楽俊凱7話・8話・9話

a0192209_11521772

楽俊凱( 乐俊凯 ) Le Jun Kai(Unconditional Love) 全9話 (2013年 台湾)

 
■原作:匪我思存
■監督:李駿

■キャスト:
ピーター・ホー(楽俊凱)
チャン・チュンニン(勵夜)
【あらすじ】
復讐のために敵の娘リ・イエと結婚するジュンカイ。結婚後、肉体的、精神的に彼女をいたぶり、ぼろぼろにし捨て去る。復讐は終わったはずだった。しかし数年たち再会した彼女には子供がいた。


 

 

1話15分の全9話の「楽俊凱」は、愛憎のエッセンスが詰め込まれたドラマです。
万人向けするドラマではないのだけれども、好きな人は好きというマニアックなドラマに分類されるでしょう。
ショートドラマのために、役者さんたちは凝縮された演技が要求され、それが濃密な愛憎ドラマになったんじゃないかな、とも思います。
傷つけることによってしか表せない執着、愛情といった愛のカタチは、観ていて苦しいのに、でもどうしてこんなに甘美なのでしょうか。
毒をはらんだ愛のカタチにしびれっぱなしです。
ジュンカイとリ・イエの愛のカタチは、嗜虐と被虐(SとM)でもあり、共依存の関係でもあります。
精神的な暴力の果てに愛を見てしまうこんな関係は、ゆがんでいます。
日本ではまず制作されない種類のドラマじゃないかしら。
ラストシーンが、舞台に二人しかいない、というようにも見えます。
ジュンカイとリ・イエはこの広い世界でいつしか互いのことしか目に入らなくなった、閉じた世界で生きていたのかもしれません。
だからこそあそこまで二人の関係は追い詰められ、エスカレートしたのでしょう。
息もつまるような、そんな二人の愛のカタチを堪能しました。
このドラマ、おそらく日本では放映、DVD化されないと思うのです。
内容が、というよりも、もともとネット配信ドラマという形式をとっているから、という意味で。
私は某動画サイト(You Tube)で日本語字幕つきを見つけて、視聴することができました。
このドラマ、全9話だし、1話15分だし、「皆もすなるあらすじ書きといふものを、私もしてみむとてするなり」なんてつぶやきながらチャレンジしてみましたが、玉砕。
ドラマのあらすじを書いて読ませる人って、すごいな~と尊敬します。
今まで様々なドラマの感想を書いておりますが、一切あらすじを書いてこなかったこのブログ。
(書けないという方が正しいのですが・笑)
あらすじなくして、感想と妄想と考察になんの意味があるのだろうか、と自問自答しながらも、きっとこれからもあらすじなしのドラマ視聴のブログなんだろうなぁ。(笑)

 
★★★★★

 
■ Episode 7

a0192209_12095183

目覚めると天天がそばにいない。家中をさがしまわるジュンカイ。
彼女が、リ・イエが去ってから決して入ることができなかった部屋の扉が開いている。
a0192209_12100048

ゆっくりと部屋の前に近づき、そしておののく。

天天の声が部屋の中から聞こえる。「ママの匂いがするんだ」
・・・そう、彼女の匂いがたちこめていて部屋に入ることができなかったのだ、何年も。
怖かったから。
何が。
自分の心が。
a0192209_12101186
閉じられていた部屋の扉が開けられたことによって、ジュンカイの心の扉が開かれたように、リ・イエのさまざまな顔がジュンカイの脳裏によぎる。
再会した時の恐怖に満ちた顔。激しく押し倒されあらがおうとした顔。結婚した夜の傷ついた顔。そしてジュンカイのもとを去ろうとした時の諦観に満ちた顔。
今まで、固く、深く、決して自分では認めようとしなかった、認めたくなかったジュンカイの本心があふれてくる。
リ・イエに対しての取り返しのできない仕打ちの数々と、彼女に対しての恋慕。
二つの感情に押しつぶされて、ジュンカイは静かに啼く。
嗚咽する。

 

 

a0192209_12102299
そして、立ち上がり部屋の中へ入る。
自分の本当の気持ちから目をそらすことを、やめたのだ。

 

 

a0192209_12103056
a0192209_12103799
ジュンカイは亡き妻の殺害現場を訪れる。
固く凍てついた自分の心によって、亡き妻もまた独りさびしくこの場に取り残されていたのかもしれない。
世界は、こんなにも暖かい日差しであふれているのに。
自分がリ・イエへの扉を固く閉ざしてしまったあの日を、思い出す。

 

 

a0192209_12104995
a0192209_12105829

あのころ、リ・イエに対して非道な仕打ちの数々をしながら、どうしても彼女から目が離せなかった。
彼女の傷つく顔も、泣き叫ぶ顔も、怒る顔も、見あきたはずなのに。
「飽きたから離婚をする」と言ってやったのに。
いつも、いつも、彼女に引きつけられ、惹きつけられ、この狂おしくもどかしい感情。

 

 

a0192209_12110555
a0192209_16422719
リ・イエのこの匂いがいけない。彼女の匂いが満ちてきて、自分でも訳の分からない行動をしてしまう。
そばに寄らずにはいられない。
そっと口付けをしたくてたまらない。
抱き寄せたくてたまらない。

 
a0192209_16423568

「ジュンカイ・・・」
「名前を呼ぶな」
「・・・私を愛しているの?」
a0192209_16424117

あわてて立ち去るジュンカイ。彼はこの問いに答えを言うことができない。
だって愛なんて、あるはずのない感情だから。
自分が抱いている感情は、復讐の憎悪のはずだから。
憎いから、憎いはずだから。
そんなジュンカイの背中を、リ・イエは期待に満ちた顔でみつめ、やがて答えがなかったことで静かに諦めていく。
愛があるように感じたのは、自分の錯覚だったのかもしれない。
ジュンカイが彼女を愛するはずがないのだから。

 
a0192209_16424666

リ・イエは再び授かった子供を、ジュンカイから守るために、家を出ていく。
この子は奪われてくないから。大切に育てたいから。

 
a0192209_16425082
出ていくリ・イエを、ただ黙って見つめる。

 

 
■ Episode 8

a0192209_17353904

ジュンカイの会社の成長ぶりを恐れたレイルンに天天が誘拐されてしまう。
a0192209_17354610
a0192209_17355254

リ・イエはその知らせを聞き、ジュンカイに詰め寄る。
「復讐するのは私にだけして。天天は関係ないのよ。どうしてあの子をあなたに預けたのかしら。あなたから逃げ出すのは簡単じゃなかったのに・・・ 憎いなら私を殺して、殺して」

 
a0192209_17355984

錯乱するリ・イエを抱き寄せるジュンカイ。彼女の積年の自分に対する憎しみをも受け止めるかのようで。
そんな彼を突き飛ばすリ・イエ。

 
a0192209_17360657
a0192209_17363100

「天天を返して」
と叫ぶリ・イエにおずおずと、ジュンカイは手を伸ばす。
そして、天天が誘拐されている埠頭へと、車を走らせる。

 
a0192209_17364017
a0192209_17365889
a0192209_17364991
事業のすべ手を受け渡せと迫る、レイルンの手を鉛筆で突き刺すジュンカイ。

 

 

 

■ Episode 9
a0192209_17483106
a0192209_17484235
ジュンカイの後を追って飛び込んできたリ・イエを人質に取られ、形成は逆転する。ぼろぼろに殴られ地面に這いつくばらされる純に赤いにレイルンは囁く。

 

 

a0192209_17485338
「お前の大切にしている女は俺のものだ」と。
かつて亡き妻を殺害したのもレイルンだったのだ。
「お前のすべてを俺に渡すんだ。ビジネスも女もな」

 

 

a0192209_17490117
a0192209_17491477
「知っているか? この女はお前が父親を殺したことを知りながらお前と結婚したんだ」
見つめう、ジュンカイとリ・イエ。
その時ジュンカイの部下の乱入で、形勢は逆転。
レイルンを半殺しにし、レイルンの部下たちを半殺しにしていくジュンカイ。

 
a0192209_17535156
a0192209_17540927
a0192209_17541762
一歩づつゆっくりとリ・イエに近づき、激しく抱きしめる。
そのジュンカイを背後からひん死のレイルンが、背中を刺す。

 
a0192209_17542907
a0192209_17543905

なおもジュンカイを刺し殺そうとするレイルンを、リ・イエは切り殺す。
彼女の手を汚して。
ジュンカイを守るために。

 
a0192209_17544793
a0192209_17545477
「天天は俺一人では手に負えない。お前が一緒ならば、育てられると思うんだ」
ジュンカイの言葉にうなずき、彼を見つめるリ・イエ。

 
a0192209_17550054

「愛している・・・」
a0192209_17550565
言えなかった言葉、伝えたかった言葉を残してジュンカイは倒れる。
リ・イエを一人残して。

 
a0192209_18013986
a0192209_18014403
a0192209_18015062
どこから間違っていたのだろうか。
初めてあったあの瞬間に戻れたのなら・・・

 

 
the end

あなたが愛の風になって吹いてくるわ・・・奇皇后 14話まで

密会

関連記事

  1. 楽俊凱5話・6話

    中国ドラマ「楽俊凱( 乐俊凯 )」5話と6話のあらすじ。ある種のたちの悪い愛のカタチ…

  2. 楽俊凱1話・2話

    中国ドラマ「楽俊凱( 乐俊凯 )」1話と2話のあらすじ。あらすじを書くのってムズカシイ。…

  3. 楽俊凱3話・4話

    中国ドラマ「楽俊凱( 乐俊凯 )」3話と4話のあらすじ。リ・ジュンカイ(ピーター…

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    yucaさんこんばんわ♪

    私もこの作品見ました!
    毒をはらんだ愛のカタチ本当に痺れました!

    二人の演技も全編通してキレッキレで、濃ゆい!

    少しずつ物語のディープさに心を慣らしていこうと思っていたら、冒頭から主人公が血まみれで、先制パンチを頂いた気分です(苦笑)ただ、10分強見るとエンディングが流れるので、いい具合にリセット出来た気もします。

    両想いなのに襲ったり襲われたり……あまりにも歪で甘くて、終始クラクラでした。

    血まみれにならなければ、自分の本心すら口に出来ない主人公の歪さがとにかく美しい!その歪さを愛してしまうヒロインも美しゅうて……

    最後躊躇いもなく敵に刃をむけるチュンニンちゃん。善悪のついた人間がみせる狂気は、なんて静かで怖いんだろうと、鬼リピしました。

    そしてヒロインに向けるピーターさんの笑顔。あれは反則です(号泣)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ♪あおたさん、コメントありがとうございます~♪

    このドラマの存在はあおたさんに教えてもらったのですよ。
    本当に、感謝。

    しびれますよね~
    >二人の演技も全編通してキレッキレで、濃ゆい!
    うんうん。15分があっという間ですもの(賞味10分か)

    >最後躊躇いもなく敵に刃をむけるチュンニンちゃん。
    あれ、マジで怖かったっす。
    この物語で一番怖いのは、彼女ですよね。
    父親を殺した男と知りながら、結婚しているんだもの。
    ピーターさんが歪ではなくて、彼女が歪なんじゃないかしら。

    彼女のあの態度が嗜虐心をそそるというか・・・
    大体、子供を閉じ込めっぱなし、というのも普通に考えれば怖い。

    考えれば考えるほど、共依存の関係の深遠に触れたようで、愛と憎悪があまりにも近くて怖いです。
    こういうドラマが好きなんですよ、私。

    10分といわずに、怖いもの見たさでもっと視聴したかったです、はい。

    • tama
    • 2014年 11月 03日

    SECRET: 0
    PASS:
    字幕なしで、わからないまま、見てました
    字幕つけていただいたんですね
    ありがたく見させていただきました
    DV男なんてありえないのに、このジュンカイは、魅力的で…
    2人の熱演と息が詰まるような展開、また、一気に見ちゃいました
    良かったです
    ありがとうございました

  3. SECRET: 0
    PASS:
    ♪tamaさん、コメントありがとうございます♪

    >DV男なんてありえないのに、このジュンカイは、魅力的で…
    そうですよね。
    しかもかなり陰湿です。
    このドラマに関しては万人向けとは言えないのですが。
    でもその奥に悲しさが迸っていますよね。

    ピーター先生は、いい人の役より、こういう歪んだ役の方が似合う気がします。
    あの優しい顔の奥に光る狂気に魅せられて、息が詰まります。

    こちらこそコメントありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP