気持ち悪いぞ、水口・・・あまちゃん94回

a0192209_20325228「あまちゃん」94回。
ユイちゃん派だという割には、ユイちゃんのこと気づかないし、気づいて口にするのは「あれ、まゆげは?」って。ミズタク、無粋すぎる~
大体、スカウトする前はユイちゃんよりもアキにしきりに東京から電話かけていたし、だからアキちゃん派なのよ。オトメゴコロも分かりませんが、自分が誰推しなのかも分かっていない、ミズタク。
ようやく、「でも、今回あらためて自分の中でアキちゃんの存在がクローズアップされてる事に 気が付きました。 何だろう? 何か、こう・・・かわいいですよね」と意気込んで語ると、春子に「気持ち悪いぞ、水口」と一蹴(爆)
挙句の果てに「ああ、もう、お土産も買いたいし」って(爆)
やっぱり熱情のテンションをいついつまでも保っていられないのが、水口かもね。
そんなミズタクの一挙手一投足に、心の中で激しくツッコミながら視聴していましたが、今日はまた、普段よりも15分の中身が濃いかったです~

 

 
a0192209_20412168
ユイちゃんのまゆげは、アイドルになりたいというモチベーションの象徴だったのね。
アイドルを諦めないといけなくなったユイちゃんは、自分のまゆげも否定しないといけなかった=ヤンキーということだったのでしょうか。
アイドルとヤンキーとは、両極に位置していて、ダサいの極致です。ダサいアイドルになれない代わりに、ダサいヤンキーになるという思考回路。
中庸はないのです、ユイちゃんにとって。
だってダサくないといけないから。アキちゃんと並んで歩くには、違うダサさを追求しないといけないから。
ダサい道を共に歩んでいこうという無意識のユイちゃんの願いを感じます。
ダサいヤンキーのユイちゃんと、ダサいアイドルのアキちゃんは2人でどこまでも自転車で走っていきます。
青春だね~
青春すぎて哀しいのは、私が大人になったからでしょうか。
ユイちゃんの諦観に満ちたまなざしを見ていると「銀河鉄道の夜」を連想しちゃいました。
「走れメロス」だったのに「銀河鉄道」になっちゃったよ。
ユイちゃんがまるで、カムパネルラのようで。
まゆげ(アイドルになりたいモチベーション)を否定しないと、北三陸では生きていけないのよとユイちゃんを分析する春子。
夏ばっぱは、餅(←モチベーションの象徴)を焼きながら、語る。
「正当化しないと右も左も曲がれねえ」私たちを複雑だと諭す。「自分が潜りたいから、潜るんだ」と。
夏ばっぱはシンプルで、そして含蓄深い。
昨日の「君の代わりは君しかいない」と同じで、自分のために自分が生きる・・・というシンプルな「あまちゃん」のテーマが描かれました。夏ばっぱが登場するとやっぱりドラマが引き締まります。
シンプルだけれども、深いなぁ~
ミズタクに口説かれても頑なだったアキちゃんは、ユイちゃんが見守ってくれていると知って、自分のためにがんばろうと決意する。
琥珀のブレスレットを持って。
なんだかユイちゃんが、健気です。健気過ぎて、哀しい。フラグが立ちそうなくらい健気で、哀しい・・・
「見てるから」ってセリフがこんなに悲しいなんて。

 

 
a0192209_20563732ユイちゃんの未来に思いを馳せていたら、あっさりと春子の「落武者影武者」のエピソードに。
伏線は引かれていましたが、今日ここでこんなにあっさり暴露!?
じぇじぇじぇ~、展開早すぎます。

 

 
a0192209_2057836ガラス越しに映る太巻氏が、まるでメフィストフェレスのようで。

 

 
a0192209_20575950この時に、春子、太巻、正宗の因縁(鈴鹿ひろ美も入るかな)が始まるのね。
正宗が、北三陸のリアスで、どんな思いで春子に ♪ 潮騒のメモリー ♪ を歌うことを勧めたのか。
振り返って考えちゃいますね。

 

 
■ 身もだえポイント ■
a0192209_20595180カワユイ~(爆)
先週の予告の時から気になっていたのですが、恐るべしフォトショップです(爆)
あっ、そうそう、いっそん「南部ライダー」って言っていた(爆)

 

 

なぜ…なぜ出ない…電話に君は。出て、電話に・・・あまちゃん93回

当たり前や!あほんだら、あほんだら・・・あまちゃん95回

関連記事

  1. あまちゃん INDEX

    4月のあまちゃん三途の川のマーメイド・・・5月のあまちゃん♪んだ…

  2. 水口、泣くんなら外で泣け・・・あまちゃん135回(その2)

    「あまちゃん」135回。ストーブさんを思い出すアキ。彼に対してつれないのか、じらしているのか…

  3. ゴーストバスターズ・・・あまちゃん133回

    「あまちゃん」133回。2013年4月29日(月)あまちゃん133話。非…

  4. ミズハグ・・・あまちゃん126回(その1)

    アキちゃん!…

  5. あはは、駄目だ笑けてきた・・・あまちゃん117回

    「あまちゃん」117回。人生…

  6. 退屈なヒストリー・・・あまちゃん108~114回(ミズタク編)

    ミズキュンなまま、旅に出て戻ってきたら「あまちゃん」いつものごとく怒涛の展開。どこからどう突っ込…

  7. 走れるかどうかの問題じゃねえ、走らなくちゃなんねえのだ・・・あま…

    「あまちゃん」134回。走るべ、たとえ一区間でも一駅分の往復でもいい。誰も乗…

  8. なんということでしょう!・・・あまちゃん57回

    今週のお宅日本・袖が浜 海女cafe ―女子高生 with 5人のばばあ―地…

コメント

    • IVY
    • 2013年 7月 18日

    SECRET: 0
    PASS:
    yuca様、こんばんは^^

    ユイちゃんが「私はあきらめた」とアキに告げた時、
    ユイちゃんの気持ちを思うと胸が痛くって涙がでそうでした

    視聴者だって観ていて辛いのだから
    アキの心に響いたのも当然ですよね。。

    展開が早くて付いて行くのが大変です
    そして耳に残るのは若かりし鈴鹿ひろ美の歌声です
    あの歌声が耳について・・しばらくは歌えなくなりそうです

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ♪IVYさま、コメントありがとうございます♪

    ユイちゃんの佇まいがやばいです。
    94回冒頭で「アキちゃん」と呼びかけたその声色からして、元のユイちゃんの喋り方で、ものすごく優しい。
    そして「見ているからね」なんて、切なすぎますよね。

    どうしても私たちはこのドラマがもう少ししたら「あの日」が来ることを知っている訳で。
    だからこんな健気なユイちゃんを見ていると、ものすごくやばいと思ってしまって、涙が出ます。
    健気過ぎて。

    ユイちゃんの果たせなかった夢、果たせなかった約束。
    それをアキはちゃんと背負ってくれるのでしょうか。

    >あの歌声が耳について・・しばらくは歌えなくなりそうです
    うふふ。
    95回はキョンキョンの歌を堪能できましたね。
    何気に太巻の歌声も好きでした。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

カテゴリー

follow Me

today’s pick up!

リトルプレス

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」

PAGE TOP