主君の太陽

a0192209_19235688
主君の太陽 The Master’s Sun 全17話 (2013年 韓国SBS)

■演出:チン・ヒョク
■脚本:ホン姉妹
■キャスト:
ソ・ジソブ (チュ・ジュンウォン)
コン・ヒョジン (テ・ゴンシル)
ソ・イングク (カン・ウ)
エル(INFINITE) (ジュンウォン(少年期))
キム・ユリ(テ・イリョン)


 

【あらすじ】
定職を持たず、下宿の夜間管理人としてひっそりと暮らすゴンシル(コン・ヒョジン)には、幽霊が見えてしまうという秘密があった。ある日、ゴンシルの下宿に住み着いていた老婦人の幽霊から、息子に預金通帳を手渡してほしいと頼まれる。乗り気ではない役目を果たしたゴンシルは帰り道、大雨の中でヒッチハイクを試み、偶然通りかかった横柄で強欲な大手ショッピングモールの社長ジュンウォン(ソ・ジソブ)の車に強引に乗り込む。
安心したゴンシルだったが、車の前に突然幽霊が出現。思わずジュンウォンにしがみつくと、なんと幽霊は消滅してしまう。ジュンウォンに幽霊を消す力があると知ったゴンシルは、その後疎まれながらも付きまとうように。そんな中、ジュンウォンのショッピングモールでは、有名サッカー選手ユ・ヘソン(チン・イハン)とトップモデル・イリョン(キム・ユリ)の結婚式が予定されていた。だが、ヘソンには1体の幽霊が取りついていた。


今更私などがこのドラマに関して感想や、考察など述べるまでもないのですが、簡単に感想を。
実は「主君の太陽」はかなり視聴に苦戦しました。足掛け3年越し(笑)でやっと最終話までたどり着いたというテイタラク。
3年もかかったので1話の記憶など全然なくって、あらすじを書きながらイリョンはそういえばチン・イハン演じるサッカー選手と結婚寸前だったわねと記憶がよみがえり新鮮な驚きを味わっています(爆)
すっかりカン・ウ、一筋だと思っていたよ。
面白くないわけではないのです。ゴンシルとジュンウォンの言葉のやり取り、小道具の妙。
序盤笑わせて後半泣かせるホン姉妹のいつものストーリー展開に加えて、あのジソブがラブコメ!というカルチャーショックを視聴者に与えて視聴率もよかったのかな。

a0192209_19235544
ジソブよかったです。偏屈で心に傷を負ったジュンウォンを愛らしく(←ここ重要)、チャーミングに演じていましたよね。
誰だって彼を好きにならずにはいられない、そんな魅力に満ちていました。
コン・ヒョジンも安定の演技で、この2人の掛け合いは見ていて安心する。
ただ私がこのドラマに対して興が乗らなかったのは、この二人が安定しすぎているからなのかなぁ。
二人があまりにもベテランなので、物語ぐらいはもう少し破天荒であってもよかったのじゃないかしら。
ホン姉妹の物語展開がワンパターンになってきているような気がして、そこら辺が面白くなかったのだと思います。

振り回す女と振り回される男。
逃げる女と追いかける男。
二番手ヒーローはそんなヒロインを心を痛めながら見守るという。
ホン姉妹の脚本は、簡単に言ってしまえばそういうシノプスになっちゃうんです。
そこに嘘をついて妹と言っちゃったり、記憶喪失が絡んだり、兄と入れ替わってアイドルになる、有名人同士の恋愛、ヒロインが妖怪だった、あるいはヒロインが幽霊を見ることができる。
そういう色付けを加えるだけなんだよな。
完璧に様式美にそって物語が展開するので、後半の切ない部分が切なく感じなくなってきています。
う~ん、なんていうかな、「水戸黄門」みたいな感じ?
このあたりで印籠だして、このあたりで悪人をやっつけて、ハイ次の旅。
このあたりで二人の恋愛に障害が生じて、このあたりで誤解がとけて、はいハッピーエンド。
そんな感じでパターン化されつつありますね。

実はロマンス劇というのは、脚本家のラブファンタジーが赤裸々に表現されるのだと思います。
ホン姉妹が抱くラブファンタジーは「逃げる女に追いかける男」なんでしょうね。これだけ繰り返しこのパターンで物語を語っているのですもの。
そして視聴者もどのロマンス劇に共感するかで、その人の抱いている恋愛の理想像っていうのが分かってくるよね。
ちょっと今の私にはこの「逃げる女に追いかける男」という設定に、飽きてきているのかもしれません。
そでじゃあ、「逃げる男に追いかける女」だったらいいのかというと、これは結構怖い物語になります。
このパターンで一番思いつくのは薬師丸ひろ子主演の「恋愛中毒」とか、映画「危険な関係」とか。
どちらにしても女性がストーカーチックになるのは許されないのよね、視聴者的に。
そういう意味では「恋愛じゃなくて結婚」の序盤のジャンミの「追いかける女」ぶりはかなり韓国ドラマのラブコメの定義をずらして私たちに提示してくれて、新鮮でキュートだったのよね。

もうひとつホン姉妹の定番が「旅立つ女」かな。
意外にヒロインは愛に依存しながらも愛に囚われずに自由に羽ばたこうとしています。
「主君の太陽」が後半もたもたした印象を与えるのは、もちろん1話延長になった影響が大きいのですが、自立しようとしているヒロインをヒーローが束縛しようとしているからかもしれません。
チェ・ヒジュの事件が決着したところで終わっていたら綺麗な終わり方だったのにね。
そのあとのなんだかんだが蛇足に思えて、ジュンウォンの魅力が損なわれそうで、ちょっとしんどかったです。

a0192209_19235649
ジュンウォンの少年期の話をもっと見たかったなぁ~
エルくんはきらきらしていました。このパートの方が胸キュン具合は大きいかも。

a0192209_19235578
脇役は相変わらずチャーミングに描かれていました。何よりもキム・ユリのフライパンの踊りが「主君の太陽」で一番笑いましたもの。

非常に個人的な意見ですが、ジソブは悩んでいる顔が一番好きです。
私は俳優堕ちはしないのですが、キャラ堕ちするタイプで、その役者さんを一番最初に見たドラマのキャラで見てしまう癖があります。
それでいうならばジソブは私にとっていつまでも「バリでの出来事」のイヌクなんですよね~
「キャンディになれ」と言っているより「グラムシのヘゲモニー」(でしたっけ?)という横文字の方が似合うのに(爆)
あ、「バリでの出来事」が視聴したくなってきちゃった(笑)
今はどうもメロドラマを視聴したい時期なので、ラブコメの評価が低くなるのかも。

★★★

■ おまけ ■
a0192209_20362998
a0192209_20400428
コン・ヒョジンのファッションはカワユかったですよね。さすがファッショニスタ。
Tシャツのロゴも「LOOSER」とか「BABY」「Jesus Save Me」とかドラマの展開を暗示しているところが好きでした。
ExcuseMe+PushButton のナイトドレスです。他にもここからの洋服をかなりゴンシルは着用しています。
a0192209_20430824


Commented by muu.ykm69 at 2015-01-04 00:05 x
yucaさん あけまして おめでとうございます
今年もよろしくお願い致します
3年越しの「主君の太陽」ですか!
お疲れ様でした・笑

韓国俳優さんで ぺ様の次に 好きになったのは ジソブSSIです。ジソブSSIのおかげで 韓国サイトのファンクラブに登録したり(^_^;)振り返れば いろいろ 頑張りました。
ジソブSSIが 死なないラブコメを 見たい、と ずっと思っていました。デパートの社長さんで お金持ちで ツンデレで 素敵なんだけど 心を持っていかれはしなかった・・・デス。
私は もともと ホン姉妹の脚本と 相性が悪いようです。特に ドラマの後半が いけません。コン・ユ主演のドラマの時も思いましたが。このドラマも ゴンシルは いったいどこに行ってた?彼女 どうして 霊能力を手にいれた? など わからないままのラストじゃなかったですか?

新年のご挨拶にきて
ごちゃごちゃ 申し立てて すみません~。

ミセン、ピノキオ いつか 見たいです~(^_^)

Commented by moonlight-yuca at 2015-01-04 08:25 x
♪むうさん、あけましておめでとうございます♪

わ~い、新年からコメントありがとうございます。感激!

>3年越しの「主君の太陽」ですか!
それだけ、面白くなかったということで(苦笑) 最後は義務感で視聴していました。

>ジソブSSIが 死なないラブコメを 見たい
長年のファンの方の悲願ですよね。
しかしジソブ君はすでに大物感が漂い過ぎていて、ラブコメにありがちな若々しさはなかったですね。
そこら辺が胸キュンにならない理由です、私の。
やっぱり彼にはがっしりとしたメロドラマが似合うのじゃないかしらん。

ホン姉妹もね、「美男ですよ」の頃が最高にノッテいたのじゃないかしら。
だんだん面白くなくなってきています。
同じパターンの繰り返しなので視聴者が飽きてきているのじゃないかしらん。

>新年のご挨拶にきて
いえいえ。わたしと同じ意見でほっとしています。「主君の太陽」は巷の評判がいいでしょう。ちょっと自分の感性に不安になりましたもの(笑)

今年1年よろしくお願いいたします。

Commented by rei at 2015-01-04 11:21 x
yucaさん、あけましておめでとうございます!!!
昨年は、沢山の素敵なレビューのおかげで、いい作品に
出会えました。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします^^

「主君の太陽」、、、、私も本当に難儀致しました(笑)
去年、義務感?で頑張ったのに、最後の最後で力尽きた
という、苦い作品でした(もう一本は「相続者たち」、、、)
出ている役者さんは好きな人ばかりだし、
きっと、たぶん面白いはず、という期待の元に見続けたんですよね。
でも、なんだろ、私の頭が悪いのか、はたまた脚本が悪いのか
ぜんっぜん、二人の気持ちの動きが伝わって来ないんですよ。
私もホン姉妹の脚本と、相性悪いみたい(笑)。

とはいえ、そういう作品も見つつ、新たな出会いを
探したいです。

Commented by lovedrama at 2015-01-04 17:50 x
Yucaさん、明けましておめでとうございます!
私もこのドラマはほぼ同じような感想でした(^^)
ホン姉妹は『最高の愛』や『僕の彼女はクミホ』など大好きなドラマが多く、しかもジソプさま×コンヒョジンとなれば、すっごく期待して見てしまって…
その割には、拍子抜けでした(^^;
期待しないで観たらそれなりにおもしろかったのかもしれませんが(笑)
あと二番手くんのイングク君があまり生かされてない感じがしてそれもちょっと残念でした。
でも、ホラー要素が本格的だったのが斬新でよかったですし、私もファッションかわいいなぁって思いました♪
Yucaさんならではのハイセンスな文章と、あとファッションのこととか毎回楽しみにしてます!
今年もどうぞ宜しくおねがいします☆ミ

Commented by moonlight-yuca at 2015-01-04 22:05 x
♪reiさん、あけましておめでとうございます♪

新年から嬉しいコメントをありがとうございます。感激♪

>去年、義務感?で頑張ったのに、最後の最後で力尽きた
やっぱり~!!!
苦戦したのは私だけではなかったのが、妙に嬉しいです(笑)
同じく「相続者たち」は2年かけてやっとこさ視聴したもの。

脚本が悪いんでしょうねとばっさり言っちゃいます。
ジソブを引っ張ってきて、誰でもができるような役をやらせるなんて無駄遣いです。
あのジソブがラブコメ!?という驚きを与えてくれましたが、どうにもこうにもそれだけでは夢中になれませんよね。
どこが悪いのか、それすら私には分らないのですけれども。
私も頭が悪いので終盤の2人の掛け合いの意味が全く分らなかったです。
あそこは展開がもたもたし過ぎでしたね。
ホン姉妹、「ファンカ」と「美男ですよ」は好きだったのになぁ。

しかし、まあ、3年越しの宿題がようやく終わったような気がして、新年からすがすがしい気持ちで次のドラマに移れています(爆)

お正月が過ぎてこれからまったりゆったり更新になると思いますが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Commented by moonlight-yuca at 2015-01-04 22:12 x
♪鍵コメさま、あけましておめでとうございます♪

わ~い、新年からコメントをありがとうございます。感謝。

思いのほか私と同じように「主君の太陽」がつまらなかったという意見をいただいて、ほっとしています。
石を投げられるかと思っていたので(笑)

おっしゃる通りイングク君が役不足でしたよね。
どうしてもジソブのオーラに負けてしまっています。
というか年齢も若いのじゃないかしら?
確かその前が「応答せよ」の出演していたんだっけ?
高校生に見えちゃって、ボディガードのエキスパートに派ちっとも見えませんでした。
そこらへんの脇役のバランスもしっくりこなかった理由の一つかな。

終盤のゴンシルの主君に対しての強気な態度もよく分からなかったし。
終盤の切ないモードが私には全く理解できなかったことが、ハマらなかった原因の一つだと思います。

ファッションですね(笑)
語り出すと本筋そっちのけで止まらないので。

今年もまったりゆったり更新になると思いますが、よろしくお願いします!
Commented by lovedrama at 2015-01-05 07:04 x
あれ?カギコメになってました?
隠すようなコメだもないのに(笑)失礼しました(^^)
Commented by moonlight-yuca at 2015-01-05 14:15 x
♪lovedramaさん、どもども~♪

いえいえ、どういたしまして~(笑)

Kiss Me・・・ピノキオ15話まで

Eternal Love・・・ヒーラーにおける極私的萌えの考察

コメント

    • FANです。
    • 2015年 4月 17日

    ようやく、ユカさんの年明け時空に到着。
    人気の脚本家さんだそうですね。
    イケメンですね、の時に、面白いと言ったら、韓ドラ好きが、ドラマ好きなら絶対に嵌まる脚本家なのよ?と、力説してくれました。

    まあ、このドラマも分かり易いので、俳優さんの余裕が感じられて面白いのかな?
    ゾンビの精度が高いわ、偉いわ、俳優さんたち。

    主役さんの孫次郎フェイスが、ゾンビ感を更に引き立てます。
    あ、能の孫次郎という面、ご存知でしょうか?これです、↓
    https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTlm4a0LnF7Yjw8l8HGhiyip7VEtB9mnpuvgcOBJoTxpP27jiys

    究極の美形だと思うのですが、生きている人間が似ていると、何故か怖い。

    最終回までに、誘拐事件で、幽霊より怖い人間のドロドロが絡んでくるのかな?叔母夫婦が、面白いです。

  1. FANさん、どもども~♪

    がははは、毎回ナイスなコメントありがとうございます!
    私が2年越しで苦労したドラマを視聴をあっさりと攻略ですか。うひっ~。

    もう孫次郎だなんておなかがいたい~!!
    あのね、今トップ画像を彼の写真にしているのすが、まじめに直視できないじゃないの。

    >最終回までに、誘拐事件で、幽霊より怖い人間のドロドロが絡んでくるのかな?
    結局、幽霊より人間が怖いのはどこの国でも共通ですね。

    • 後悔のFANです。
    • 2015年 4月 17日

    いや、いやいやいや、孫次郎は究極の美形です。無の表情からあれだけの物語を造る、美の最高峰です。
    確かに、トップ画像の彼の横顔なんて、能舞台の袖から現れる表情そのもので、ウットリします。いいですか?ウットリでしてよ。
    ウットリしすぎて、笑いがこみ上げるんですよ、きっと、そういうことにしよう。

  2. FANさん、どもども~♪

    >無の表情からあれだけの物語を造る、美の最高峰です。
    そうですよね、おっしゃる通り。
    瞬間でどのような表情にも見えますものね。
    最高峰の美かもしれません。

    美なんて千差万別なんだけれども、わかりやすい「残念」な美よりも、孫次郎の美の方が時の流れに耐えうる美なのでしょうね。

    韓国ドラマで整形モダニズムを毎日見ていると、時の流れに彼らはどう対抗していくのだろうかと思いますもの。
    おフランスの女優イザベル・アジャーニなどは、時の流れに対抗しようと頑張りすぎた結果、表情筋が全く動かないサイボーグになられていますもの。
    好きだったのになぁ。

    • FANです。
    • 2015年 5月 01日

    ああ、このドラマも最終回・・。

    そんなことより、眉芸さまもいよいよ最終回。
    でも、あっちは、本腰入れて見たいので、録画貯金の解約を我慢。
    (この扱いの差については、聞かないで下さい)

    あ、因みに、アルジャーノンは4話、過ぎました。
    これについては更に、何ひとつ、お尋ねになる要因は、ございません。

    で、このドラマ。以下、ナイショの質問です。

  3. FANさん、コメントありがとうございます♪

    >そんなことより
    この一言が「主君の太陽」に対する感想を物語っている(笑)

    >これについては更に、何ひとつ、お尋ねになる要因は、ございません。
    アルジャーノンも聞こうと思っていたのに(爆)

  4. 鍵コメさま、どもども~♪

    俳優さんってどうにも振り幅を大きくしたいがあまりに、いろいろな役にチャレンジされますよね。
    ジソブもシリアス路線だから、コメディもできるのだよと視聴者に見せたかったのではないでしょうか?
    しかしあまりにも大物感が漂っていて、ゾンビなど怖くなかったですよね、確かに。

    同じような役しかやらないナル俳優よりはいいですよね!

    あ、確かにこのオーラで王様を演じて欲しい。
    タファンなど喰ってしまいそうな、そんな王様でしょうね。

    • アルジャーノンな、FANです。
    • 2015年 5月 08日

    ミンス氏のお部屋で、野島作品の彷徨いを引き合いに出したところ。

    今もって、アルジャーノンを懸念なさっている、心優しいユカさん・・。
    現時点での報告を、こちらで送信します。

    ご自身の評価をガリレオの如く、後世に託す野島さんの自己愛は、まあ、別にして。

    ええっと・・・・・(遠い目)・・、はい。
    山Pは頑張ってる、のでしょう。
    6年くらい前に演じていたら、もっと良かった気がします。

    あ、Pだけでなく、全体的に設定年齢より、8歳ぐらい幼い印象が強いです。
    (アルジャーノンは別です。あ、それはいい? 失礼しました)

    この違和感が、原作を遠ざけているような・・・。これは、野島さんの意図では無く、演出なのかな?

    まあ、現実的にイマドキの70歳なんて、
    昭和の頃の、60代より若々しいので、仕方無いのでしょう。

    ゴージャスで大層そうな、少年SFドラマ、そんな印象です。

    ま、原作で30%、主題歌で25%、の達成感です。(あとの45%が埋まらない・・)  

    このドラマをスルーされたユカさんが、羨ましくて仕方ないFANでした。 

  5. FANさん、どもども~♪

    >原作を遠ざけているような・・・。これは、野島さんの意図では無く、演出なのかな?
    野島さんって、原作のイメージを使いながら物語をずらしていくのが得意ですから。
    本当に「高校教師」の衝撃は大きかったなぁ、私。

    久世さんの「悪魔のようなあいつ」の頃はドラマでもタブーがどんどん出てきて、それから規制がかかるようになって。
    その頃かな、野島さんの作品で麻薬中毒やら近親相姦やら、同性への恋慕やら、いじめやら何やらタブーに挑戦するみたいなエキセントリックな作品で人気を博しましたよね。
    いつのころから、すっかり作品からエッジが失われて、丸くなったとたんに作品の面白みがなくなってきました。

    >主題歌で25%
    昔から主題歌選びはキャッチーでしたものね。

    >このドラマをスルーされたユカさん
    見ればよかったかな?(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

comment

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP