可哀想だた惚れたてことよ

雪の女王がカイに言ったんだ
人はみな私を憎む
誰も友達になる人はいない
私にあるのは冷たい雪と骨まで凍るような風だけ
なのに、なぜおまえは私の友達になってくれるの?
カイは答えなかった・・・
いや、答えることが出来なかった。。。
雪の女王はまたカイに聞いた
それなのに・・・
なぜおまえは私の友達になってくれるの?
ドゥック:バカだな。 こんな所で何してる?
みんながどんなに心配してるか。
電話にも出ないし、どういうつもりだ?
ボラ:オッパ・・・
それなのになぜおまえは私の友達になってくれるの?
ためらっていたカイがついに答えた・・・
『愛してるから・・・
君を・・・ 愛してるから。』

a0192209_1554242
コノ場面ですっかりはまった。せつなさ指数100%。
テウンはボラのことを「可哀想な子」としてであった瞬間から思っていた。
もう、その時点で好きだったのよね。
「オッパ」と呼ばれて、自分の気持ちをはっきり自覚したシーン。
ここが、1番雪の女王で好きだなぁ。

雪の女王

名前を呼ばれる

関連記事

  1. 雪の女王

    雪の女王切なかったなあ。涙でうるうるしながら観た。号泣とまではいかなかったけどね。何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

nothing hurt 旧宅

無題

旧宅はこちら。http://yuca88.exblog.jp/

リトルプレス アーカイブ

6deb3370e5d68fe050848d3664f4f255 リトルプレス「not love, but affection」アーカイブ

■配布終了いたしました

follow Me

today’s pick up!

PAGE TOP