
男子2人がヘジンに向かって走り出した9話。これからどうなる~!?

 

 

Close to you・・・彼女は綺麗だった2話まで

たかが前髪、されど前髪

関連記事

  1. Close to you・・・彼女は綺麗だった2話まで

    韓国ドラマ「彼女は綺麗だった」2話まで視聴。手元…

コメント

    • 以下、同感を越えた、納得のFANです。
    • 2015年 10月 20日

    @前髪を下ろしたとたんにときめくのはなぜ?
    まあ、これだけの分析力をお持ちの方なのに、なぜ?
    なぜ、そこの部分だけ、目を背けられるのでしょう?
    ・・・それはね?↓
    やめとこ。

  1. FANさん、コメントありがとうございます♪

    >やめとこ。
    えええ~!!!
    寸止めじゃないですか(爆)

    このコメントが気になって気になって、とうとうどうしてこんなに前髪に萌えるのかという記事まで書いてしまいました(爆)
    どうしてなのでしょうね?

    • 寸止め・FANです。
    • 2015年 10月 21日

    まぁた、言わずもがな、の言葉を引きずり出そうと、なさってますな?
    むふむふ、ユカ様ったら、焦らしのテクニック上級者ですな・・。

    ナンて言いつつ、その、ご新規・部屋に伺う前に。

    ハンニバルのお部屋で、こっそり送信した動画(末尾の動画)ですが。
    あの動画は、音が悪かったので。あらためて、こちらからどうぞ。
    https://www.youtube.com/watch?v=6lUI9WoUIPw

    因みに、帝国劇場の所有権は東宝です。都でも、区でも、ないそうです。

    ※いや、FANさん、そんなことより、前髪への、寸止めコメントの続きを聞きたいのよ。

    畏まりました、では、貴方様が山場を越えられたら、前髪マジックへのご考察に、お応えしましょう。

    あ、ちなみに私は、前髪にクセが有るせいか、おでこ全開です。たまに、貼り付いた前髪を演出しますが。
    気が付いたら、内定未定の学生のようになっています。切ないです・・。

    ※いや、だから、そんな切なさはイイから・・

    はいはい、だから、山場を越えたら、前髪を考察しましょう。ね?わかった?山場の方が、大事ですよ。
    (いいわぁ、この焦らす感じ・・) 

    ※・・と、言いながら、ホントはナンにも考えてないでしょ?FANさん・・。

    あら?なにか仰いました?幻聴かな・・。

    • 匿名
    • 2015年 10月 22日

    はじめまして。
    凄く細かい分析と感想ありがとうございます。
    ソンジュンのキャラって、キムサムスンの時のヒョンビンを思い出します。
    ヒョンビンも前髪アップなのに、山まで追いかけて来たときの濡れた前髪がセクシーでした。

    前髪おりていると坊や感が増して
    胸キュンしますよね。

  2. FANさん、おはようございます♪

    前髪考察してみましたよ、自分なりに。
    しかしFANさんが寸止めされた考察とは違う感じがする・・・

    >前髪にクセが有るせいか、おでこ全開です。
    いいじゃないですか!
    おでこを見せる方というのは、どこか堂々としたワークライフを送られているイメージですよ。
    ほら私は自分に自信がないから、ブログでうじうじえらそうなことを書いているわけで(笑)

    は、いかん。これから山場のふもとに向かう早朝に悲観的だわ(爆)

    いつかFANさんの前髪考察をお聞かせくださいませ。

    • よんつき
    • 2015年 10月 25日

    リトルプレスではお世話になりました~

    彼女は綺麗だった、10話まで見ました!
    面白いですね^^
    ヒーラー以降、どれもハマれなかったのですが久しぶりにガッツリ見てます。

    なんといっても、シウォン!馬様!
    私、もともとSJペンなんですよ~

    不思議くんでスキンシップ好き、
    顔芸をさせたらピカイチのシウォン。
    ほぼ素でやってるんじゃない?と思わせます。
    ハイファイブも大好きだし(笑)
    もうすぐ入隊なのがホント寂しい…。

    シニョクもどんどん切ない感じになってきちゃって…。
    最後にはふざけた笑顔ではなく、本当に幸せな笑顔で終わって欲しいなぁ。

    とにかく最終話まで面白いまま突っ走って欲しいドラマです♪

  3. 匿名さま、コメントありがとうございます♪

    わ~い、初めまして。こんな僻地のブログにようこそです。ありがたいなぁ。

    >前髪おりていると坊や感が増して
    うふふ、前髪があるとどこかいたいけな、ピュアな感じがしますよね。
    10話ではソンジュンとシニョクの雨にぬれた前髪も堪能させていただきました。

    久々にリアルタイムで視聴しているこのドラマ、折り返し地点が過ぎてラストをどう持ってくるのか。
    毎週楽しみです。

    またお時間のあるときに遊びにきてくださいませ。

  4. よんつきさん、コメントありがとうございます♪

    わ~い、ごぶさてしております!!

    >ヒーラー以降、どれもハマれなかったのですが久しぶりにガッツリ見てます。
    あ、やっぱり。なんだか最近の韓国ドラマ、どれもイマヒトツだったのですよね。

    >なんといっても、シウォン!
    うん。主役を喰っていますよ。ものすごく魅力的。
    >ほぼ素でやってるんじゃない?と思わせます。
    そうなのね。以前彼が主演したドラマより、このシニョク役は遥かに魅力的ですよね。シニョクに目が惹きつけられますもの。
    コミカルな演技に、シリアスなまなざしは絶品。

    入隊前にいいドラマを選ばれたなぁ、と思います。

    最近の入隊ラッシュで、さぞSJのファンの方は大変だろうなとお察しします・・・

    • choco
    • 2015年 10月 30日

    yucaさん こんにちは。

    やっと追いつき 今11話。
    面白いのですが・・・ハマる・・・ではないです。残念!
    やはり 私は主役ありきーみたいです。
    パクソジュン・・・キルミの時の弟君の方が 光ってませんでした??
    昔ぶーちゃんいじめられっこで 今イケメンやり手に変身していた。母の事故にトラウマを持つ・・・コレ位しか 色がないっていうか・・・魅力がない!後半魅せてくれるのを期待です~~(だめかな・・・w)

    ファンジョンウム
    そんなに好ましい女優さんではないのですが(殆どの女優さんがそうですがw) 秘密でのシリアス演技~今作のコメディエンヌぶりまで、達者だなぁと、感心!
    でも、前半の韓国ドラマの鉄則ー〈騒ぎすぎ〉は 苦手でした。

    でも、軽いお話で楽しんでみています。
    なかなかーー当たり!!!には、出会えません。

    今、静かに楽しみにしているのは TBS系で深夜放送の オダジョー主演「おかしの家」・・・藤原竜也の話では、思わず自然とホロリと・・・
    ある程度の年月 人生生きた人にしか 理解できたり、感じたりしないものを ドラマにしていて 語りすぎず・・といえば よくありそうなドラマなのかも・・・w
    見ていらっしゃるかな~~

  5. chocoさん、コメントありがとうございます♪

    >がないっていうか・・・魅力がない!
    わあ!私の言いたかったことをすっきりと言ってくださってありがとうございます。
    12話まで視聴したのですが、両想いになったとたんに視聴意欲が低下中。
    パクソジュンくんはおっしゃる通り、「キルヒル」の方がきらきら光っていました。
    泣けて泣けて仕方がなかったのに・・・

    >TBS系で深夜放送の オダジョー主演「おかしの家」
    皆さま絶賛ですよね!
    録画中です。まとめて観ようかなと思っていますよ。

  6. She was pretty 観終わりました。久々に最後まで楽しく見ました。これからの韓国ドラマは 癒し系? 韓国人の友人に今放送されている「。Bubblegum」お薦めされて見始めました。癒し系。
    みんな疲れているのかな、、、

  7. Eikoさん、コメントありがとうございます♪

    >久々に最後まで楽しく見ました。
    私、途中でソンジュンとヘジュンが両想いになったとたんに視聴テンションがダダ下がりで・・・
    序盤は面白かったのですけれどもね。
    ラブコメは難しいと思いました。

    >「Bubblegum」
    これも評判いいですよね。
    ストレスを日々感じる私たちは、やっぱり癒されたいのですよね。

    秋から冬にかけては、心が揺さぶられるようなメロドラマをがっつりと視聴したいのですが。
    ライトなロマコメが多いですよね。

  8. バブルガム 頓挫中。ハート トウ ハート 結構好きでした。オーマイビーナス 1話視聴 んーむ ソ ジソブの裸以外あんまりねー
    後良くなるのを期待。やっぱり顔だけじゃ1話も視聴出来ないですよね、脚本、演出、演技、そして、ビジュアル。病気系メロドラマ好きです。流れ星、、、、。

  9. Eikoさん、コメントありがとうございます♪

    >バブルガム 頓挫中
    えええ、そうなのね!前回のコメントで「癒される」と書かれたので興味を持って視聴始めたのですが(笑)

    「オーマイビーナス」も、ジソブとシン・ミナちゃんを出演させているのに序盤のツカミがイマイチですよね。
    話題がシン・ミナちゃんのおでぶ具合だけというのも、なんだかなぁ。
    この後ときめくのですかね? 不安。

    そうそう秋から冬にかけてはメロドラマだと思うのですが、がっつりシリアスメロが最近ないですよね。

    • ヤッホ~(やっぁっほぉぉl)・な、FANです。
    • 2016年 1月 11日

    リタイア部屋の新装開築を、お祝い申し上げます。
    貴女様のご苦労の足跡を、辿って忍ぶ。
    この至福の喜びを導いて下さいまして、心よりお礼申し上げます。

    ああ、早く味わいたい・・。チリチリパーマのヒロインの努力。実は、このドラマの2話のお部屋(Close to you)の時点で。
    ユカさん、何話で、クローズなさるのだろうか?と期待しておりました。そうですか、9話まで、頑張られたのですね・・。お疲れ様でございました。
    (Close の意味が違うよ?FANさん) あら?ヤッホーと、応えたつもりだったのですが?ちがったのか?

  10. FANさん、どもども~♪

    >リタイア部屋の新装開築を、お祝い申し上げます。
    あ、ありがとうございます。作っちゃいました(爆)
    あの作品やこの作品もこの部屋に入りそうな勢いですが。

    >Close to you
    うまい!ざぶとん1枚!

    リタイアは、こう、ものすご~く負けた気になって悔しいのですよね。
    悔しさをかみしめながら私たちは前に進むしかないのです。

    さあ明智さんのドラマ観なくっちゃね!

    • リタイア感度、良好な・FANです。
    • 2016年 1月 12日

    富士ファミリーのお部屋で。
    @FANさんのアンテナに引っかかったドラ・・・教えてくださいませ(ペコリ)

    と、ご返信を頂きましたが。・・・・・え?ユカ様?
    ペコってる場合じゃないと思いましてよ。制御不能な私のアンテナ(乾杯戦士アフターV)を、まだお試しになるのですか?

    ヤッパリ果てがないわ、ユカさん・・じゃあ、ですね。
    遥か昔の、この子の七つのお祝いに、という映画はご存知ですか?この映画でのヒロイン※注①を、正視できた手腕をお持ちならば。

    BS・NHKの鴨川食堂は、OKかも知れません。ご参考までに↓
    http://www.nhk.or.jp/pd/kamogawa/

    京都の鴨川がタイトルな割には、京訛りの占有率は26%弱です。内容は、孤独のグルメと、深夜食堂を足して割って、豪華にしたようなドラマです。
    が、ショーケンが穏やかで、イイ感じです。(その持続力は未定)

    ※注① 母親役の岸田今日子より、怪演技な・お志麻さまを指す。
    このドラマでも、方言と年齢の違和感は、抜群の安定力です。 (ある意味、褒めてます。でも篠田監督、ごめんなさい)

    アンテナの感度は、マスプロ電工、DXであろうと、差異はございません。
    (リタイア部屋への推奨でも、ございません) 逃げよ・・。

  11. FANさん、どもども~♪

    >制御不能な私のアンテナ(乾杯戦士アフターV)を、まだお試しになるのですか?
    そうだった!毎回私を大笑いさせてくださるセンスをお持ちでした。

    >鴨川食堂
    そうそうNHKBS、せめてきますよね。
    昨日明智さんを待っている前に「ジャングル・フィーバー」というドラマをガン見してしまいました。
    私の苦手な剛力彩芽ちゃんヒロイン。
    「SFドラマのかたちをとりながら、そこは人間のあらゆる業と欲望、エゴイズムが渦巻く、エクストリームな人間ドラマです。ヒロイン・原口沙織は無事に惑星にたどり着けるのか?熱気あふれるサバイバル・エンターテインメント」

    なんだか昔なつかしのNHK少年ドラマシリーズを思い出した・・・
    ご覧になっていましたか? 少年ドラマシリーズを。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP