MOZU Season2 ~幻の翼~

a0192209_08063337
MOZU Season2  ~幻の翼~ 全5話 (2014年 日本 wowow)

 

■監督:羽住英一郎

■脚本:仁志光佑

■原作:逢坂剛
■音楽:菅野裕悟
■キャスト:
西島秀俊(倉木 尚武)
香川照之(大杉 良太)
真木よう子(明星 美希)
伊藤淳史(鳴宮 啓介)
池松壮亮(新谷 和彦/宏美)
長谷川博己(東 和夫)
石田ゆり子(倉木 千尋)
小日向文世(津城 俊輔)
蒼井優(名波汐里)

【あらすじ】
Season1の事件から半年後。執拗に妻の死の謎を追う警視庁公安部のエース・倉木尚武(西島秀俊)の前に、新たな巨悪が立ちはだかる。暗躍する国際的テロリストグループ、見え隠れするあの“百舌”の影、公安警察官・美希(真木よう子)の実家に鳴り響く無言電話、そして、あの“ダルマ”に宿る恐るべき策謀…。Season1で生まれた数々の謎の真相に迫りつつ、さらに、翼を広げ幻のごとく舞い上がる「MOZU」の次なる世界が展開される。


 

やっぱり、面白かった~!
ものすごい映像美、重厚な音楽、キャストの熱演、細部まで神経が行きとどいたクオリティの高さ、TVサイズで視聴するのがもったいのような、贅沢ないぶし銀のようなドラマです。

 

S1から引き続いた謎が解決されたかというと、そうでもなく真実は曖昧糢糊な闇の中に沈んでいきました。
しかし、最初からこのドラマのキャッチコピーが「真実が最初の犠牲者だ」と、テーマを表しているんですよね。
ドラマタイトルの「MOZU」とは、殺人衝動のことを表しているのかもしれないし、いけにえになった数々の真実のことを表しているのかもしれない。
「MOZU」はS2まで制作されていますが、S3をも期待されるような終わり方でもありました。
あの人もこの人も生きているようで、あの人とこの人の微ラブ関係はどうなるの、とか謎は深まるばかり。
S1が倉木の亡き妻へのラブレターであるとするならば、S2は亡き妻から倉木へのラブレターでもありました。

 

 

a0192209_08442612
いやあ、しかし東がますますバージョンアップして、ますますトリックスターになっている。
すごいチャオの連続で、私は東和夫のすっかりとりこ。
意味深に倉木の前に登場する東ですが、冷静になって考えると、東はただただ、「チャオ~」と言いたいがために出没しているのではないかという疑惑が浮上しています(爆)
とにかくS2は東のすごいチャオの連続は必見です!
以下は、ネタばれになりますので、ご注意を。

 

 
a0192209_08461720
で、確かに面白いのだけれども、S1より物語展開がさらに荒唐無稽になっているような気がしてなりません。
逢坂剛の「百舌」シリーズは社会的な問題も取り上げられていた、拉致問題とか記憶があるのですが、「MOZU」ではエンターテイメントになっているのではないかしら。
見せ場見せ場を作るために、無理な設定の連続になっていて、物語が絵空事になっている、とでも言うのかしら。
新谷の不死身さ、指名手配になった倉木が捕まらないとか、東の神出鬼没さとか、どこか地に足がついていない展開になっています。
大風呂敷を広げ過ぎて、落ち着かない感じ。
この時代、この社会に潜む闇を描くにしては、描き方がご都合過ぎる。

 

 

 

a0192209_08200678
Episode 1
倉木尚武(西島秀俊)に休息はない。公安の「グラークα」作戦の空白の72時間に妻・千尋(石田ゆり子)に何が起きたのか。情報を得るべくフリーライター・汐里(蒼井優)に接触する。そのころ、北海道のエネルギー施設が爆破され、美希(真木よう子)が捜査を担う。そして大杉(香川照之)は死んだはずの「百舌」と同じ手口で殺された死体を見つけ……。3人の再会が、国家を揺るがす新たな事件の幕開けを告げる!

倉木はあのマンションから引っ越したのでしょうか?
どうもこの倉庫みたいな所に住んでいるみたいです(笑)

 

 

 

a0192209_08230081
Episode 2
爆破事件の際に目撃された不審人物の似顔絵を見た美希は驚愕する。それはずっと探してきた人物と酷似していた。一方、汐里が「百舌」らしき男と一緒にいることをつかんだ倉木と大杉だったが、その巧みな弁舌に翻弄されてしまう。いらだちを募らせていたところに突然現われた東(長谷川博己)に挑発され、ついに倉木は森原官房長官との直接対決へ。議員会館前で2人が向かい合ったとき、倉木に最大の危機が訪れる。

すごいチャオ~♪ 必見(爆)
東は倉木を驚かせたいがために、ヘリコプターを用意したり、屋根に登ったり、雪上キャタピラー車でさっそうと乗りつけたりしているんじゃないでしょうか?

 

 
a0192209_08222823
Episode 3
官房長官殺害の嫌疑をかけられた倉木は姿をくらました。同じころ、車にはねられた美希は、運転手が誰かを察し、傷ついていた。そして、特別な絆で結ばれていた汐里と新谷和彦(池松壮亮)は、公安部長の池沢(佐野史郎)が開いた衝撃的な記者会見を知り怒りに体を震わせる。事件の裏にはダルマと大国ロシアの影が…。それぞれの想いが沸騰していく中、グラークα作戦の核心に迫りつつある倉木の暴走を止めるべく銃を向けたのは…。

宏美も不死身でしたが和彦も不死身。しかも和彦は瞬間移動までできるらしい(笑)

 

 

 

a0192209_08233962
Episode 4
池沢は今や和彦と汐里、共通のターゲットとなった。大杉は、鳴宮(伊藤淳史)の力で倉木の無実の証拠を見つけるが、池沢は相手にしない。倉木のためにも、自分のためにもグラークα作戦のヒントを掴もうと身を捨ててロシア人工作員に接触した美希の前に、倉木が現われた。そして警察上層部に不審を抱いた大杉も合流、3人はロシア人たちが集まるパーティーに潜入する。そこに現われたのは、東、そして、美希の最愛の……。

 

 

 

a0192209_08572376
明星の倉木に対する微かな思いが伝わってきます。恋になる以前の自分でも気付かないうちに相手を目で追ってしまうサマとか、色仕掛けを使っている自分を倉木には知られたくないサマとか、微ラブだからこそキュンキュンします。
恋愛以下、友情未満なのだけれども、確かにこの二人の間にはないかが生まれようとしている。
S1で亡き妻への恋を語り、S2で亡き妻の愛を知った倉木が、過去に決別して未来へと歩むのか。

 

 
a0192209_08250132
a0192209_08565936
Final Episode
グラークα作戦が展開されたのは北海道の孤島であることを知った倉木と美希は雪原へと旅立つ。大杉は池沢との対決に臨むが、池沢を狙う百舌、そして汐里と津城(小日向文世)もその場に姿を現わす。それは百舌にとっても予想外の出来事であった。やがて想像をはるかに超えたある施設の中で、倉木は千尋の残した痕跡を見つける……。過去がよみがえり、記憶が幻のごとく羽ばたく。倉木が最後にたどりついた「本当の真実」とは?

「本当の真実」が描かれるのですが、S1の最終話の大掛かりなカタストロフィと比較すると、肩透かしを食らわされたような気がします。
結局オメラスの地下牢に閉じ込められたのは、なんだったの?
真実?
真実を閉じ込めることで、人々は日本で偽りの上の安穏とした平和をむさぼっているということかしら?
オメラスの謎、ダルマの謎、ラストシーンの謎の考察を書いていましたが、長くなったので別記事でアップします。

 

 

 
■ 最終話のツボ ■

a0192209_09105711
こ、このポーズは、どこぞの県議のポーズと一緒!
恐るべし東! ちゃんと流行りを把握してる(爆)

 

 

愛も私一人でしていたのね・・・恋愛じゃなくて結婚 4話まで

巨星堕つ・・・奇皇后 40話まで

関連記事

  1. 質問に答えろ・・・MOZU

    「MOZU」感想の補足です。オメラスについて、ダルマについて。登場人物たちが…

  2. MOZU Season1  ~百舌の叫ぶ夜~

    MOZU Season1  ~百舌の叫ぶ夜~ 全10話 (2014年 日本TBS)&nb…

コメント

    • 花音
    • 2014年 7月 21日

    SECRET: 0
    PASS:
    リアルタイムでの視聴ではなかったですが、私も観終わりました~^^
    S2が全5話とは短いんじゃないですか?
    消化不良的な感じが否めませんが^^;

    もともと、和彦・宏美というように「双子」がテーマな話ではなかったかと。

    ドラマでは、池松壮亮(新谷 和彦/宏美)君も頑張っていたけど、
    長谷川博己(東 和夫)さんが強烈過ぎて霞んだ感じがしますね。

    内容的には北朝鮮ではなくグルジアと言う、グルジブを持ってきたのが、
    今のロシア現状世界とリンクしていて緊張感があった気がしますわ。

    ここまででは、倉木と明星との恋的な描写は少ないですよね、
    で、これで終わってしまったら・・・面白くないんでわー(>_<)

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ♪花音さん、コメントありがとうございます♪

    >S2が全5話とは短いんじゃないですか?
    S1が10話なのに、S2が5話だなんてバランス悪いですよね。
    詰め込み過ぎで、確かに消化不良。

    >倉木と明星との恋的な描写は少ないですよね
    5話なので恋愛面が大幅にはしょられた感があります。

    >長谷川博己(東 和夫)さんが強烈過ぎて霞んだ感じがしますね
    強烈すぎ~!(笑)
    S1ではもっと普通の、仕事ができる男だったのに(爆)、どうしたんだ東?
    好きですけれどもね。

    彼が「倉木ぃ~!」と嬉しそうに言うたびに、私の胸もなぜか高まります(笑)
    最終話なんて雪上車で登場ですものね。
    そんなに倉木が好きならば、送って行ってあげればいいのに、と思いましたもの。
    あの時の倉木は遭難寸前でしたものね(笑)

    >で、これで終わってしまったら・・・面白くないんでわー(>_<)
    本当に。
    S3を期待してます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP