食べて寝て笑っている姿が見たいんだ・・・いとしのソヨン10話まで

a0192209_204928
韓国ドラマ「いとしのソヨン」10話まで視聴。
楽しみにしていた「49日」「検事プリンセス」のソ・ヒョンギョン脚本家の新作。
そして期待どおりに、面白い。
全50話の中での10話はプロローグ的な意味合い、登場人物紹介の意味合いが強いのだけれども、まだ物語はここから本格的に動き出す・・・といったところだけれども、面白い。
私の視聴傾向ではどうもホームドラマって苦手なジャンルに入るような気がするのだけれども、年に1本は観たくなるのよね。
「家門の栄光」・・・最後ガンソクのアマアマぶりにtoo muchで挫折してしまう(笑)
「グロリア」・・・15話くらいから、突然ガンソクに墜ちる(爆)
「あなた、笑って」・・・これも15話くらいからかな、エンジンがかかったのは。
「烏鵲橋の兄弟たち」・・・25話くらいから、エンジンがかかる。
どうも春になると、ホームドラマが視聴したくなるみたいです。
そう言いながら、その作品を夢中になって視聴し始めるのは、10話すぎてから・・・というスロースターターなのですけれども、「いとしのソヨン」は1話から、夢中になって視聴してますもの。
おもしろい~
しかし、ここから物語は始まるのであって、これから二転三転するんでしょう?それなのに10話の時点でこんなに面白いと思えるなんて!

 

 
a0192209_20191735
かなり序盤は力まかせのストーリー展開なのだけれども、それが鼻につかず、すんなりと視聴できるのは、登場人物たちが寂しさの中で生きているからかもしれない。
ホームドラマは家族のきずなを描くドラマなので、落とし所は想像できるが、それでもこの序盤のヒロインのソヨンの寂しさには胸が痛む。
誰の手もかりず、一人ですべてを引き受け殉教者のように、黙々と全ての喜びを自分に禁じ、生きているソヨンは「49日」のイギョン(イ・ヨウォン)を彷彿とさせる。

 

 
a0192209_20275180
その彼女の孤独な魂をゆっくり(いや、力任せに?)開いていくウジェ。
「検事プリンセス」のソビョン(パク・シフ)や、「49日」のハン・ガン(チョ・ヒョンジェ)の流れをくむ、見守り系のヒーロー。
まるで、野生の動物を手なずけるように、餌づけをし、散歩に連れて行き(笑)、ソヨンをゆっくりと笑わせていく。
彼がソヨンを恋する様子は、唐突と言えばそうなのだけれども、「いとしのソヨン」ではこの主役2人が恋に落ちる過程ではなくて、これから愛を育む過程を描いていくのだろう。

 

 
a0192209_20303453
ソヨンの双子の弟サンウ(パク・ヘジン)
うふふ、好きです、サンウ。ぶっきらぼうで、優しくて、繊細で。
彼のラブラインはミギョン(「検プリ」の頼れるお姉さまのジェニーを演じたパク・チョンア!)なのか、ホジョンなのか?
ちょっとわかりませんが、私、ホジョンがかわゆくて、かわゆくて、好きでね~

 

 
a0192209_20342749
一歩間違えばサンウのストーカーのような彼女だけれども、マ・ヘリ(検事プリンセス)を思い出して、愛おしくなる。どうも、こういうタイプの女の子を好きみたい。
そんな感じで、ソ・ヒョンギョン脚本家の今までの作品を思い出しながら、登場人物が愛おしいなぁ、という気持ちで「いとしのソヨン」観ています。
登場人物が愛おしくなったら、もうこのドラマにハマったのも同然でしょう。
親世代の俳優さんたちも、演技達者な方ばかり。
韓国ドラマの親の描き方って、コントロールフリークな親が子供を支配する・・・というのがステレオタイプだったのだけれども、「いとしのソヨン」は微妙にその立場をずらして、描いているような気もする。
割と親世代の因果の報いが子供に・・・といった展開がポピュラーだった韓国ドラマが、今作では家族と言う絆を作るためには親が変わらなくてはいけないというスタンスから、親と子と共に「家族」を作っていくんだ・・・みたいなスタンスに。
親は子供を支配しようとするが、子供は常に犠牲者ではなく、実は残酷に親を傷つけたりするんだ、ということも描かれる。

 

 
a0192209_20425681
ソンジェも可愛い、おバカでね。彼も何か秘密がありそうで。
とにかく、楽しみで、楽しみで、仕方がない「いとしのソヨン」
イ・ボヨンは「赤道の男」の優等生ブリッコな役より、ソヨンの不器用で生真面目で、寂しい女の子の役がはるかに似合っています。

 

 

いつでもお前のそばにいるよ・・・その冬、風が吹く5話まで

その冬、風が吹く vs 愛なんていらねえよ、夏・・・part2

関連記事

  1. いとしのソヨン

    いとしのソヨン My Daughter Seo Yeong 全50話 (2012年 韓国KB…

  2. 毎日影のようにあなたを追いながら・・・いとしのソヨン16話まで

    韓国ドラマ「いとしのソヨン」16話まで視聴。いやあ、切ないシーンなのでしょうが、笑った、…

  3. サヨナラを繰り返し君は大人になる・・・いとしのソヨン42話まで

    韓国ドラマ「いとしのソヨン」42話まで視聴。感想は書いていないのですが、「あまちゃん」ブ…

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    yucaさん、こんばんは~
    見始められたようで、何はともあれです。しかも、良さげで視聴されているようで、ちょっとビックリ。書いてらっしゃるように、ホームドラマが苦手そうだったので(笑)

    ホジョン、そういえば、マ・ヘリに少し似てるかもしれませんね、ストーカーチックなところが。でも、彼女はいい感じですよん♪

    ソンジェについての、一言コメントに脱帽する次第ですが、まぁー内容は見て下さいませ、と。もうどこかのあらすじ読みましたかな?
    ただここからの視聴は、yucaさんが堕ちるキャラがいるかどーかですね~(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ♪はうんさん、コメントありがとう~♪

    もう、ずっとはうんさんの感想を横目に、観たくてたまらないドラマの一つでした。
    ネタバレは避けているので、観終わったらその回までを、はうんさんちで復習しています(笑)

    序盤から伏線がぴたり、ぴたりとおさまっていくのがさすがですね。
    ソヨン父が、式場の参列者のアルバイトをしているのは、そこにつながるか~みたいな、感動を噛みしめています。

    ホジョン、可愛い~
    サンウと上手くいけばいいのに、と願っているのに・・・
    どうなるのでしょうか。楽しみです。

    >yucaさんが堕ちるキャラがいるかどーかですね~(笑)
    うん、そんな気配は、今のところありませんが(笑)、登場人物が愛おしいので、50話完走できそうです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP