今日のLOVE まほろ駅前番外地

mahoro
ぎりぎりBLのかほりがして、しかしBLなんてカテゴリーじゃくくっちゃいけないよね。
BLよりももっと深い何かが、主人公の多田と行天の間には流れていて。
「愛」とか「恋」とか、そんな浮ついた言葉では言い表されない、深いものが流れていて。

 

 

…暗闇で迷えるひとを導く光は、どうして洋の東西を問わず赤いのかな。
赤は血の色だからだ、行天。生者のなかを流れ、脈打ち、力と熱へと駆り立てる源だからだ。
俺たちは闇をくぐり抜け、それぞれに、それなりに、幸せに近づきつつあるんだろうか。
そうだったらいい。そうなったらいい。
まあ、俺たちを導くのは、しょせん、生臭い血の色なんだけどな。

 

 

暗闇にうずくまり、過去の血にまみれ、胸にぽっかり大きな穴があいたこの2人が、
少しでも長く寄りそって生きていければいいな、と思う。

ふりむかないでお願いだから・・・デート4話まで

今日のLOVE リエゾン・ダンジュール

関連記事

  1. いつか記憶からこぼれおちるとしても

    「nothing hurt」の5周年を記念してリトルプレス(同人誌)の「NOT LOVE, …

  2. 今日のLOVE オオカミ少年

    前回、前髪について考察しましたが韓国ドラマにおける男子の前髪とは私の中では「ピュア」の象徴だ…

  3. 今日のLOVE おらぼに~ ((TДT))

    「遥か遠き山目もくらむほどの青き山その深淵を 察することのできぬ縁はかりしれぬ愛…

  4. 今日のLOVE 水口琢磨

    ミズタクにとってはアキちゃんが「アイドル」ではありますが、彼女が恋愛しても失望はしない。…

  5. 今日のLOVE リエゾン・ダンジュール

    恋愛小説で、何が好きかって訊かれたら、ラクロの「…

  6. たかが前髪、されど前髪

    韓国ドラマ「彼女は綺麗だった」を見ながらですね、前髪のある男とない男であるならば圧倒的に前髪のあ…

  7. 13 INTO THE 1

    日本列島、寒波襲来。こんなときだからこそインドアでじっとされている皆…

  8. 木皿泉

    ずっとアイドルドラマかと思っていた。しかし、とんでもなかった。登場人物の一人草野彰がいいのよ…

コメント

    • ジヨン
    • 2015年 2月 18日

    yuccaさん アンニョン♪
    深夜一時を過ぎ もう寝ようと思いましたが yucaさんのブログだけは読んでから!と思いまして訪問したら 
    まほろ駅前番外地!!
    深夜のコメントは 翌日 表現の大胆さに後悔することが多いので
    翌日に冷静になってからと思いつつも
    まほろ駅前番外地 なので どうしても<今>コメントしたくて!

    この2人
    お互いの距離のとりかたが 
    たまらないのよぉ~!!(萌)
    yucaさんがこのドラマの記事アップしてくれて すごく嬉しいです(^^)/

    • FANです。
    • 2015年 2月 18日

    きゃっほ~♪まほろ!! つくづく、しをん先生、いいですよねぇ。
    ユカさんは、映画とドラマ、どちらがお好きですか?
    (多分、どちらもお好きだと思いますが)

    小説、映画、ドラマ、それぞれ趣きが違うところが憎いですよね。
    でも、ドラマのキャッチコピー、
    いろいろあるのさ、誰だって。ここに、しをん先生の世界が凝縮されている気がします。

    ドラマでは、遺品のろう人形の回と、
    黒木華ちゃんの婚約指輪奪取の巻が好きです。
    華ちゃん、まさか、あんな復讐・・・。

    テレ東の、この枠のドラマって面白いです。

    ところで、ご新居の住み心地はいかがですか?
    スタイリッシュな北欧家具に囲まれたようなお宅で、素敵です。

    そろそろ、引っ越し疲れがドッと押し寄せてくる頃か?と
    思います。どうぞ、ご返信はスルーなさって下さいませ。
    私は、せっせと、ご新居と旧邸宅を行ったり来たりしておりますので。 因みに旧邸宅は、アールデコって感じで、これまた、落ち着きます。

  1. ジヨンさん、コメントありがとうございます♪

    おおお、深夜一時すぎのご来訪。ありがたや~
    ネットサーフィンをしていると、あっという間に時がたつのはなぜなのでしょうか(笑)

    私ね、最近ネットをさまよう時間をドラマ視聴に費やしたら、もう少し視聴がはかどるのかもしれないと思っています(爆)

    >お互いの距離のとりかたが 
    >たまらないのよぉ~!!(萌)
    ですよね!微妙なかほりが漂ってきているのですが、しかし慣れ合わない感じが好き。
    血がどくどくと流れ、心に大きな穴を抱えながらも、笑いあって歩いていこうとする彼らの関係性が絶品。

  2. FANさん、どもども~♪

    しをん先生は直木賞作家ででありながら、BL愛をはばかることなく叫んでいますものね。
    妄想力には敬服しておりますし、どこかのエッセイで「BL本に埋もれてしまう・・・」みたいな危機感を抱かれているところも、真似をしたくてもなかなかできません(爆)
    しをん先生がBL業界を評論してくださったおかげで(笑)、ユリイカやらなんやらが特集を組み始めましたもの。

    そんな先生でありながらも、自身の作品はBL臭はなくほのかに(かなり?)漂うだけというのが、上級者のテクニックですよね。
    いかにも萌えてくださいというのではなく、多田と行天のバディもので視聴者(読者)に関係性を妄想させるテクニック。
    さすがです。

    さて、新居、まだまだ落ち着かないです・・・
    >、引っ越し疲れがドッと押し寄せてくる頃か?と
    おおお、どうしてお分かりになるんですか!
    まさしく今の私の状態(爆)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

comment

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP